バックパッカーが知っておくべきニューオーリンズのすべて

Language Specific Image

ニューオーリンズは、食べ物、音楽、そして楽しい時間を過ごすことへの揺るぎない献身で知られる街だ。映画やテレビでは、南部の紳士淑女がポーチでお茶を飲む姿や、マルディグラのパーティではしゃぐ姿がよく描かれる。その中間は基本的にない。

私たちの ほとんどがこの 2 つの悪癖を 持つことは間違いないが、 ニューオーリンズにはまだ、見出しの中に埋もれてしまっているものがたくさんある

ニューオーリンズは、見ず知らずの人たちが親しみを込めてベイビー、スウィーティー、ハニーと呼んでくれる魔法のような場所であり、私たちのデザートは、これらの言葉が耳にするのと同じように、舌の上でも甘い味がする。そう、私たちは地元の食べ物、ビール、文化に情熱を 注いでいる 。私たちは弾力性があり、情熱的で、南部のおもてなしの才能に恵まれ、この街に絶え間ない誇りを持っています。

ルーとジャズに次いで、「フリー」はニューオーリンズの人々が大好きな四文字熟語だ。

ニューオーリンズの住民は 食べ物、音楽、スポーツにたくさんのお金を使う。 幸いなことに、ニューオーリンズはそのお返しに、一年中無料で楽しめる様々なものを提供する文化を持っており、格安旅行者にとっても完璧な旅行先となっている。ニューオーリンズで無料でできるベストなことをご紹介しよう。

無料でできることがたくさんある

滞在中に開催されるアクティビティを見つけるには、このFacebookページか ニューオーリンズの公式ウェブサイトをチェックするのが一番です。 年間を通して行われる様々な無料アクティビティの中で、ニューオーリンズはなんと130ものフェスティバル( 3日に1つ)を誇ります 。フレンチ・クオーター・フェスティバル(French Quarter Festival)やバイユー・ブーガルー(Bayou Boogaloo)のようなこれらのフェスティバルの多くは、地元の活動に貢献し、寄付を奨励するが、それ以外は 完全に 無料である!

地元の文化に浸る無料または格安の方法は他にもたくさんある。スタジオ・インフェルノ(Studio Inferno)やローズツリー・グラス・スタジオ(Rosetree Glass Studio)で無料の吹きガラス実演を見たり、多くの醸造施設を無料で見学することができる。安価な公共交通機関を利用して、市内を走る路面電車に乗ったり、フェリーに乗って川を渡り、アルジェ・ポイント(Algiers’ Point)に行って、ビッグ・イージーを違った角度から眺めるのもいいかもしれない。

また、ゆっくり歩きたい方は、美しいロイヤル・ストリートやアート地区を散策したり、ギャラリーやウィンドー・ショッピングが楽しめるマガジンを訪れてみてはいかがでしょう。

free things to do in new orleans- French Quarter Festival

フレンチ・クオーター・フェスティバル

私たちにとって食は芸術 あり 宗教である

ランチを食べながらディナーの話をしよう」という私たちのマントラを理解するには、実際に ニューオーリンズを訪れる必要がある ニューオーリンズのフードシーンは、文化のるつぼであり、融合であり、解釈である。

新鮮なシーフードが聖餐式であり、タマネギ、セロリ、ピーマンを「聖なる三位一体」と呼び、ザリガニのボイルが宗教的儀式であるこの地では、実際に体験してみるまで、私たちがどれほど真剣に取り組んでいるか理解できないのも無理はない。

ブレナンズ(Brennan’s)」、「コマンダーズ・パレス(Commander’s Palace)」、「アントワンズ(Antoine’s)」のような歴史あるレストランは、財布は空っぽになるが、お腹と魂は喜びで満たされる。すべての人に適しているわけではないが、これらのようなレストランは、より伝統的なニューオーリンズの料理を提供し、豪華な夜を過ごすことができる。

安い食事

もう少しリーズナブルなものをお探しなら、Acme Oyster house、Mother’s、Jacques-Imo’s Cafeなど、ニューオリンズ料理を味わえる地元のレストランがあります。また、もう少し国際色豊かな料理を試してみたいなら、Sukho ThaiやCafe Abyssiniaがお勧めだ。

また、Juan’s Flying Burrito(私のお気に入り)、Shawarma On The Go、Kabob’s、Verti Marteなど、安くておいしい食事が楽しめる店も街中にある。

free things to do in new orleans- Acme Oyster House

アクメ・オイスター・ハウス

📷:ケン・ランド

ドラムとダンスは私たちの鼓動

私たちが食事以上に真剣に取り組んでいるのは音楽かもしれない。それも無理はない!ニューオーリンズは、ルイ・アームストロング、ファッツ・ドミノ、プロフェッサー・ロングヘア、カーミット・ラフィンズなど、史上最高のミュージシャンを輩出している。

ニューオーリンズがユニークなのは、バーで一年中、オールナイトの ライブ・ ミュージック・エンターテイメントを街中の様々な会場で楽しめることだ。 ロック・クラブからジャズ・ホールまで、ニューオーリンズにはどんな好みにも合う会場があります。

“確信はないが、すべての音楽がニューオーリンズから生まれたことはほぼ間違いない”

-アーニー・K・ドゥー

無料のストリート・ミュージック

ダウンタウンを歩いていると、地元のバーやレストラン、街角のパティオや窓、開けっ放しの出入り口から、生演奏の音楽が魅力的に踊っているのに気づくだろう。ジャクソン・スクエアやロイヤル・ストリートに立ち寄れば、即席のストリート・ジャムセッションを楽しむことができる。

バーボン・ストリートは、楽しい時間を見つけるのに最も悪名高い場所のひとつだ。どんな夜でも、トップヒット曲を爆音で流すクラブに出入りする人々でごった返していることだろう。ニューオーリンズでマルディグラが基本的に一年中開催されるのは、この場所だけかもしれない。

もう少しローカルな雰囲気を楽しみたいのなら、クオーターからフレンチメン・ストリートに足を伸ばしてみよう。ここには、The Spotted Cat、Vaso、The Maisonなどのジャジーなクラブや、ピザやバーベキューを売る深夜の屋台がある。

さらに一歩踏み 込んで、 地元の人のようにパーティーを楽しみたい人は、セント・クロードをチェックしよう。 ここでは、カラフルな壁画で飾られた黙示録的な外観の建物や、Kajun’sやSaturn barのような控えめなバーで、さまざまなアクティビティやイベントを楽しむことができる。また、近くには素晴らしいレストランも多数ある。ニューオーリンズのバーの大部分は入場無料です!

free things to do in new orleans- Bourbon Street

バーボン・ストリート

📷:Prayitno

マルディグラは地球上で最大の無料パーティー

マルディグラは一年中催される、というのはよくある誤解だ(そうでなくてよかった)。実際のところ、マルディグラは1ヶ月ほどしかない。

しかし、ニューオーリンズのマルディグラの素晴らしさは、実際に体験してみないとわからない。きらびやかなコスチューム、大迫力の山車、繊細な羽飾りを創作するアーティストたちに、豊かなキャンバスを提供してくれる。ミュージシャンやダンサーにとっては地域社会とつながる機会であり、地域社会にとってはお互いの絆を作る機会でもある。

このホリデーの芸術性と文化をより深く知るには、最も手の込んだフロートの大半が作られるマルディグラ・ワールドか、コスチュームと文化のマルディグラ博物館をチェックするとよい。

地球上で最大の無料パーティ」のためにこの町にいなくても、悪名高いバーボン・ストリートでカーニバルの雰囲気を味わうことはできる。このにぎやかな小道では、一年中マルディグラのように莫大な飲み物、マルディグラビーズ、徹夜パーティーでお祝いする人たちを見かけることができます。

free things to do in new orleans - mardi gras float

マルディグラの山車

大自然はお金もかからない

ニューオーリンズといえば、美しい風景はすぐには思い浮かばないかもしれない。実際、これはニューオーリンズで最も過小評価されているアトラクションだろう。

そう、ここは厳密には海面下なのだが、おそらく一般に信じられているのとは逆に、ここにはワニがはびこる沼地はまったくない。 しかし、地元の人々がピクニックやピックアップ・スポーツ、その他のアクティビティで楽しむようになった、古代のオーク材が敷き詰められた(ワニのいない)公園がいろいろ ある

動物園でローマン・キャンディーを楽しんだら、通りを渡って オーデュボン・パークまで歩いてみよう。ニューオーリンズで最も高価で美しい地区のひとつに位置し、ラグーン、遊び場、瞑想の隠れ家などを、木陰のサイクリングやジョギングコースに沿って楽しむことができる。

1,300エーカーの 広さを誇るシティ・パークではベストホフ彫刻庭園、ワイルドフラワー・フィールド、植物園、ニューオーリンズ美術館、ミニ遊園地など、無料かつ手頃なアウトドア・アクティビティも充実 している!また、タンデム自転車やパドルボートを借りたり、本格的なゴンドラに乗ることもできる。

花火大会を楽しんだり、夕暮れ時にダウンタウンを眺めるのに最適な屋外スポットを お探しなら、クレセントパークがおすすめ 。街の形と公園そのものにちなんで名付けられたこの公園は、ビッグ・イージーに沈む夕日を眺めながらピザ・デリシャスを楽しむには最高の場所だ。

あるいは、完全に街から離れることもできる。グルーポンでお得な沼地ツアーに参加して、私たちの大好きな大きな歯の爬虫類をチェックしたり、ジャン・ラフィット歴史公園と保護区を訪れてみよう!

free things to do in new orleans - Besthoff Sculpture Garden

ベストホフ彫刻庭園

📷:@TravelingOtter

ニューオーリンズのホステルを予約

ニューオーリンズを訪れる理由がもっと必要ですか?ニューオーリンズのベストガイドをご覧ください。

著者について

ルイジアナ州出身で、旅行と生意気な話術に情熱を注ぐ。大人の責任から解放されると、登山、料理、ドッジボール、地元のクラフトビールの品質テストを楽しむ。彼女のウェブサイトと インスタグラムをご覧ください。

Get the App. QRGet the App.
Get the App. QR  Get the App.
Scroll to Top