ボローニャで無料でできる10のこと

ボローニャはそれほど大きな街ではなく、中心部は徒歩で快適に移動できる小さな街です。大学の街なので、夜やイベント、展示会には事欠きませんし、無料で楽しめることがたくさんあるので、あまりお金をかけずに週末を過ごしたい方には理想的です。
低料金の列車や飛行機で簡単にアクセスできるボローニャは 、比較的物価の安い都市です。さらに、私たちのヒントのおかげで、隅々まで探索し、たくさんの面白いことを無料で発見することができます!
ボローニャでの楽しみ方を見つける準備はできましたか?

  • ピエラ通りの窓から外を見る

ピエッラ通りには特別な窓があり、ここからモリーネ運河を眺めることができる。20世紀にアスファルトで舗装されなかった数少ない水路のひとつで、長い間、家々の間に囲まれて見えませんでしたが、今ではピエラ通りだけでなく、マルコンテンティ通りやオベルダン通りからも眺めることができます。

  • ある視点からネプチューン像を見る

6925894826_5cd03bef65_o
マッジョーレ広場にあるジャンボローニャ作の噴水をご存じだろうか。高さ3.20メートル、重さ22キンタルという巨大なネプチューン神を象徴する噴水で、「巨人」と呼ばれている。実は、ジャンボローニャは、像の大きさに見合った性器を作らないように命じられたという伝説がある。不思議だろう?

  • 特定の「コードレス電話」に向かって話す

パラッツォ・デル・ポデスタとパラッツォ・デル・レ・エンツォの間にある丸天井では、特に面白い音響効果を体験することができる。ここで、片隅に立って何かを言うと、反対側の隅で言われたことが聞こえるのだ。通り過ぎるたびにやってみるのも楽しいし、友達に恥ずかしいことを打ち明けたり、恋人に初めて「愛してる」と言うのにぴったりの場所かもしれない!

  • ポルティコ・ディ・ストラーダ・マッジョーレの3本の矢が見えること

この段落のタイトルからすでに想像がつくと思うが、私たちもこれからお話しすることにあまり納得していない。ストラーダ・マッジョーレのポルティコの木材には3本の矢が埋め込まれているようだが、それを証明する写真はあるものの、私たちはそれを見ることができなかった。しかし、このような特異な位置に3本の矢があることは、昔々、3人の山賊がブルジョワの従者を殺そうとしたが、矢を射ようとしたとき、窓から裸の少女が現れ、3人の山賊はその少女を見て気を取られたという話から正当化される。本当だろうか?私たちはそう想像したい!

  • サン・ルカ聖堂からボローニャを見る

24712804076_d1eebd822a_o
ボローニャにはたくさんのポルティコがあるが、その中でも最も長いポルティコがあり、それはサン・ルカのポルティコである。この数は、素人には悪魔の数としか思えないが、このポルティコは、聖域に押しつぶされた頭部を頂点とする蛇の体を表していると言われるなど、さまざまな寓話や物語を生んでいる。
これほど長く、これほど正確な数のアーチを持つこのポルティコの建設が綿密に練られたものであったかどうか、私たちは知る由もないが、一度歩き通して頂上に辿り着けば、その眺めは実に壮観であり、何度でも撮影するに値することは確かである。

  • ピッチ・マーケットへ

モンタニョーラ市場(Mercato della Montagnola)とも呼ばれるこの市場は、エミリア・ロマーニャ州全体とまではいかなくても、ボローニャで最も重要な市場のひとつである。 洋服、靴、バッグ、日用品はもちろん、お香やランプ、色とりどりの布地など、ちょっと贅沢なものも見つかる露店をぶらぶら歩いてみよう。商人たちと交渉するもよし、この市場が与えてくれる色彩と調和をただ楽しむもよし!大雑把に言えば、このマーケットは毎週金曜日と土曜日の「夜明けから夕暮れまで」営業している

  • ボローニャ大学の卒業式に出席する

いいえ、私たちはあなたに、勉強していなければおそらく理解できないような、退屈な学問的な講義に退屈するように勧めているのではありません。当直の学生が医師と宣言された後に起こるすべての出来事を目撃することである。実際、不運な学生のために一連の「いたずら」を仕組んだり、最も危なっかしい写真を街の壁紙に貼ったりするのは伝統的なことだ!例を挙げようか?有名な「パピルス」がある。友人や親戚が、卒業生と一緒に経験した面白いエピソードを韻を踏んで語り、それを間違えずに読まなければならない!クイズ」では、新卒業生が道行く人に、以前は決してしなかったような質問をさせられる!

  • パラッツィーナ・マジャーニを知る

ボローニャ中心部の通り、特にインディペンデンツァ通りを散策していると、周囲の建物の中でひときわ目立つ建物があることに気づくだろう。1908年にアール・ヌーヴォー様式で建てられたパラッツィーナ・マジャーニである。1908年にアールヌーボー様式で建てられたパラッツィーナ・マジャーニは、製菓会社の本社として建てられたもので、工房のほかにバールや舞踏会場も併設されている!そのユニークさとウィーンのサロンを彷彿とさせる事実のおかげで、すぐにボローニャのブルジョワの集いの中心となった。
この素晴らしい建物を見学し、ついでに階下のH&Mに立ち寄ることをお勧めする!

  • アナトミカル・シアターへ

人体解剖学が発見され始め、最初の外科手術が「解剖劇場」で行われたことはご存知でしょう。ボローニャにお越しの際は、かつてボローニャ大学があり、現在は市民図書館となっているBiblioteca dell’Archiginnasioの中にある、1637年に建てられたオリジナルの解剖劇場を見学されることをお勧めします。

  • サント・ステファノ広場の夕暮れ時の散策

6805959414_d9829a9a65_o
サント・ステファノ広場は、夏の夕方、大学生に最も人気のある広場のひとつです。 ここには多くのバーがあり、授業が終わった後にアペリティフやビールを楽しむことができます。この広場はとても美しく、特に夕暮れ時には感動的な眺めを提供してくれる。この美しい広場を散策してみてはいかがだろうか。この美しい広場をぜひ散策してみてください。
ご覧いただいたように、ボローニャには無料で楽しめるものがたくさんあり、そのどれもが非常に興味深く、この素晴らしい街を違った角度から発見させてくれるでしょう。一方、数ユーロを使いたい場合は、ブーニャでの楽しみ方をご紹介しましょう!
ボローニャで無料でできる10のこと:

  • ピエッラ通りの窓から外を眺める
  • ネプチューン像をある視点から見る
  • ある「無線電話」に話しかける
  • ストラーダ・マッジョーレのポルティコにある3つの矢印を見ること。
  • サン・ルカの聖域からボローニャを眺める
  • ピアッツォーラ市場を訪れる
  • ボローニャ大学の卒業式に出席すること
  • パラッツィーナ・マジャーニを発見する
  • 解剖学劇場を訪れる
  • サント・ステファノ広場の夕暮れ散策

Flickrの素晴らしい写真を提供してくれたRob OoTiberio FrascariEnrico Strocchi JJ_pegに 感謝する!

Get the App. QRGet the App.
Get the App. QR  Get the App.
Scroll to Top