エコ・ウォリアー – HOSCARs 2023 ファイナリスト

Language Specific Image

ホステルは、この素晴らしい地球上で冒険をしながら、自由な精神にあふれた仲間たちの雰囲気に浸ることができる魔法のような場所です。そして今、一部のホステルは環境保護と持続可能性の支持のために道を切り開き、今後何年にもわたって探検を続けるバックパッカーの世代に道を開いています。2023年HOSCARsの投票により、5つのエコ・ウォリアーホステルが最終選考に残りました。

U.R.D.Ki ホステル、ゴア– インド

U.R.D.Kiホステルは、そのスペースから始まるコミュニティへの還元を大切にしている。彼らはゴミを宝に変え、古いマットレスを使って快適なソファを作り、塩ビパイプや草をクールな照明器具に変身させた。リサイクルされたボトルはプランターにもなり、このトレンディーなホステルの隅々に緑とスタイルを添えている。いたるところにリサイクルボックスがあり、ゴミはすべて堆肥化されている。タバコの吸殻も(そう、その通り)快適なクッションに生まれ変わる。U.R.D.Kiは、使い捨てのプラスチックから脱却することに真剣に取り組んでおり、各フロアにウォーター・ディスペンサーが設置され、ゲストは再利用可能なボトルに水を補充することができる。コミュニティ・キッチンにはカトラリーや調理器具が用意され、乾いたゴミと濡れたゴミは別のゴミ箱に入れられる。地元の起業家やアーティストが主催するオフビート・ツアーは、地域の文化や生物多様性を探索するのに最適だ。レンタサイクルと駐車場は汚染の軽減に役立ち、Travelmythの「2022年のエコフレンドリー・コレクション」にも選ばれている。ブーム

今すぐU.R.D.Ki Hostelに投票する

セント・クリストファー・バルセロナ, バルセロナ– スペイン

持続可能性に関して言えば、バルセロナのセント・クリストファー・インがボスだ。スタッフは地球保護に熱心で、それを証明するグリーン認証も取得している。給湯用にソーラーパネルが設置され、中水システムはシャワーの水をトイレの洗浄に再利用し、水とエネルギーを節約している。プラスチックや生ゴミの削減にも真剣に取り組んでおり、バーには生分解性またはリサイクル可能な包装材を、ホステル内には生ゴミ用のゴミ箱を設置しています。朝食は前払い制で生ゴミを減らし、バーのメニューは20%ビーガン。さらに、宿泊客にプラスチック使用への配慮を促すファンキーな看板も…エコがトレンディであってはいけないなんて誰が言ったの?

今すぐセント・クリストファー・イン・バルセロナに投票する

イエロースクエア・ミラノ, ミラノ – イタリア

エコの準備はOK?イエロースクエア・ミラノは、そんなあなたを応援します。グリーン・ウィークの「ティーン・スピリットの香り」プロジェクトは、「スローフード」料理レッスンで幕を開け、かぼちゃのニョッキ(イタリアワイン付き)を食べながら、健康的な食事がいかに地球を救うかについて話した。また、ゲストはパルコ・ランブロを訪れ、BioDivercityLabを散策し、野鳥をチェックし、生物多様性の重要性を理解することができた。このユニークなプロジェクトは、人々に自然を身近に感じてもらうと同時に、種の多様性を保全することの重要性について認識を広める機会となった。クラフト気分?クリエイティブなリサイクル・ワークショップでは、ゴミを宝物に変える方法を教えてくれるし、バイオコスメティック・ラボでは、コーヒー・スクラブやココナッツ・リップバームを作って持ち帰ることができる。お土産の腕前がグンと上がること間違いなしだ。

イエロースクエア・ミラノに投票する

マダマ・ホステル&ビストロ, ミラノ – イタリア

マダマ・ホステル&ビストロは、サステナビリティをシックにすることに全力を注いでいる。2016年、使い捨てプラスチックは廃止され、環境に優しいPLAカトラリーと生分解性パッケージに切り替わった。ストローは?とんでもない。ナプキンやランチョンマットも再生紙を使用している。2019年にToo Good to Goと手を組んで以来、マダマ・ホステルはなんと942食分の食事を廃棄せずに済んだ。このホステルはまた、建物の外に第一級の公害防止装置を設置し、微粒子の排出に目を光らせている。

同ホステルは毎年チャリティーくじ引きを開催し、収益の一部を森林再生活動を支援するAgroforestiなどの団体に寄付しています。マダマホステルのおかげで500本以上の木が植えられた。それでもまだ卵が食べたいですか?Soulfood Forestfarms Hubを通じて5羽の鶏を飼い、その卵をビストロ(卵の産地から目と鼻の先)で使っている。マダマ・ホステルは自分たちの役割を果たすだけでなく、レガンビエンテ(Legambiente)、ワールド・ライズ・オンラス(WorldRise Onlus)、ファウナ・ビバ(Fauna Viva)と提携し、持続可能な開発を教育・促進するイベントや会議を開催して、他の人々の参加を促している。彼らはスタイリッシュだが、エコの義務には超真剣だ。

マダマ・ホステル&ビストロに投票する

クラッシュパッドアンコモンホステル、チャタヌーガ – アメリカ

世界初のLEEDプラチナ認証を受けたホステルを運営するチームは、相当なエコ・クレドを持っている。彼らは単に持続可能性認証を取得しただけで終わりではなく、グリーンAFを確実に実現するための努力を惜しまない。それを証明する賞もある。例えば、2014年のテネシー州知事環境管理賞では、チャタヌーガ市とのパートナーシップにより、保水問題を解決する舗装道路プロジェクトで受賞した。そして今、彼らは2023年のHOSCARsに向けて、低流量水栓、ソーラーパネル、グリーンルーフ、再生材の使用などをアピールする準備を整えている。クラッシュ・パッド・クルーは口先だけでなく、サステイナビリティに関しては実直に歩んでいる。

今すぐクラッシュパッドに投票 する

投票の準備はできましたか?

Hostelworldアプリをダウンロードして予約した瞬間から出会いを始めよう


Get the App. QRGet the App.
Get the App. QR  Get the App.
Scroll to Top