9人のバックパッカーが、あなたの放浪癖を呼び覚ます!

Language Specific Image

必需品の入ったバッグを手に、他のすべてを捨てて旅に出たいと夢見たことはないだろうか。ある人にとっては旅は単なる夢だが、仕事や家族を捨ててその夢を現実のものとし、生き方としている人もいる。彼らの大きな旅、信じられないような冒険、逸話、ユニークな体験は彼らの人生を変えた。
いずれにせよ、彼らは皆、素晴らしい物語を持っている。世界中を旅して出会ったバックパッカーたちを集めました。何らかの形で、彼らは私たちに旅への情熱を新たにするインスピレーションを与えてくれる…。

ライアン・ドーア

RYAN DORE
カリフォルニア出身で、弟と南米を旅していたライアンは、(そうとは知らずに)コロンビアにたどり着く運命にあった。数週間の冒険の後、彼のフォルクスワーゲンはもう限界だった!メカニカル・トラブルが発生したため、兄弟は植民地時代の街、サンタ・マルタに立ち寄ることになった。旅の挫折に落胆したのも束の間、ライアンは「カリブ海の真珠」に一目惚れした!そしてライアンは、自分のホステル “ラ・ブリサ・ロカ“をオープンさせるという夢を叶えるため、サンタ・マルタに滞在することを決めた。

PIM POL

PIM POL
電気技師と配管工を職業とするピムは、物事を変える時が来たと思った。小さな池の大きな魚のように感じていたピム(オランダの小さな町で生まれた)は、すべてを置き去りにすることに決めた。バックパックだけを背負い、冒険と新しい経験を求めてアジアの未知の土地へと旅立った。私たちがミャンマーで彼に出会った後、次の目的地はインドネシアだった。その後、彼は仕事のオファーを受ける予定だったが、私たちは彼がトルコ(彼の最後の居場所)で今もバックパッカーを楽しんでいることを知っている。

チャーリー・シネワン

CHARLY SINEWAN
チャーリーは子供の頃から、人生は2輪のほうがいいと考えていた。都会暮らしの気候や不動産業者としての快適な仕事に慣れていた彼は、すべてを捨ててバイクでアフリカを旅することを決意した!最初は小さな旅だったが、やがて帰りの切符のない冒険へと変わっていった。彼は来年、北アメリカから南アメリカへの旅を計画している。

ジョルジュ・シエラ

JORGE SIERRA
ホルヘは、旅そのものが彼の冒険を決めるという確信のもと、決められた脚本なしに世界を旅することにした。54カ国、72,700マイル、1430日を経て、彼は今、自分の物語を伝えるために小さなスクリーンに飛び出す準備をしている。

アニコ・ヴィラルバ

ANIKO VILLALBA
アルゼンチンでの会議で講演を聞いた後、アニコは旅に出る決心をした。自分の経験をブログに記録するツールとして文章を書くことで、ジャーナリストとしてのキャリアが役立っている!彼女は、一人旅をしながら社会的な期待など振り切ってきた、完璧な旅行者の一人だ。最近、大好きなブエノスアイレスに戻り、次の冒険を計画中。

カルメン・テイラ

CARMEN TEIRA
カルメンはオーディオ・ビジュアルを学び、物語を語ることが自分を表現する最良の方法であることに気づいた。障壁や決まり文句を乗り越え、彼女は世界中を旅してきた。お気に入りのひとつはインドで、現在は自身のエージェンシー “Panipuri“を立ち上げ、他の旅行者に同行している。

アクロバット・デル・カミーノ

ACROBATAS DEL CAMINO
Juan Villarinoと Laura Lazzarinoは、偉大な “セミ・ノマディック “トラベラーである。ヒッチハイクの芸術を愛する二人は、近年、ヒッチハイクを主な移動手段としてだけでなく、信じられないような体験の源としても確立した。彼らは、”Wandering the Axis of Evil”(悪の枢軸をさまよう)、”A Tango in Tibet”(チベットのタンゴ)、”Invisible Ways”(見えない道)などの本に書かれた道をたどり、22,300マイル以上を旅してきた。

ティティリビチ

TITIRIBICI
パブロ・オリアスは建築家であったが、ある日、ひたすらペダルを漕ぐことを決意した!ティティリカロ」に連れられ、彼は南米大陸を旅するエキサイティングな冒険に出た。南アメリカ大陸を13,600マイル以上横断した後、(彼自身が作った)人形は、最も人里離れた場所に笑顔と夢を広めた。

ダニエル・ティラド

DANIEL TIRADO
ダニエルが旅を始めたとき、彼の冒険がどこへ行くのか見当もつかなかった。故郷メデジンの単調な生活に嫌気がさし、バックパッカーとしてアジアの道を旅しながら、新しい経験を探し始めた。彼は自分探しの旅に迷い込んだ。およそ2年後、彼は2つのことを知っていた:日本が大好きだということ、そして旅にはトイレットペーパーが必ず必要だということ!後者の教訓については、彼の旅のヒント集で詳しく述べられている:「トイレットペーパーなしで旅をする。今日、ダニエルは旅に戻り、彼の最新の事業である “ペーパーレス・アジア “によって、同じ大陸に再び戻り、新たな視点からその大陸を探検する使命を帯びている。

Get the App. QRGet the App.
Get the App. QR  Get the App.
Scroll to Top