日光浴を楽しみたい人、冒険好きな人におすすめのヨーロッパのビーチ

Language Specific Image

ビーチに行かずして夏とは言えない。冒険やナイトライフを楽しみたい人も、ただ白い砂浜に足を沈めたい人も、夏休みにぴったりのビーチが見つかるはずだ。

ヨーロッパのベストビーチ

  1. カラ・ルナ、サルデーニャ島
  2. サン・ヴィト・ロ・カーポ、シチリア島
  3. ラビット・ビーチ、ランペドゥーザ
  4. ロンディナーラ、コルシカ島
  5. ビアリッツ、フランス
  6. ロダス・ビーチ、シエス島、スペイン
  7. ナバージョ・ビーチ、ザキントス島、ギリシャ
  8. ポルトガル、セトゥーバル、ガラピニョス・ビーチ
  9. クロアチア、ヴィス、スティニヴァの入り江
  10. ユルマラ、ラトビア
  11. アイスランド、レイニスフィヤラ・ブラックサンド・ビーチ
  12. イングランド、ポースカーノ

イタリアとシチリアのベストビーチ

カラ・ルナ、サルデーニャ島

best beaches in europe - Cala Luna Sardinia

📷@mikebayley

この人里離れたビーチは、サルデーニャの主な華やかなビーチよりもさらに南にあり、冒険を求める人にとっては旅する価値がある。森林に覆われた崖がドラマチックに海に落ち込み、海岸線に沿っていくつもの洞窟が残されている。洞窟はピクニックや写真撮影に最適だが、湾の青く澄んだ海はシュノーケリングやロッククライミングにも適しており、ヨーロッパでも有数のビーチだ。カラ・ルナへは4kmのハイキングで行くこともできるし、イタリアのジェットセットと同じようにカラ・ゴノーネからプライベート・スピードボートを借りることもできる。

  • 行き方カラ・ルナまでは4kmのハイキングか、カラ・ゴノーネからプライベート・スピードボートを借りる。
  • ベストシーズン:最高の天候と理想的なシュノーケリングコンディションのために夏の間(6月~9月)に訪れてください。
  • 長所森林に覆われた崖、洞窟、シュノーケリングに最適な青く澄んだ海、ロッククライミングが楽しめる人里離れたビーチ。
  • 短所:アクセスにはハイキングかプライベートボートが必要。

ホステルを予約しよう

サン・ヴィト・ロ・カーポ, シチリア島

best beaches in europe San Vito Lo Capo, Sicily

📷@luizcent

サン・ヴィト・ロ・カーポは、地元のイタリア人旅行者以外にはあまり知られていないが、間違いなくヨーロッパでも有数の白砂のビーチだ。象牙のようにきしむ砂浜とターコイズブルーの海は、まさにトロピカルだ。町自体はのんびりしているが、活気のあるビーチリゾートで、アフリカの影響を色濃く残している。

  • 行き方パレルモまたはトラーパニから陸路または公共交通機関でアクセス可能。
  • ベストシーズン温暖な気候と活気あるビーチリゾートの雰囲気を味わうなら、5月から9月がおすすめ。
  • 長所長所:ターコイズブルーの海が広がる美しい白砂のビーチ、賑やかな雰囲気ののんびりしたビーチリゾート、毎年開催されるクスクス祭り。
  • 短所:ピークシーズンは混雑する。

ホステルを予約する San Vito Lo Capo

ラビットビーチ、ランペドゥーザ

best beaches in europe Rabbit Beach Lampedusa

📷@loreloa

少し離れているかもしれないが、イタリアの離島ランペドゥーザ島にあるラビット・ビーチは、イタリアで最も記憶に残るユニークなビーチのひとつだ。その名前とは裏腹に、ここにはウサギはいないが、岩だらけのごつごつした海岸には野生動物がたくさんいる。イタリア本土よりもアフリカに近い。ランペドゥーザの主な見どころは小さなウサギ島で、スキューバダイビングやシュノーケリングを楽しむ人たちが、半透明の温かい海水の透明度の高さを求めてやってくる。

  • 行き方イタリア本土からフェリーまたは飛行機でランペドゥーザ島へ行き、島内を探検してラビット・ビーチを見つける。
  • ベストシーズン:暖かい気候とスキューバダイビングやシュノーケリングに最適な透明度のため、6月から9月に訪れる。
  • 長所思い出に残るユニークなビーチ、スキューバダイビングやシュノーケリングに最適な透明度、豊かな野生生物、岩だらけのごつごつした海岸。
  • 短所:人里離れた場所にあり、島の施設が限られている。

フランスで最高のビーチ

ロンディナーラ、コルシカ島

best beaches in europe Rodinara Corsica

📷 @AlbertoBizzini

もし完璧なビーチを描くとしたら、ロンディナーラのようになるだろう。観光客に人気のボニファシオとポルト・ヴェッキオの間に、白い砂浜と赤く染まった岩が貝殻のように曲線を描き、遠浅のターコイズブルーのラグーンを完璧に縁取っている。冬の間は牛とビーチを共有することもある。バーが1軒あるほか、キャンプ場もあるので、しばらく滞在して自然を満喫するのもいいだろう。

  • アクセスボニファシオとポルト・ヴェッキオの間に位置し、道路またはボートでアクセスできる。
  • ベストシーズン温暖な気候で混雑が少ない6月から9月がおすすめ。
  • 長所完璧に縁取られたターコイズブルーの浅いラグーン、絵のように美しい白い砂浜、赤く染まった美しい岩、自然環境。
  • 短所:施設が限られている、冬はビーチで牛に遭遇する可能性がある。

ポルト・ポロにあるホステルを予約

ビアリッツ

ヨーロッパのサーフ・キャピタルとして知られるビアリッツは、ヨーロッパ屈指のシティ・ビーチだけでなく、最高のサーフ・ビーチにも恵まれている。かつてこの街は、エレガントなベル・エポック建築を残した貴族たちに人気があったが、最近ではサーフ・シックと本物のバスク文化を楽しめる一等地となっている。ル・グランド・プラージュ(Le Grande Plage)は、大きな波と賑やかなウォーターフロントが最大の魅力だが、さらに5つのビーチがあり、スタイルと楽しみが満載のビアリッツは、飽きやすい人にお勧めの場所だ。

  • 行き方車、電車、飛行機(ビアリッツ空港)でアクセス可能。
  • ベストシーズン暖かい気候と最適なサーフコンディションのために6月から9月に訪れる。
  • 長所ヨーロッパのサーフィンの中心地として知られ、エレガントなベル・エポック建築、活気あるウォーターフロント、さらに5つのビーチがある。
  • 短所:ピークシーズンは混雑することがある。

ホステルを予約しよう

スペインのベストビーチ

ロダス・ビーチ、シエス島

このビーチは南国のもののように見えるかもしれないが、ロダス・ビーチとして知られるきらめく砂浜は、実際にはスペイン北西沖の3つの島からなる小さな群島にある。ヴィーゴ河口に浮かぶ壮大なシエス諸島には9つの美しいビーチがあるが、ロダス・ビーチの砂州とラグーンが最も目を引く。そのため、スペインで最も美しいビーチのひとつに頻繁に選ばれている。カリブ海のビーチのように見えるかもしれないが、水温は間違いなく違う!

  • 行き方ビゴ、カンガス、バイオナからフェリーでシエス島へ。
  • ベストシーズン暖かい気候の6月から9月がお勧め。
  • 長所壮大な砂州とラグーン、スペインで最も美しいビーチのひとつに度々選ばれている。
  • 短所:フェリーの便が限られている、ピークシーズンは混雑する、水温が低い。

ヴィーゴのホステルを予約

究極のスペイン・バックパッカー・ガイドをチェック

ギリシャのベストビーチ

ナバージョ・ビーチ、ザキントス島

一般的には難破船ビーチとして知られる、ギリシャのザキントス島にあるナヴァジオ・ビーチは、ヨーロッパで最もインスタグラムにアップされているビーチであることは間違いなく、国中の絵葉書に登場する。地元の言い伝えによれば、この難破船は1980年代にギリシャ海軍に追われた密輸船だった。このフォトジェニックな大物は、自分撮りの背景としては完璧だが、ビーチそのものを訪れるのではなく、有名な景色を望む崖まで行くには、レンタカーを借りるのがベストだ。

  • アクセスザキントス島の各港からボートでアクセス可能。
  • ベストシーズン暖かい気候と穏やかな海を楽しめる5月から10月がおすすめ。
  • 長所難破船、見事な崖、ターコイズブルーの海で知られる象徴的なビーチで、写真撮影に最適。
  • 短所: 観光客で混雑することがある。

ザキントス島のホステルを予約する

ポルトガルで最高のビーチ

セトゥバル、ガラピニョス・ビーチ

ポルトガルは美しいビーチに事欠かない国だが、夏は混雑する。アルガルヴェをパッケージ・ホリデーの混雑に任せて、代わりにセトゥーバルにある豪華なガラピニョス広場(Praia de Galapinhos)を訪れよう。ガラピニョスには何の施設もなく、急な坂道でしかアクセスできないため、リスボンから短時間で行けるにもかかわらず、秘境の雰囲気が漂っている。自然を愛する人々にとっては、ヨーロッパで最高のビーチのひとつだ。海はきれいで穏やかで、青みが強く、ビーチの背後にはアッラビーダ自然公園の美しい緑の山々と小道がある。海岸のすぐ下には、黄金色の砂浜が長い指のようにカーブする、同じく素晴らしいトロイア半島がある。

  • アクセスセトゥーバルから車またはハイキング・コースでアクセス可能。
  • ベストシーズン温暖な気候とビーチのコンディションが最適な6月から9月。
  • 長所美しい緑の山々とアッラビーダ自然公園のトレイルに囲まれた美しいビーチ、きれいで穏やかな海。
  • 短所:ビーチに施設がない。

ホステルを予約しよう

バックパッカー向けポルトガル究極ガイドをチェック

クロアチアのベストビーチ

スティニヴァの入り江、ヴィス島

スティニヴァの入り江は、ヨーロッパで最も美しいシークレット・ビーチの候補だ。このビーチを通り過ぎようとすると、両側の高い崖のおかげでその存在に気づかないかもしれない。ボートが小さければ、幅数メートルしかない崖の隙間を通り抜けることができ、白い小石のビーチ、透明度の高い海、小さなビーチバーを見つけることができる。このクロアチアの隠れた宝石は、船旅で訪れるのが最も簡単だが、勇気があればハイキングも可能だ。

  • 行き方ヴィス島からボートまたはハイキング・トレイルでアクセス可能。
  • ベストシーズン温暖な気候と穏やかな海を楽しめる5月から9月がおすすめ。
  • 長所美しい白い小石のビーチ、透明度の高い海、見事な崖がある隠れた名所。
  • 短所:アクセスが限られており、ボートか困難なハイキングでしか行けない。

ホステルを予約しよう

ヨーロッパの美しいビーチをもっと

ユルマラ、ラトビア

best beaches in europe Jurmala Latvia

📷@JongwonLee

ヨーロッパのビーチブレイクといえば、ラトビアを思い浮かべる人は少ないかもしれないが、このバルト海のビーチは淡い砂浜、香り高い松林、そして何マイルにもわたって続く幻想的な夏の光を誇っている。正確には21マイルだ。首都リガからわずか30分の「バルトのリビエラ」のこの長さには、ビーチリゾートが連なっている。素晴らしいビーチだけでなく、アールヌーボーの木造家屋、プロイセンの別荘、ソ連時代の療養所など、魅力的な建築物も見られる。

  • アクセスリガから陸路または鉄道でアクセス可能。
  • ベストシーズン夏の間(6月~8月)に訪れると、最高のビーチを体験できる。
  • 長所全長21マイルに及ぶビーチ、淡い砂浜、香り高い松林、ユニークな建築様式。
  • 短所:バルト海の天候は不安定。

ホステルを予約しよう

レイニスフィヤラ黒砂海岸、アイスランド

白い砂浜はちょっと……という人は、アイスランド行きの飛行機に乗ろう。地質学的な驚異で知られるこの国は、いつもちょっと変わったものを提供してくれる。アイスランドにはさまざまな火山ビーチがあるが、ロマンチックでドラマチックなビーチなら、別世界のような玄武岩の柱と黒い小石があるレイニスフィヤラの黒砂ビーチに勝るものはない。

  • アクセスヴィークの町から道路でアクセス可能。
  • ベストシーズン気候が穏やかで日照時間が長い6月から9月がおすすめ。
  • 長所ユニークな黒砂のビーチ、ドラマチックな玄武岩の柱、素晴らしい自然環境。
  • 短所:波が強く、天候が不安定。

ホステルを予約 – フヴォルスヴォルール

ポースカーノ, イギリス

コーンウォールを訪れたことのある人だけが、この地域のビーチの美しさを理解できるだろう。ポースカーノは、テレビドラマ「ポルダーク」のロケ地のひとつであるだけでなく、ユニークな断崖絶壁のミナック・シアターが見下ろしているからだ。

  • アクセスコーンウォールから陸路または公共交通機関でアクセス可能。
  • ベストシーズン夏の間(6月~8月)がベストシーズン。
  • 長所テレビドラマ「ポルダーク」のロケ地、ユニークな崖のミナック・シアターのある美しいビーチ。
  • 短所:駐車スペースに限りがあり、ピークシーズンは混雑する。

ホステル予約 – コーンウォール

世界最高のビーチホステルをチェックしよう!

著者について

ステフは雨の多いイギリス出身のビーチバム、ワイン愛好家、セーリングオタク(晴れた地中海のあらゆるものに執着するのも納得)。ブログ「The Mediterranean Traveller」では、地中海の旅の秘訣を紹介している。フェイスブックや ツイッターでも彼女を見つけることができる。

Get the App. QRGet the App.
Get the App. QR  Get the App.
Scroll to Top