シティガイド パリ, フランス

Language Specific Image

[efstabs class=”yourcustomclass”]を参照してください。
[efstab title=”ホーム” active=”active”]

パリ訪問

世界で最もロマンチックな都市と言われるパリは、カップルで訪れるには最高の場所だ。有名なランドマークや美術館、美味しい食事、賑やかなバーやナイトクラブがたくさんある。だから、たとえ友人と一緒でも、一人で行っても、毎日を充実させるのは難しいことではない。上のタブをクリックして、パリ・シティガイドをお読みください。

efstab][/efstab][/efstab][/efstab
[efstab title=”会社概要”]

フランス・パリについて

Paris Louvreフランスの首都、パリの街をぶらぶら歩き始めるとすぐに感じることがある。服装から歩き方、コーヒーやクロワッサンの食べ方まで、パリジェンヌの生きる熱意が伝わってくる。これは現地にいればいるほど身に染みてくる。モニュメントであれ、美術館であれ、噂に聞いたバーであれ、見逃すことはない。すべてを見たくなるのだ。

街のあちこちに見どころがありすぎて、どこから手をつけたらいいのかわからなくなるだろう。フランスの首都には、ヨーロッパで最も有名で人気のある美術館があり、文化も豊かだ。一目でそれとわかるランドマークをフィルムに収めたいなら、パリにはランドマークが山ほどある。また、フランス人がどのように日常を過ごしているのかを知りたければ、パリにたくさんあるカフェに行けばいい。

そして何より、パリは恋人の街という固定観念を払拭することはないだろう。実際、多くの幸せなカップルがエッフェル塔の上で婚約し、何百人ものカップルが週末を過ごしている。しかし、格安旅行者が数日かけてパリで過ごす時間を奪うことはない。

[efstab]。
[efstab title=”外食”]

フランス・パリの外食

フランスは、世界で最もユニークな料理の楽しみを見つけることができる場所です。カエルの足やカタツムリ(地元では「エスカルゴ」と呼ばれる)がメニューに載っているところは、地球上のどこにもない。しかし、フランスの首都の魅力は、ステレオタイプなフランス料理だけではない。

パリのレストランで食事をするなら、プリフィクスと呼ばれるセットメニューがおすすめだ。前菜、前菜、デザートがセットになっている。セットメニューは、ワインとサービス料が含まれている。

時には、お腹いっぱい食べたいとは思わず、日中の隙間時間にサクッと食事を済ませたいこともあるだろう。そんなときは、クレープやちょっとした軽食を売るブーランジェリーやベーカリーが充実している。

パリのレストラン

  • カフェ・パニス

    ケ・サン・ミッシェル(ノートルダム大聖堂向かい)、パリ、フランス

    ノートルダム大聖堂の真向かいにあるこの繁盛カフェは、基本的に24時間満席だ。フランス首都の有名な大聖堂を訪れる観光客だけでなく、地元の人々もよく訪れる。

    毎日24時間営業、平均クレープ5ユーロ。

  • デリス・ドゥ・シャンハイ

    フランス、パリ4区、エドモンド・ミシュレ広場

    ポンピドゥー・センターから2分のベトナム/中国料理レストランで、6ユーロで2コース(前菜とメイン)が楽しめる。

    毎日11時~23時営業、火曜定休。

  • ユーシェット通り

    フランス、パリ5区

    パリでの外食は、時に割高になりがちだ。そんな時、ケ・サン・ミッシェルのすぐ裏手にあるこの通りには、ペルシャ料理を出すファーストフード店が軒を連ねている。

  • ポム・ド・パン

    71シャンゼリゼ通り、8区、パリ、フランス

    シャンゼリゼでの食事は高い。とても高い。しかし、世界で最も有名な大通りで食事をせずに帰るわけにはいかない。このファーストフード店では、バゲットを使ったコンボメニューが充実している。

    毎日午前11時から深夜0時まで営業。

  • シェ・グラディーヌ

    フランス、パリ、13区、サンク・ディアマン通り30番地

    シェ・グラディーヌは、パリ13区にある安くて典型的なバスク料理のレストラン。土器に盛られたサラダが人気で、南西部の鴨料理や10ユーロの日替わりランチメニューもある。ジャンボン・ド・バイヨンヌのピペラードや、ピリ辛のトマトソースに塩タラのピュレを詰めた赤いピメントスもお試しあれ。
    営業時間は毎日12時~15時、19時~24時。平均15ユーロ。

  • ル・カフェ・デュ・コマース

    51rue du commerce,パリ15区, パリ, フランス

    地中海の雰囲気が漂う風通しの良い3層のダイニング・ホールにある、リーズナブルな値段の昔ながらのレストラン。メニューはバラエティに富み、伝統的なフランス料理が味わえる。
    毎日午後12時から午前12時まで営業。平均17ユーロ。

  • ル・プティ・サン・ブノワ

    4 rue St Benoit, パリ6区, パリ, フランス

    1901年から営業しているル・プティ・サン・ブノワは、伝統的なフランス料理レストラン。本物志向と低価格に惹かれ、地元の人々で賑わう。ハチス・パルマンティエやカスレなど、典型的なフランス料理が味わえる。壁には著名な元顧客(セルジュ・ゲンスブール、パコ・ラバンヌ)のサイン入り写真が飾られている。
    営業時間は正午~午後2時30分、月~土の午後7~10時30分。平均18ユーロ。

  • レストランGR5

    19 ギュスターヴ・クルベ通り, 16th, パリ, フランス

    このアルプスをテーマにした小ぢんまりとしたレストランは、16世紀の洗練されたブティックに囲まれたシンプルな隠れ家だ。ラクレット・バレザンヌ(茹でたジャガイモととろけるチーズ)、タルティフレット(ジャガイモ、チーズ、ベーコンのとろけるような食感)、フォンデュ・サボヤルド(チーズフォンデュ)など、愛想のよいサービスとボリュームたっぷりの料理は、雪深いサヴォワを思わせる。
    営業時間は12時~15時、19時~23時(月~土)。平均メイン11~14ユーロ。

  • レ・フィロソフ

    28ヴィエイユ・デュ・タンプル通り、4区、パリ、フランス

    シナモンライスを添えたスパイシーなブーダン・アンティレのアシェットや、繊細なタンドリーのスパイスで揉んだマグロなど、興味深いメニューが揃うお手頃価格のビストロ。安いワインはボトルかグラスで。ステーキもおいしい。
    毎日午前9時から2時まで営業。平均的な食事は15~20ユーロ。

  • [エフスタブ]

[efstab title=”交通機関”]

フランス・パリの交通機関

パリへの行き方

飛行機でパリにはシャルル・ド・ゴール空港とオルリー空港の2つの主要空港がある。ほとんどの国際便はシャルル・ド・ゴール空港に到着する。電車は両空港と市内中心部を結んでおり、15分間隔で運行している。ライアンエアーを利用する場合は、市内中心部から80分のパリ・ボーヴェ空港まで飛ぶことになる。各フライトの後、市内中心部へのバスが運行されている。所要時間は約80~90分です。

電車でパリには長距離列車が発着する駅が6つある:
オーステルリッツ駅:オーステルリッツ駅:ロワール渓谷、スペイン、ポルトガル
レスト駅:エスト駅:フランス東部、ルクセンブルク、ドイツ南部
リヨン駅フランス南東部、アルプス、スイス、イタリア
モンパルナス駅:ブルターニュ、フランス南西部
北駅北フランス、イギリス、ベルギー、ドイツ北部
サン・ラザール駅ノルマンディー

バスで長距離バスはパリ東部の国際空港に到着する。

交通手段

徒歩でパリはロンドンに次ぐヨーロッパ第二の都市です。20の「アロンディッサン」(地区)に分かれており、徒歩で回るのは容易ではない。メトロを利用することもあるだろうが、凱旋門、シャンゼリゼ、ルーブル美術館、ノートルダム大聖堂などのランドマークはすべて徒歩圏内にある。ただ、総合的な地図は常に携帯するようにしてください。

地下鉄と電車でメトロはRER(市内電車)と一体化しており、メトロとRERを乗り継ぐことで、市内のほぼ全域を網羅しています。地下鉄は午前5時半から午前12時まで、電車は午前5時から午前12時まで運行している。

メトロは通勤客に最も広く利用されている。1900年7月に開業した最初の路線は、ヴァンセンヌ門からマリオット門までだった。現在では199kmの線路が使われ、15路線が運行されている。市の中心部では、地下鉄駅から500メートル以上離れている建物はないという。

バスでバスは午前5時30分から午前0時まで運行し、午前1時から午前5時30分までは18路線の夜行バスが運行する。

バス

[efstab title=”見どころ”]

フランス・パリの見どころ

アイコンが眠る場所

Paris Cemetery

ドアーズのフロントマン、ジム・モリソンの眠る場所としてよく知られているが、ペール・ラシェーズ墓地に埋葬されている他のアイコンには、オスカー・ワイルド、エディット・ピアフ、サラ・ベルナールなどがいる

パリの魅力

  • ポンピドゥー・センター

    フランス、パリ4区、ポンピドゥー広場

    パリの他の美術館とは一線を画すこの近代美術館は、建物の前面にむき出しになった近未来的なパイプのおかげで、ピカソ、サルバドール・ダリ、マルセル・デュシャンなど、画期的な近代美術の巨匠たちの作品を収蔵している。

    開館時間は毎日11時~21時、入場料は10ユーロ、毎月第1日曜日は無料。

  • オルセー美術館

    62、リール通り、7区、パリ、フランス

    ルーブル美術館に次いでパリで2番目に有名なこの美術館は、セーヌ河畔にあり、1848年から1914年までの印象派とポスト印象派の大規模なコレクションを所蔵している。

    開館時間:火~日9:30~18:00(木は21:45まで)、入場料7.50ユーロ。

  • 凱旋門

    フランス、パリ、シャンゼリゼ通り

    30年前にナポレオンの命を受けて完成した1836年以来、シャンゼリゼ通りにそびえ立つパリの凱旋門は、エッフェル塔に次いでパリを象徴する建物である。塔の下には「無名兵士の墓」があり、両大戦の戦没者を追悼する永遠の炎が掲げられている。

    観光客はアーチの頂上まで登り、息をのむような街の眺めを楽しむことができる。

    営業時間:4月1日~9月30日10時~23時、10月1日~3月31日10時~22時30分、入場料8ユーロ。

  • エッフェル塔

    フランス、パリ、シャン・ド・マルス7番地

    エッフェル塔はパリのシンボルであり、1889年に革命100周年記念万国博覧会のために建設された当時は、高さ300mで世界一高い建物だった。現在では、高さ321mに達している。

    タワーには3つのプラットフォームがある。ジュール・ヴェルヌと呼ばれるレストラン(非常に高いので予約が絶対必要)は2つ目のプラットホームにある。一番上のプラットフォームには、バー、土産物店、ギュスターヴ・エッフェルのオフィス(最近復元された)がある。

    リフト営業時間:1月1日~6月15日9:30~23:45(階段は18:30まで)、6月16日~9月2日9:00~0:45(階段は0:30まで)、9月3日~12月31日9:30~23:45(階段は18:30まで)。

    エレベーター入場料4.20ユーロ(1階)、7.70ユーロ(2階)、11ユーロ(最上階)。

    階段は1、2階とも3.80ユーロ。

  • ノートルダム大聖堂

    ノートルダム広場、パリ、フランス

    ゴシック様式の傑作とされるノートルダム大聖堂は、12世紀から14世紀(1163年~1345年)の間に建てられた。18世紀末の革命時に、大聖堂の宝物の多くが破壊されるか略奪された。革命後、建物は荒廃し、家畜の隠れ家にさえ使われるようになった。

    毎日7:45~18:45開館、大聖堂入場無料、塔は毎日8:00~18:45開館、入場料5.50ユーロ。

  • サクレ・クール寺院

    フランス、パリ18区シュヴァリエ・ド・ラ・バール通り35番地

    1870年の普仏戦争の後、モンマルトルの丘に聖心に捧げる教会を建てることが提案された。建築家アバディがバシリックの設計に選ばれた。教会内部には世界最大級のモザイク画があり、両手を広げたキリストが描かれている。その玉ねぎドームは街のどこからでも見え、112mの鐘楼はパリで最も高い。ドームの頂上からは、30kmに及ぶ全方向のパノラマが見渡せる。

    開館時間:6:45~23:00、入場無料(教会)/地下聖堂・ドーム入場料:片方3ユーロ、両方5ユーロ。

  • ルーヴル美術館

    フランス、パリ、パレ・ロワイヤル1番地

    ルーヴル美術館の起源は、1200年にフィリップ・オーギュストがセーヌ河岸に要塞の建設を始めたことにさかのぼる。

    ルーヴル美術館は、サリー(カレ宮周辺)、リシュリュー(リヴォリ通り沿い)、ドノン(セーヌ川沿い)の3つの棟から構成されている。ルーブル美術館では、モナ・リザを筆頭に、世界で最も有名な絵画や彫刻の数々を見ることができる。

    開館時間は毎日9時~18時(水・金は21時45分まで)、常設展の入場料は8.50ユーロ/18時~21時45分は6ユーロ、毎月第1日曜日は無料。

  • サント・シャペルとコンシェルジュリー

    1 Quai de l’Horloge、パリ、フランス

    サント・シャペルは、1239年に135,000リーブルで購入された茨の冠を納めるために、サン・ルイによって建てられた。世界で最も美しいステンドグラスのいくつかがそこにある。礼拝堂の近くには、パリで最も有名な牢獄のひとつであるコンシェルジュリーがあり、革命時には王妃マリー・アントワネットやロベスピエールが投獄された。

    4月~9月は毎日9時30分~18時30分、10月~3月は毎日10時~17時、入場料6ユーロ。

  • ヴァンドーム広場

    フランス、パリ1区

    この広場は1687年にジュール=アルドゥアン・マンサールによって設計され、1720年に最後の家が建てられた。広場の中央にそびえ立つ大きな円柱の上には、シーザーのような格好をしたフランス皇帝ナポレオン・ボナパルトが立っている。現在、パリで最も豪華なホテルのひとつであるリッツがここにある。

  • オペラ・ガルニエ

    パリ , 2位, パリ, フランス

    1875年にオープンし、内部はゴブラン織りのタペストリーと6トンのシャンデリアで飾られている。天井は1964年にシャガールによって描かれた。1989年以降、ガルニエは主にバレエに使用されている。また、オペラや舞踊の歴史に関する図書館や博物館もある。

  • コンコルド広場

    パリ8区, パリ, フランス

    ルイ15世の記念碑として1757年から1777年にかけて建設されたこの場所は、やがて革命広場となり、ギロチンが1,343人以上の首を切断した。恐怖の後、この広場はコンコルド広場(調和広場)と改名され、現在ではパリ最大の広場となっている。セーヌ川沿いに位置し、チュイルリー公園とシャンゼリゼ通りを隔てている。場所の中央には、1829年にエジプト総督からシャルル10世に献上されたオベリスク・ド・ルクソール像がある。夜にはオベリスクと噴水がライトアップされ、一見の価値がある。

エフスタブ] [/efstab

[efstab title=”エンターテイメント”]

フランス・パリのエンターテイメント

パリではパブよりもカフェ文化が盛んだ。夏の間、カフェの外に座って地元の人たちの夜遊びを眺めるのも楽しい。

パリのバーの服装は、カフェほどカジュアルではないので、バックパックの中に入っているような服装は避けましょう。パリジェンヌは身だしなみにプライドを持つので、できる限り良いものを身につけ、アイロンもかけましょう!そうすれば、バックパッカーが目立つことはありません。

ラテン地区の周辺、’エリゼ・モンマルトル’や’ラ・シテア’には、学生や流行の先端を行く若者たちがよく訪れる素晴らしいライブ・バーがあります。また、バスティーユ広場周辺もナイトライフで人気のエリアです。

パリのエンターテイメント

  • ラッシュ・バー

    フランス、パリ17区、ダム通り16番地

    クリシー広場のすぐ近くにあるこの小さなバーは、パリで最もクールなバーのひとつ。平日はスツールに腰掛ければ、地元の人に出会えること請け合いだ。英語を話すスタッフも非常にフレンドリーだ。

    毎日午後4時から午前2時半まで営業。

  • ル・レーシュ・ヴァン

    フランス、パリ11区、ダヴァル通り13番地

    ローマ法王や神、聖母マリアなど宗教的な人物の写真が壁からぶら下がっているバーをいくつ知っているだろうか?そう多くはないだろう。でも、今なら1軒知っているはずだ。その敬虔な傾向はさておき、非常に活気のあるバスティーユ地区にあるこのバーには、安いビールと素晴らしい雰囲気がある。

    毎日午後7時から午前1時半まで営業。

  • ル・ガルウェイ

    パリ1区グラン・オーギュスタン通り、フランス

    アイリッシュ・バーはパリのあちこちにあるが、その多くにはアイルランドらしからぬものがある。ノートルダム大聖堂の向かいにある「ゴールウェイ」は、アイルランドのエスプリとアイルランド人スタッフをふんだんに使った本格的なアイリッシュ・バーだ。

    毎日正午から午前2時まで、金・土は午前5時まで営業。

  • ル・キャバレー

    2 パレ・ロワイヤル広場, 1区, パリ, フランス

    ナイトクラブに行きたいけれど、盛り上がったときに他の客と距離を置きたい、そんなあなたのために作られたのがル・キャバレー。ダンスフロアから少し離れると、クラブの片隅にクッションがたくさん置かれたベッドがあります。

    営業時間は月~土の午前9時~6時。

  • カフェ・オズ

    フランス、パリ5区サン・ジャック通り184番地

    オーストラリア産のビールやワインを、フレンドリーなスタッフが提供してくれる。フランス人と外国人が混在する人気のカフェだ。壁にはアボリジニの洞窟壁画が飾られ、コーナーには趣のあるオージーの記念品が置かれている。

    毎日午後4時から午前2時まで営業。

  • キティ・オシーズ

    10 rue des Capucines, 2nd, パリ, フランス

    内装はアイルランドから輸入したもので、ギネスやキルケニーもアイルランド産。開店当初は銀行員で賑わっていたが、後半になるとアイルランド人、イギリス人、フランス人が入り混じり、リラックスした雰囲気になる。

    毎日午前9時から午前2時まで営業。

  • ル・カフェ・ノワール

    フランス、パリ、モンマルトル2街65番地

    庶民的な値段で、多くの人が集まる。ビールやスピリッツの品揃えが豊富なので、軽食を取りながらビールを楽しむこともできる。
    営業時間:月~金8時~深夜2時、土4時~深夜2時。

  • バトファー

    フランス、パリ、13区フランソワ・モーリアック通り11に面する

    このナイトスポットは、バー、クラブ、コンサート会場を兼ね備えており、あらゆる客層に対応している。アイリッシュ海の灯台船をナイトクラブに改装したもので、パリのユニークな隠れ家のひとつ。

    営業時間:火~日20時~翌2時、入場無料10ユーロ。

  • バス・パラディウム

    フランス、パリ、9区フォンテーヌ通り6番地

    有名人が飲みに来ることもあるので、社交の場として利用する際は目を光らせておこう。バス・パラディウムは一般的にロックのライブハウスとして知られているが、最近ではファンクやディスコといった最新の音楽もスピーカーから流れている。

    営業時間:火~土曜の午後11時~未明、入場料15ユーロ(火曜の女子は無料)。

[/efstab]。

[efstab title=”一般情報”]

フランス・パリ一般情報

ビザの必要条件
EU国籍の方は有効なパスポートが必要です。アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドからの場合も同様ですが、3ヶ月以内の滞在に限ります。多くの国の国民は’シェンゲンビザ’が必要です。

すべての入国要件を確認するには、お住まいの国のフランス大使館にお問い合わせください。

通貨
フランスで使用されている通貨は100セント単位のユーロです。紙幣は100ユーロ、50ユーロ、20ユーロ、10ユーロ、5ユーロ、硬貨は2ユーロ、1ユーロ、50セント、20セント、10セント、5セント、2セント、1セントが使用されています。

パリの銀行の営業時間は通常、月曜日から金曜日の午前9時から午後5時までで、一部の銀行は土曜日も営業している。祝祭日はすべて休みで、前日の正午から営業する。手数料は銀行によって異なるが、国営の「フランス銀行」は通常良いレートを提供している。

言語
パリではフランス語が公用語です。英語は他のヨーロッパの首都ほど広く話されていませんが、サービス業や観光業に携わる人のほとんどは多少話せます。

気候
冬のパリはとても寒く、気温は氷点下前後で推移します。晴れた日の気温は20度から25度くらいです。春と秋は過ごしやすく、温暖です。

医療
EU諸国からの旅行者は、スカンジナビア諸国からの旅行者と同様に、EU相互医療協定に基づく医療を受けることができます。英国人は、最寄りの社会保険事務所でE111フォームを入手する必要があります。この用紙は郵便局でも入手できます。EU加盟国以外からの旅行者は、滞在中に必要な医療費を支払う義務があります。

タイムゾーン
パリは中央ヨーロッパ時間(CET)に属し、グリニッジ標準時(GMT)より1時間進んでいます。

営業時間
パリのお店の大半は9時~10時にオープンし、18時~19時に閉店します。その他は8時~21時。営業時間は通常、月曜から金曜の9時から17時です。

観光オフィス
主な観光事務所は、シャンゼリゼ通り127番地、シャルル・ド・ゴール・エトワール8番街、エッフェル塔とリヨン駅にあります。パリの観光名所やイベントのパンフレット、テレホンカードの購入、ホテルの予約、外貨両替ができます。営業時間は午前9時から午後8時までで、冬季は変更されます。

税金
EU加盟国であるフランスでは、ほとんどの商品やサービスにVAT(フランス語でTVA)が課せられます。衣料品、電化製品、酒類、香水、その他の商品の標準税率は19.6%。

両替
パリではどの銀行でも外貨両替ができます。両替所の営業時間は、月曜日から金曜日の午前9時から午後12時までと、午後2時から4時までです。多くの大手銀行は、土曜日も9時から12時まで両替所を開いています。クレディ・リヨネなどの大手銀行で両替すると、最もお得なレートで両替できる。

大きなホテルやレストラン、商店では主要なクレジットカードが使えるが、小さな商店では使いにくいかもしれない。PlusやCirrusのような国際的な大ネットワークに加盟している銀行カードは、ATMで使用できることが明記されていれば使用できる。

電気
フランスの電気はAC220ボルトです。

電話
フランスから海外に電話をかける場合は、00をダイヤルし、次に国番号、市外局番、市内局番をダイヤルし、市外局番の0を落とします。海外からフランスにかける場合、国際アクセスコードは33、パリの市外局番は01です。オペレーター・アシスタンスは12をダイヤルしてください。

郵便局
郵便局(bureaux de poste)の営業時間は、月~金は午前8時~午後7時、土は午前9時~正午です。 タバコ屋(tabac)でも切手を買うことができます。郵便局の本店は52 rue du Louvreにある。

チップ
フランスでは法律により、レストラン、カフェ、バーの料金にはサービス料が含まれています。サービス料に値すると感じた場合は、5%~10%のチップをお支払いください。バーやカフェでは1~2ユーロが一般的です。タクシー運転手には通常10%から15%のチップを渡します。ただし、チップを渡すことが必須というわけではなく、あくまでも個人の裁量に任されている。

祝祭日
パリに旅行する前に、祝祭日を確認しておきましょう。フランスでは、1月1日、復活祭の月曜日、5月1日と8日、昇天祭、6月の第1月曜日、7月14日、8月15日、11月1日、12月25日が祝日になります。特定の町や都市でも特別な行事があるときは休業することがあるので、その地域を調べておくとよい。

[エフスタブ]
[エフスタブ]

Get the App. QRGet the App.
Get the App. QR  Get the App.
Scroll to Top