シンガポールの滞在先近隣ガイド

Language Specific Image

シンガポールは、かつては目的地というより立ち寄り先と考えられていたが、このエキサイティングで素晴らしい街には見どころがたくさんあり、通り過ぎるのは問題外だ。シンガポールのベスト・ステイ・エリアの候補を紹介しよう。

長年にわたり、シンガポールは最も清潔、最も計画的、最も物価が高い、最も日当たりが良い、最もエンターテイメントに富んでいるなど、多くの称賛を浴びてきたが、公平を期すために、これらはすべてある程度事実に基づいている。華やかなショッピングモール、屋上のカクテルバー、高級レストランはたくさんあるが、費用を抑える方法はいくらでもあるので、低予算の旅行者も躊躇する必要はない。その代表的な例として、この街で最も美味しい食べ物はホーカーセンター(100以上ある掘り出し物のフードコート)にあり、6,000以上の屋台が入っている。中にはミシュランの星を獲得した店もある!食への情熱が人一倍強い人なら、シンガポールはきっとあなたを虜にするだろう。一日中食べたり飲んだりして過ごしても、この街の素晴らしいフードシーンの表面をなぞることしかできないだろう。

ライオン・シティとして知られるシンガポールは、比較的小さなスペースにたくさんのアトラクションを詰め込んでいる。全く異なる雰囲気に浸るために、全く異なる地区を歩き回り、この島国の歴史を掘り下げ、色彩豊かな歴史的建築物と非常識なほど未来的な建築物を隣り合わせに見て驚嘆する。一方では、思い切りショッピングを楽しみ、贅沢な気分に浸ることができる。もう一方では、高層ビル群から離れ、熱帯雨林に囲まれたシンガポール植物園や市内のサザンリッジ、有名なナイトサファリを楽しむこともできる。シンガポールは矛盾に満ちた都市であり、それが人生(そして訪れる国)を信じられないほど興味深いものにしていることは周知の通りだ。数日の滞在であれ、数週間の滞在であれ、シンガポールで退屈することはあり得ない。

where to stay in singapore - Merlion Park at night

マーライオン公園 📸:@jangus231

シンガポールの観光スポットを効率よく回るには、MRTを利用するのが一番だ。ほとんどの観光スポットはMRTの駅から徒歩圏内にあるので、一旦近所に着いたら徒歩で簡単に散策できる。滞在日数に応じてシンガポール・ツーリスト・パス(STP)を購入すれば、すべてのバス、MRT、LRTが乗り放題になります。パスは1日SG$20(11.30ポンド)からで、カードのデポジットとして$10(6ポンド)が必要。また、ロンドンのオイスターカードに似たEZ-linkカードをMRTの駅やセブンイレブンで12ドル(6.80ポンド)で購入することもできる。MRTの片道運賃は約1.50~2.50ドル(85ペソ~1.40ポンド)。電車は午前5時半から深夜まで2~7分間隔で運行。ナイト」バスは金曜日と土曜日の午後11時30分から午前2時まで運行している。

シンガポールのタクシー料金はそれほど高くないが、隠れた追加料金に注意!タクシー乗り場はホテルやショッピングモールのそばにある。初乗り料金は約3.60ドル(2ポンド)で、1キロメートルごとに約0.22ドル(12ペンス)が加算されます。タクシー料金はEZ-linkカードで支払うことができる。チャンギ空港からタクシーに乗る場合は、5ドル(2.80ポンド)の追加料金がかかり、深夜から午前6時までの移動の場合は、メーター表示の50%の追加料金がかかる。ピーク時(午前6時~午前9時30分、午後6時~午前0時)は25%。空港と市街地はMRTで結ばれているので、MRTを利用するか、15~30分おきに運行するエアポートシャトルを予約すれば、9ドル(5ポンド)で市街地まで行ける。

観光には楽しいオプションもいくつかある。トライショーに乗れば、30分約40ドル(22ポンド)でツアーを楽しめる。また、太陽が出ていて、観光しながらもできるだけ水辺に近づきたいときは、シンガポール観光に理想的なバンボート・クルーズに乗ろう。エスプラネード、クラーク・キー、ボート・キーなど、ウォーターフロントのホットスポットを行き来するのに便利だ。料金はわずか5ドル(2.85ポンド)で、EZ-linkカードで支払うことができる。モーニング・クルーズ、ハイティー・クルーズ、ディナー・クルーズなど、バンボート・ツアーのオプションもたくさんある。高層ビルが建ち並ぶ前の都会の生活を垣間見ることができる伝統的な村であり、野生動物を見るには絶好の場所でもある。

where to stay in singapore - coloured houses in singapore

📸:@thevernon

直接ジャンプ

シビック・ディストリクト:シンガポールで文化に触れる滞在に最適なエリア

  1. シビック地区の楽しみ方
  2. シビック地区のベスト・スポット
  3. シビック地区のベスト・ホステル

ダウンタウン・コア:シンガポールを代表するアトラクションを満喫できる滞在に最適なエリア

  1. ダウンタウン・コアでの楽しみ方
  2. ダウンタウン・コアのベスト・スポット

チャイナタウン: シンガポールでの滞在に最適な飲食エリア

  1. チャイナタウンでの楽しみ方
  2. チャイナタウンのおすすめレストラン
  3. チャイナタウンのベスト・ホステル

カンポン・グラム:ストリートアートが楽しめるシンガポールのベスト・エリア

  1. カンポン・グラムの楽しみ方
  2. カンポン・グラムのベスト・スポット
  3. カンポン・グラムのベスト・ホステル

ティオン・バル:シンガポールでブランチに最適なエリア

  1. ティオンバルでの楽しみ方
  2. ティオン・バルのベスト・スポット
  3. ティオンバルで最高のホステル

ジャラン・ベサール:シンガポールでストリート写真を撮るのに最適なエリア

  1. ジャラン・ベサールでの楽しみ方
  2. ジャラン・ベサールでのベスト・スポット
  3. ジャランベサールで最高のホステル

1.シビック・ディストリクト:シンガポールで滞在するのに最適な文化エリア

シビック・ディストリクトは基本的にシンガポールの中心地であり、古い修道院を改装したチジュメス(Chijmes)、高級レストランやお酒を楽しめる素晴らしい場所、セント・アンドリュー大聖堂(St Andrew’s Cathedral)、最高裁判所&市庁舎、民間防衛ヘリテージ・ギャラリー(Civil Defence Heritage Gallery)など、シンガポールで最も印象的なコロニアル建築物があります。また、文化に触れるには理想的な拠点だ。シビック・ディストリクトには、2015年にオープンしたばかりのナショナル・ギャラリー・シンガポールがあるが、世界最大の東南アジア美術コレクションを所蔵していることから、すぐに欠かせないスポットとなった。建物の建築様式と豊富なコレクションに感嘆したら、ギャラリーのルーフトップバー、Smoke & Mirrorsで一杯やりましょう。パノラマビューは最高だが、ドリンクは少々割高…!シンガポール国立博物館は、マレー系スルタンに支配されていた時代から、イギリスによる植民地支配、そして今日の近代都市に至るまで、シンガポールの歴史を楽しく学べるインタラクティブな場所だ。常設展は15ドル(8.50ポンド)、特別展は18ドル(10ポンド)、無料公開は26ドル(15ポンド)だ。シンガポール美術館もまた、モダンアートやビジュアルアート好きにはたまらない。この街にはないが、アート好きなら足を延ばしてみるべき場所のひとつが、古い軍の兵舎を利用したシンガポールのビジュアル・アート・クラスター、ギルマン・バラックスだ。この場所(最寄りのMRTはラブラドール・パーク)には、複数のアート・ギャラリー、展覧会、ポップアップ・イベントがあり、シンガポールのエキサイティングなアート・シーンを知ることができる。

where to stay in singapore - national gallery

ナショナル・ギャラリー, 📸:@mbriney

シビック地区の楽しみ方

プリティ・ウーマン』のジュリア・ロバーツのように、オーチャード・ロードで街のデザイナー服を買いあさるつもりなら、シビック・ディストリクトは格好の拠点となる。ロンドンのオックスフォード・ストリートのように、オーチャード・ロードには、自尊心のある買い物好きなら誰もが望むあらゆる店があり、さらに、本当に落ちるまで買い物をした後は、スパや美容院でリフレッシュすることもできる。オーチャード・ロードはシンガポールで最も有名な通りのひとつなので、ぶらぶらと歩いてみる価値はある。IONオーチャードや、格安ショッピングを楽しむ人向けの路面店が並ぶ313@Somerset、観光客向けに大幅な割引を提供しているオーチャード・セントラル、シンガポールで最も高いクライミングウォールなど、30ものモールから選ぶことができる!オーチャード・ロードで最高のグルメ・オプションはプラザ・シンガプーラ(Plaza Singapura)にある。

フォート・カニング・パーク(Fort Canning Park)は、街を見下ろす丘の上にある素晴らしい公園で、9つの歴史的庭園がある。スパイス・ガーデン、ファースト・ボタニック・ガーデン、ラッフルズガーデンなどが見どころだが、全体を散策する価値がある。バレエ・アンダー・ザ・スターズ(Ballet Under the Stars)、フィルムズ・アット・ザ・フォート(Films at the Fort)、シェイクスピア・イン・ザ・パーク(Shakespeare in the Park)などの楽しいイベントが開催されるので、公園のイベントカレンダーを常にチェックしよう。

シンガポール屈指の

カラオケだ!街にはカラオケ店がたくさんあり、防音ブースで仲間と思いっきり盛り上がることができる。カラオケ店やKTVラウンジのなかには、もっと汚いものの隠れ蓑になっているところもあるが……ここでは、「追加料金」を要求されないお気に入りの店をいくつか紹介しよう。K.Starはミレニアル世代に人気で、その主な理由はインスタ映えする内装にある。MRTの駅やショッピングモールの外にもミニ・カラオケ・ブースがあるので、ブリトニーやボン・ジョヴィにチャンネルを合わせるチャンスは無限にある。

シビック地区は、クラーク・キーとボート・キーに隣接している。どんな夜でも、満員のパブ、ライブ・ミュージック、クラブ、ド迫力のベースが待っている。ロックンロール・ブルース・バー、クレイジー・エレファント(Crazy Elephant)で生演奏を聴いたり、ポン(Pong)やレベル・アップ(Level Up)でビアポンやアーケード・ゲームを楽しんだり、チュピトス・ショッツ・バー(Chupitos Shots Bar)で130種類以上のショットから好きなものを選んだり。アッティカはウォーターフロントにある巨大なナイトクラブで、1階ではダンスフロアを埋め尽くすRnBやヒップホップ、2階ではエレクトロ、ハウス、トランスが楽しめる。水曜日は女性は無料!週末は30ドル(17ポンド)のカバーチャージがかかるが、これには2ドリンクが含まれている。ダンスミュージックならZouk、ディスコならPhuture(Zoukの一部)へ。Canvasクラブには国際的なDJが集まる。カバーチャージはフリードリンク付きで20ドル。Fleekはヒップホップファンのための場所で、午後6時から午後11時まで、ドリンクはたったの5ドル(2.80ポンド)。また、Get Juicedは毎晩営業しており、入場無料で、シンガポール初のキャッシュレス・バーなので行列ができることもない。シンガポール初のキャッシュレス・バーで、行列ができることもない。メインストリームでないものをお探しなら、ベルリンの雰囲気が漂う「Headquarters」がおすすめだ。

where to stay in singapore - Chijmes

Chijmes, 📸:@ypxq

シビック地区のベスト・スポット

この街の一角には、主に洒落たレストランがある。メニューの中から何を選ぶかさえわかっていれば、高級レストランでも予算内で食事をすることは可能だ。例えば、チジュメス・コンプレックスにあるニュー・ウビン・シーフードでは、サテが大盛り5本で6ドル(3.40ポンド)、ホッキン・ミー(豚肉の麺料理)やプンゴル・ミー・ゴレン(シーフード麺料理)などは15ドル(8.50ポンド)ほどだ。同じくチジュメスにある「Tatsu」は絶品の寿司屋で、30ドル(17ポンド)前後で巨大な定食を提供している。ノース・ブリッジ・ロードのフナン・モールには、本格的なペラナカン料理を提供するゴッドママ(Godmama)などがある。また、クラーク・キーに行けば、15ドル(8.50ポンド)前後で3~4コースのランチセットが食べられる。Spice World Hot Potや RENNthaiがお得だ。リャンコートにある「たも屋うどん」では、ボリュームたっぷりのうどんが10ドル(5.70ポンド)で食べられる。

シビック地区のベストホステル

シンガポールのホステルは概して素晴らしく、そのほとんどがカプセル・ホステルだからです。そう、その方が楽しいのだ!シビック・ディストリクトに近いホステルとしては、クラーク・キーかボート・キーにあるホステルを選ぶと、パーティーの中心地にすぐ行くことができます。カプセルホステルを満喫したいなら、Quarters Capsule Hostelや BEAT.どちらも社交的なエリアがあり、ドミトリーは静かでゆっくり眠れる。メット・ア・スペース・ポッド(Met A Space Pod)は、近未来的な雰囲気に溢れている。宇宙船の中で寝るのはどんな感じだろうと思ったことがあるなら、今がそのチャンスだ!

ビート・カプセル・ホステル @ボート・キー

シンガポールのホステルをもっと比較する

2.ダウンタウン・コア:シンガポールを代表するアトラクションがある、滞在に最適なエリア

シンガポールのダウンタウン・コアは川の両岸に広がり、シンガポールの観光マジックの大部分がここで起こります。最大のアトラクションはマリーナ・ベイ地区で、観光客はもちろん、訪れるべき場所だ!シンガポールのこのピカピカの一角には55億ドルが注ぎ込まれ、そのほとんどがマリーナ・ベイ・サンズ・コンプレックスである。スカイパークへの入場料は23ドル(13ポンド)で、360度の展望デッキとプールを楽しむことができる。スカイパークと同じ眺望が楽しめるスカイバー「セ・ラ・ヴィ(CÉ LA VI)」は無料だ。毎晩20時と21時30分、金曜と土曜は23時から開催される水と光のショーも見どころだ。また、シンガポールを象徴するラッフルズ・ホテルでシンガポール・スリングを飲まなければ、シンガポールに来たとは言えないだろう。宿泊すれば旅行予算は吹き飛ぶだろうが、ロング・バーを訪れればそんなことはない。カクテルは10ドル(5.70ポンド)。短パンとビーチサンダルはホステルに置いていくこと、そしてかつてこのホテルに隠れていたサーカスの虎について尋ねることをお忘れなく。

マリーナ・ベイ・サンズ, 📸:@ridershow

ダウンタウンコアの楽しみ方

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは、シンガポールのダウンタウン・コアにあるもうひとつの見逃せない観光スポットだ。ベイ・サウス・ガーデン、ベイ・イースト・ガーデン、ベイ・セントラル・ガーデンに分かれている。庭園で最も象徴的なのはスーパーツリー・グローブで、高さ25~50mのシダ植物で覆われた巨大な塔が特徴だ。どの時間帯に訪れても見ごたえがあるが、その効果を存分に味わうなら夜がおすすめだ。毎晩7時45分と8時45分には、音楽と光のショー「ガーデン・ラプソディ」が開催され、人々を魅了する(毎月入れ替わる)。木々の間を縫うように走るOCBCスカイウェイは、入場料8ドル(4.50ポンド)を払う価値がある。スーパーツリー以外にも、世界最大のガラス温室であるフラワードーム、世界一高い屋内滝があるクラウド・フォレスト、庭園内に点在する40以上のアート彫刻などが見どころだ。

水辺にいる間に、マーライオン公園に立ち寄って、有名なマーライオン像(70トン、半分人魚、半分ライオンで、水を吐く)と一緒に記念写真を撮ることをお忘れなく!近くには食事やビールを楽しめる場所がたくさんある。また、ウォーターフロントには印象的な蓮の形をしたArtScienceミュージアムがあり、ミュージアム・レイトや素晴らしい講演、ツアー、ワークショップが開催されている。レッド・ドット・デザイン・ミュージアムも一見の価値がある。マリーナ・ベイ・ゴルフ・コースは、ゴルフのラウンドやゴルフ練習場でボールを打つのがお好きなら、気の抜けない景色が自慢だ。18ホールで平日は130ドル(74ポンド)だが、夜なら14ドル(8ポンド)だ!

エスプラネード公園は市内で最も古い緑地で、川の北側にある野外コンサート施設、テアトル・オン・ザ・ベイに向かう途中の散策に最適だ。週末に街にいるなら、港を見下ろす無料の野外コンサートに出かけてみよう。中国オペラからパンク、RnBまで、どんな音楽が聴けるかはお楽しみ。世界最大の大観覧車、シンガポール・フライヤーに乗ろう。幅150m、高さ165m(ロンドン・アイより30m高い)のこの大観覧車では、壮大な景色を楽しむことができる。

マリーナ・ベイやシンガポール川など、シンガポールの名所を一望できる。観覧車のスピンは33ドル(19ポンド)。

where to stay in singapore - marina bay at night

マリーナベイ, 📸:@wel_shy

ダウンタウン・コアのベスト・スポット

ラウ・パ・サット(Lau Pa Sat)、通称テロック・エアー・マーケット(Telok Ayer Market)は、19世紀に建てられた鋳鉄製の建物を利用したシンガポールで最も魅力的なホーカーセンターのひとつだ。ハーブや野菜、豆腐をふんだんに使った客家料理が味わえる。肉料理や魚料理も素晴らしい。フィッシュボールも数種類あり、Kevin Bakeryでは自家製薄焼きピザ、Mamacitasではコスタリカ料理が楽しめる。サテ通りの屋台がグリルに火を入れ、サテと冷たいビールに舌鼓を打つ。ラッフルズプレイスのフードコートは、特にThe Salted Plum(ザ・ソルト・プラム)が絶品のルーローポークベリーを10ドル(5.70ポンド)で提供している。喉の渇きを癒す珍しいものをお探しなら、街のあちこちで見かける人気のチェーン店、Li-Ho Teaをチェックしよう。チーズティー(!)やフルーツティーなど魅力的なメニューがたくさんあるが、子供たちが熱狂するのはパール入りミルクティー(バブルティーに似ている)だ。

3.チャイナタウン:シンガポールでの滞在に最適な飲食エリア

チャイナタウンはシンガポール観光の中心地として最適で、新旧が見事に混在しています。チャイナタウンは、主要な観光スポットやシンガポールで最もクールなエリアが徒歩圏内にあります。荘厳な寺院や歴史的なショップハウス、食欲をそそる香りが漂う何百もの屋台やレストランなど、どの細い路地にも中国の伝統が息づいています。夜が更け、パーティーを盛り上げる時が来たら、アン・シアン・ヒルにあるクラブ・ストリートにダンスシューズを向けよう。クラブ・ストリート(とその周辺)は、まさにその名の通り、通り一帯がバーやディスコになっている。The Other RoofFry BistroPandora’s Gardenなど、素晴らしいルーフトップオプションがある。Operation Daggerは、ウエストコートを着用したミクソロジストが常駐するヒップな店で、カクテルに関するあらゆる夢を叶えてくれる。コストを抑えるにはハッピーアワーを利用するのが一番で、チコ・ロコオックスウェル&Co360ラウンジビア・ファクトリーなどがその代表格だ。

Keong Saik Roadはチャイナタウンの端に位置する、かつての赤線地帯だ。この通りはもちろん、近くのダクストンヒルやブキパソ通りも、小粋なバー巡りにぴったりだ。ポテト・ヘッド・フォーク(Potato Head Folk)は、各フロアで趣向を凝らしたサービスを提供する活気あふれるバーだ。スリーバンズ(Three Buns)は、ビーフレンダン・パティと塩卵マヨの店内バーガーショップ。スタジオ1939(Studio 1939)は、オールドスクールなシンガポールの雰囲気の中で丁寧に作られたカクテルを提供する「飲み屋」。クラフトビールなら「ザ・ギルド」、屋外マルガリータなら「ルチャ・ロコ」、ダイブバー気分ならウィスキーの品揃えが豊富な「フラッグシップ」がおすすめだ。

where to stay in singapore - street in chinatown

📸:@lvnatikk

チャイナタウンでの楽しみ方

チャイナタウン・ヘリテージ・センター(Chinatown Heritage Centre)を訪れ、シンガポールの黎明期について学び、再現された街並みや家並みを自分の目で確かめよう。喧騒の中にあって静寂を求めるなら、素晴らしい寺院がいくつかある。仏歯寺と博物館は特別な場所だ。屋上にある蘭園や一万仏塔もお見逃しなく。また、スリ・マリアンマン寺院はシンガポール最古のヒンドゥー教寺院で、ヒンドゥー教の神話上の人物を描いた何百もの美しい彫刻があります。

チャイナタウンからセントーサ島へのアクセスは簡単だ!MRTハーバーフロント駅から電車に乗るか、ハーバーフロント・タワーIIの最上階にあるシンガポール・ケーブルカー・ステーションからケーブルカーに乗ろう。料金は大人29ドル(16.50ポンド)で、運行時間は午前8時45分から午後10時まで。できれば、列がかなり短くなる平日にセントーサ島を体験するのがベストだ。島に入ったら、無料で楽しめるアクティビティがいくつかある。すなわち、パラワン、シロソ、タンジョンといった黄金の砂浜で日光浴をしたり、自然遊歩道を歩いたりすることだ。小遣いがあれば、水族館(40ドル/22ポンド)やユニバーサル・スタジオ(79ドル/45ポンド)で映画関連の遊びを楽しむのもいい。28種類の乗り物があり、なかでも「バトルスター・ギャラクティカ(Battlestar Galactica)」は世界一の高さを誇る決闘ジェットコースターだ。アドベンチャー・コーブ・ウォーター・パーク(38ドル/22ポンド)も、シーを打ち負かした勝者だ。

シンガポールの湿気に打ち勝ったもう一つの勝者だ。ゆったりとした川を流したり、高速ウォータースライダーに挑戦したり、2万匹以上の熱帯魚が生息する本物のサンゴ礁でシュノーケリングを楽しんだり。

チャイナタウンにほど近いエバートン・パークは、ヒップスターに人気のスポットだ。Nylon Coffee RoastersやJust Want Coffeeでカフェインを補給し、Little Oasisは、新鮮な天然素材を使った(ヘルシー志向の)ケーキ、終日営業の朝食、ボリュームたっぷりのランチで知られる隠れ家的レストランだ。中華菓子のスペシャリスト、Ji Xiang Confectioneryにもぜひ立ち寄ってみよう。アン・クー・クース(紅亀餅)はぜひ試してみたい一品で、パン職人は有名人だ。

where to stay in singapore - buildings in chinatown

📸:@jacktthunter

チャイナタウンのおすすめレストラン

チャイナタウンでは、どこを向いても試食したいものがある!地元の人たちで賑わっている場所はご馳走が食べられるという一般的なルールに従いましょう。チャイナタウンでおすすめのホーカーセンターは、チャイナタウン・コンプレックス(Chinatown Complex)とマックスウェル・フード・センター(Maxwell Food Centre)!スミス・ストリート(別名チャイナタウン・フードストリート)もグルメの天国だ。どこで食事をするか決めるのはストレスがたまるものだが、ここの屋台はミシュランの星を獲得しているほどおいしい!2ドル(1.15ポンド)という安さの「リャオ・ファン香港」や、コーニッシュ・パスティをシンガポール風にアレンジした「J2フェイマス・クリスピー・カレー・パフ」は要チェックだ。1日500個しか作られず、1個1.20ドル(70ペンス)で売り切れるので、早めに行こう!

朝一番にアッパー・クロス・ストリートにある有名なスンゲイ・ロード・トリショー・ラクサに行けば、4ドル(2.30ポンド)で絶品ラクサが食べられる。アモイ・ストリート・フード・センター(Amoy Street Food Centre)にはホンキー・ビーフ・ヌードル(Hong Kee Beef Noodles)があり、24時間煮込んだスープにビーフボール、ビーフスライス、塩漬け野菜がのったビーフンが4ドルで食べられる。アン・シアン・ヒル(Ann Siang Hill)もレストランが多い通りで、散策する価値がある。ココナッツ・クラブは評判が高い。値段は少し高めだが、メインディッシュ1品13ドル(7.40ポンド)前後と手頃だ。看板メニューはナシレマッ・アヤム・ゴレン・ボレンパ。

チャイナタウンにあるベスト・ホステル

シンガポールのホステルのほとんどはチャイナタウンにあるので、自分の好みに合った場所を見つけることができます。パーティがお望みなら、チャイナタウンのナイトライフや美味しい食べ物に近い、社交的なThe Bohemianがお勧めです。Clarke Quay、Boat Quay、Marina Bay Sandsはすべて徒歩圏内です。キューブ・ホステル(Cube Hostel)は、値段の割にブティック風の雰囲気があり、階下には旅行者同士が集えるバーもある。Adler Hostel and Coffee Barはシンガポール初のラグジュアリーホステルで、カップルや一人旅に人気です。ベアリー・ベストホステルは、MRTチャイナタウン駅の真向かいにあるアールデコ調の歴史的建造物の中にあります。ゆったりとしたホステルで、広々とした屋外パティオがあり、自転車を保管するスペースもあります。スタートアップに取り組むためにシンガポールに滞在しているなら、トライブ・セオリーは、同じようなビジネスを志す旅行者と交流できるエキサイティングな滞在先です。

where to stay in singapore - cube hostel dorm room

キューブ・ホステル

シンガポールのホステルをもっと比較する

4.カンポン・グラム:ストリート・アートが楽しめるシンガポール一の宿泊エリア

カンポン・グラムはシンガポールで最も古い地区のひとつで、マレー系の家族や中東からやってきた人々が暮らす質素な漁村としてスタートしました。ヒップスターに人気のハジ・レーンやバリ・レーンがあり、ショッピング、音楽、グルメシーンで知られている。インスタグラムの美的センスにこだわるなら、シンガポールの歴史的なこの地区のカラフルな店構えやストリートアートは、あなたの好みにぴったりだ。ビーチ・ロード・ジャンクション周辺や、ハジ・レーンとアラブ・ストリートを結ぶ路地には、国内外のストリート・アーティストの作品が並ぶ。 ヴィクトリア・ストリートには、リトアニアのストリート・アーティスト、アーネスト・ザチャレビッチの素晴らしい作品がある。アリワル・アーツ・センター(Aliwal Arts Centre)やブラックブック・スタジオ(The Blackbook Studio)も一見の価値がある。スナップ写真を撮るなら、混雑が予想される正午前にハジ・レーンへ。

📸:@owlixir

カンポン・グラムの楽しみ方

日中、ハジ・レーンやバリ・レーンは買い物天国です。特に、オーチャード・モールやザ・ショップス、ビボシティにあるような値段の張るデザイナーズ・ショップとは違うものをお探しの方におすすめです。どんなカラフルな店構えが気に入るか、ちょっと覗いてみよう。ハジ・レーン(Haji Lane)には、ハンドメイドのジュエリーや家庭用品、衣類を扱う個人経営のブティックがあり、ヴィンテージ品をお探しの方には、モッドパレード(Modparade)やグランマ(Grammah)がおすすめです。ちょっと変わったところでは、Life By Designでタロット占いや様々なスピリチュアル・ヒーリングを受けるのもいい。また、タトゥーを入れたいと考えているなら、Visual Orgasmはこの街で最高のタトゥー・サロンのひとつ。

文化に触れるなら、無料のカンポン・グラム・ヘリテージ・ウォーキング・ツアーの地図やアプリをダウンロードして、シンガポールのマレー・アラブ地区の通りを巡ってみよう。19世紀に建てられたマレー王族の邸宅を利用したマレー・ヘリテージ・センター($6/£3.40)からスタートしよう。イエロー・マンション、ポンドック・ジャワ、アルサゴフ・アラブ・スクール、1824年に建てられた印象的な建物のマスジット・スルタン・モスクなどをチェックしよう。

夜になると、この一角は活気づく。バー・ストーリーズ(Bar Stories)で、おしゃれなカスタムカクテルの痒いところに手が届く。バーにはメニューがなく、バーテンダーに気分を伝えれば、特別なものを作ってくれる。ちょっと洒落過ぎると思われる方は、Goodluck Beerhouseで国内外のクラフトビールを楽しもう。Maison Ikkokuは、特別な一杯に最適なおしゃれなルーフトップバーで、BluJaz Caféはライブミュージックに最適だ。ジャズだけでなく、ヒップホップ、ドラムンベース、レゲトンなどのビッグパーティーも開催されている。また、ゴールデン・マイル・タワー・コンプレックスの5階にあるアート・ハウス・シネマ、ザ・プロジェクターでは、ビーンバッグに座ってワインを飲むのもいい。アポカリプス・ナウ』や『シャイニング』などの名作に加え、『ストレンジャー・シングス』のような現代のヒット作も上映している。早めに行って、ソファやビーンバッグを確保しよう。

where to stay in singapore - Haji Lane

ハジ・レーン、 📸:@bnaignacio

カンポン・グラムのおすすめレストラン

ヒマラヤでの生活にインスパイアされた古い店構えで、お得な食事を楽しむなら、ハジ・レーンにあるゴーイング・オムをチェックしよう。このカフェ・バー・レストランでは、バー・スナック、メイン・ミール、デザートを予算内で楽しむことができ、週末には1回20ドル(11ポンド)のドロップイン・ヴィンヤサ・ヨガやアーサナ・ヨガのクラスを開催している。ここは、ライブ・ミュージックを聴くにも最高の場所だ。麺類でお腹がいっぱいになったら、美味しいメキシコ料理のPiedra Negraや、ハジ・レーンの入り口にあるハラル・カフェI Amをチェックしよう。オーナーはバリ・レーンの角を曲がったところにある「&Why」も経営しており、こちらは『華麗なるギャツビー』にインスパイアされたアメリカンスタイルのダイナーで、素晴らしいブランチを提供している。伝統的なマレーシア料理なら、地元で人気のHjh Maimunahがおすすめだ。

ノース・ブリッジ・ロード(North Bridge Road)やブッソラー・ストリート(Bussorah Street)では、アラビア料理が楽しめる。屋台のレストランは、メッゼの欲求を満たしてくれる。ホーカーセンターで食事を楽しみたい人は、ゴールデン・マイル・ホーカー・センター(Golden Mile Hawker Center)まで足を延ばしてみよう。売り切れ次第、店じまいしてしまうのでお早めに!もうひとつの掘り出し物、インターネットには載っていない、現金払いのみのレストラン、ヒル・ストリート・タイ・ファ・ポーク・ヌードル(Hill Street Tai Hwa Pork Noodle)は、地元で人気のミシュランの星付きバクチョール・ミー(豚ひき肉入り麺)を試すのに理想的な場所だ。

リッチ・アンド・グッド・ケーキ・ショップ(Rich & Good Cake Shop)にもぜひ立ち寄ってみてほしい。ソフトクリームならムーシュ(Moosh)がおすすめ。オンデ・オンデ(Ondeh Ondeh)フレーバーはシンガポールの定番だが、ヌテラ・ブラウニー(Nutella Brownie)、ホーリックス(Horlicks)、ストロベリー・チーズケーキ(Strawberry Cheesecake)も絶品だ。

カンポン・グラムのベスト・ホステル

この界隈にはホステルの数はそれほど多くありませんが、シンガポールを代表するカプセルホステルに飽き足らない人には特におすすめです。カンポン・グラムにあるベアリー・ベストの店舗には屋上テラスがあり、ムジッド・スルタン・モスクの黄金のドームなど、街の素晴らしい景色を眺めることができる。Cube Boutique Capsule Hostelも、健康的な睡眠をとりたい人にぴったりの選択肢です。The Pod Boutique Capsule Hostelは、CBDに隣接し、無料の温かいビュッフェ式朝食を提供しています!

where to stay in singapore - The Cube Boutique Capsule Hostel

ザ・キューブ・ブティック・カプセル・ホステル

シンガポールのホステルをもっと比較する

5.ティオンバル:シンガポールでブランチに最適なエリア

シンガポールで最もクールな子供たちとパウワウしたいのなら、ティオン・バルに行きましょう。ティオン・バルの場合、20ブロックにわたって低層のアール・デコ調の白い建物が建ち並び、まるで映画のセットかマイアミにいるような気分にさせてくれる。コーヒーに真剣に取り組むカフェ、個人商店、カラフルな壁画、デザイン雑誌のページから飛び出したようなレストランなど、ヒップスター地区に期待されるものがすべて揃っている。ブランチがお好きな方は、ティオン・バルを地図に大きな赤い十字でマークし、空腹で訪れ、驚かされる準備をしましょう。ヨン・シアク・ストリート(Yong Siak Street)、エンフン・ストリート(Eng Hoon Street)、モー・グアン・テラス(Moh Guan Terrace)周辺が最も賑やかなエリアだ。

where to stay in singapore - singapore skyline at sunset

📸:@chuttersnap

ティオンバルでの楽しみ方

プレイン・バニラ(Plain Vanilla)でヴィンテージ・バイクを借りて(ついでにペストリーを買い込んで)、周辺をクルーズするのもいいし、ティオン・バル・ヘリテージ・トレイル(Tiong Bahru Heritage Trail)を歩いて散策するのもいい。アールデコ建築を鑑賞したり、第二次世界大戦時の防空壕を訪ねたり、地元のアーティスト、イップ・ユー・チョンが描いた壁画を探したり。

ティオン・バルにはたくさんの個人商店があります。この街に来たら、彼らに愛情を注いでほしい。願わくば、大手チェーン店がすぐに進出してきて、この雰囲気を台無しにすることがないように。音楽好きならCurated Recordsのレコードを、ファッション好きならNana and BirdやThe Slowhouseを、ヴィンテージ好きならDustbunnyを訪れてみて。ティオン・バルは、シンガポールの作家や詩人を紹介する豪華な独立系書店兼出版社、ブックス・アクチュアリーでも有名だ。運がよければ、常駐している猫に会えるかもしれない。併設のカフェ、フォーティ・ハンズは朝の栄養補給に最適で、ビーガンやベジタリアンにぴったりのヘルシーメニューを提供している。隣には絵本とグラフィックノベルの天国、ウッズ・イン・ザ・ブックスがある。シンガポールの川沿いには、中古品店やアンティークショップ、蚤の市がある。

タイガーバームの創始者、オー・ブン・ホーが手がけた8.2ヘクタールの屋外アートパーク。園内には、中国の伝統的な道徳観を伝える1,000体以上のジオラマや彫刻が展示されている!特にパフォーマンスが行われ、参加させられるかもしれないが、楽しい一日になるだろう。

クラーク・キーやクラブ・ストリートにあるような満員のバーやクラブにはあまり興味がなく、ローカルなシーンを楽しみたい人にはぴったりの場所だ。Coq & Balls (笑)は、スポーツ観戦や国際色豊かな人々とのパーティーを楽しむのにぴったりのバーだ。Canjob TaproomやThirsty’sは、ビールやエール好きにはたまらない。カクテルやおいしいバー・スナックが楽しめるLin Barでは、屋上でのアクションを楽しもう。リー・タイ・フー(Lee Tai Fu)には、爽やかな夜にぴったりのビアガーデンがある。Backstage BarとTantricは、お得なドリンクとダンスを楽しむことができる。

where to stay in singapore - Sentosa beach

セントーサ島、 📸:@anniespratt

ティオン・バルのおすすめレストラン

この界隈は、ブランチやランチなど、とにかく腹ごしらえをするために作られたエリアだ!コーヒーなら、Forty HandsやPlain Vanillaのほか、Flock Caféや Whisk Caféがカフェイン補給に最適だ。ペストリーならTiong Bahru Bakeryの右に出る店はない。メインイベントであるブランチに関しては、紹介したカフェのメニューはどれも素晴らしい。グルテン・乳製品フリーのビストロ、The Butcher’s Wifeや Drips Bakeryもおすすめだ。安く食べるなら、ティオン・バル・マーケット(Tiong Bahru Market)がおすすめだ。1階にあるフードコートで、フィッシュボール、バオシュウマイチュイ・クエ(大根の酢漬けがのった蒸しご飯)など、お買い得の地元グルメでお腹を満たそう。甘いものなら、シンガポールの伝統的なお菓子やケーキが食べられるGalicier Pastryへ。おすすめはノニャ・クエ(細切りココナッツをパンダン風味のクレープで包んだもの)とオンデ・オンデ(砂糖とココナッツのお菓子)。

ティオン・バルにあるベスト・ホステル

タッズ・ブティック・ホステル(Thad’s Boutique Hostel)は、この界隈のスタイリッシュな雰囲気にふさわしく、受賞歴のあるデザイン事務所、ミニストリー・オブ・デザイン(Ministry of Design)の芸術的頭脳によってデザインされました。ティオン・バルのあらゆるスポットに近いだけでなく、チャイナタウンやオーチャード・ロードへもタクシーで10分です。カップルや年配の一人旅に人気の、静かで緑豊かなホステルです。無料Wi-Fi、ウォーキング・ツアー、ホステル朝食の聖なるコンビ、ピーナッツバターとヌテラを使った24時間無料の朝食がある。

where to stay in singapore - thad's boutique hostel

サッズ・ブティック・ホステル

シンガポールのホステルをもっと比較する

6.ジャラン・ベサール:ストリート写真撮影に最適なシンガポール滞在エリア

ジャラン・ベサールもまた、カンポン・グラムの北、シンガポールのラベンダー地区に位置するヒップスター地区だ。マレー料理、中華料理、西洋料理が混在し、リトル・インディアに近いことからインド料理も少しある。この街のクリエイティブな人々の多くがこの一角に集まっている。カメラを持って、色とりどりの通りや、様々な文化が入り混じる街並み、歴史的なヒント、そして料理やコーヒーと同じくらい見た目も楽しい新しい飲食店を探索しよう。

where to stay in singapore -view of marina bay sands hotel from the water at sunset

📸:@dhruvywuvy

ジャラン・ベサールでの楽しみ方

リトルインディアの活気ある通りは、間違いなく少し探検を保証し、多くの顕著な寺院やモスク、多くのレストラン、フラワーショップ、壁画やダンロップロードとペタインロードに複雑にペイントされたショップハウスがあります。サキャ・ムニ・ブッダ・ガヤ・テンプル(Sakya Muni Buddha Gaya Temple)と道教のレオン・サン・シー・テンプル(Leong San See Temple)は通りを挟んだ向かい側にある。リトル・インディアの目抜き通り、セラングーン・ロードの見どころを巡りましょう。スリ・スリニヴァーサ・ペルマル寺院、スリ・ヴィーラマカリアムマン寺院、リトル・インディアの主要なヒンドゥー教寺院、アブドゥル・ガフール・モスク、カーバウ・ロードにあるリトル・インディア最後の現存する中国式ヴィラ、タン・テング・ニアは要チェックだ。

シンガポールは暑い、暑い、暑いので、冷たい水に全身を浸したくなったら、ジャラン・ベサール競技場に併設されたプールへ。ジャラン・バサールは、自転車ツアーやWok n’ Strollで街のグルメシーンを巡るツアーに参加するのにも最適な場所だ。Artifyは、アートやクラフトの教室を開催している楽しい場所だ!

ジャラン・ベサールでのベスト・スポット

パンケーキが食べたくなったら、The Bravery caféへ。おいしいコールドブリューコーヒーもあるので、探検の一日の燃料にぴったり。ザ・リファイナリー(The Refinery)は、コーヒーだけでも、ブランチ、ランチ、ディナーでも利用できるヒップなたまり場だ。焼き鳥の串焼きは多くの人を惹きつけてやまない。敷地内にはカクテルバー(もちろんシンガポールだ!)やクラフト工房もある。

リトル・インディアのテッカ・センターは、マレー料理や中華料理だけでなく、北インドや南インドのおいしい料理でお腹を満たすのに理想的な場所だ。Komala Vilasはリトル・インディアの名物で、伝統的なベジタリアン南インド料理をバーゲン価格で提供している。ラグナア・ベアフット・ダイニング(Lagnaa Barefoot Dining)では、靴を脱いで床のクッションの上でくつろぎながら、タリー(Tali)を食べることができる。シンガポールで最高のスープを求めるなら、ラングーン・ロードにあるティー・ハウス、ン・アー・シオ(Ng Ah Sio)をチェックしよう。スペアリブを胡椒の効いた濃厚なスープに入れ、ご飯と揚げパンを添えたものだ。腎臓を入れるとさらに本格的になる。手羽先、ハラペーニョ・ポッパー、チーズ・スティックなどの揚げ物を提供するクラフトビール・バー、ドラジスト(The Druggists)。ジャラン・ベサールは飲茶でも有名だ。ティルウィット通りにあるSwee Choonは、午後6時から午前6時までおいしい飲茶を提供する穴場レストランだ。パーティー後のごちそうにぴったりだ!

where to stay in singapore - little india

リトル・インディア, 📸:@charlpost

ベスト・ホステル in ジャラン・ベサール

リュックサック・イン(Rucksack Inn)は、無料の朝食、エアコン、屋上テラスとバーがあり、社交的な雰囲気を保証していることで人気がある。ドリーム・ロッジ(Dream Lodge)は、よく名前を選んだと思う。1950年代のショップハウスを改装したこのホステルは、シンガポールの見どころをすべて網羅する絶好のロケーションにある。このエリアは特にバックパッカーに人気があるので、一緒にビールを飲む相手に必ず出会えるだろう。フットプリンツ(Footprints)もかわいい選択肢のひとつで、毎日先着10名にわずか12.10ドル(6.90ポンド)でベッドを提供している。

where to stay in singapore -view of marina sands bay hotel at night from the water

マイク・エネリオ

シンガポールのホステルをもっと比較する

このインサイダーによるシンガポールの地域ガイドが、あなたの旅行やシンガポールでのストップオーバーのための夢のたまり場を見つけるのに役立つことを願っています。お勧めの地区に滞在したことがある方、またはバックパッカー仲間が気に入ると思われる、私たちが紹介していない地区を共有したい方は、コメントでお知らせください。シンガポールを楽しんでください!

続きを読む

究極のシンガポールバックパッカーガイド

シンガポールで最高のホステル17

🌟20ポンド以下でできる東南アジアでの10の素晴らしい体験

著者について

エイミー・ベイカーは『Miss-Adventures』の著者:A Tale of Ignoring Life Advice While Backpacking Around South America』の著者で、作家志望者を支援し、デビュー作家を支援する作家コミュニティ「The Riff Raff」の創設者。エイミーのツイッターはこちら

Get the App. QRGet the App.
Get the App. QR  Get the App.
Scroll to Top