夜のパリ:あらゆるタイプの旅行者のための7つのプラン

Language Specific Image

パリは恋するカップルのためだけにあると誰が言った?光の街は、友人たちとの逃避行にも最適だ。特に、一日中パリで最も特別で観光的なスポットを探検した後、ナイトライフを体験したいと思うならなおさらだ。夜のパリはとても楽しいからだ。日が沈んだ後のパリを楽しむ7つのプランをご紹介しよう:

心は豊かだが懐は貧しい旅行者向け

Paris plan de noche📷@mr.matonis

パリは世界一物価の安い街とは言えないが、私たち醸造家に一つあるとすれば、それは決して希望を捨てないということだ。バーの雰囲気を味わいたいなら、ラテン地区の中心にあるThe Wallがおすすめだ。ここではパイントビールが5€で飲めるので、この旅(そしてこれからの旅)に乾杯しよう!

場所:51 Rue Lacepede.

さらに安い方法としては、近くのスーパーマーケットに行き、缶ビール数本(ロマンチックな方はワイン1本)とおつまみを買い込んで、夜にピクニックをすること。

ディスコ旅行者のために

fiesta paris📷@helleiine

時にはシンプルなものこそ効果的。パリで最も楽しいダンスフロアをチェックしてみては?おすすめはこの2つの会場:

Le Queen: シャンゼリゼ通りにあるパリのナイトライフの名所。ル・クイーンでは、素晴らしい音楽、テーマ・ナイト、楽しい雰囲気が楽しめる。ドリンク付きで入場料は約20€ですが、女友達との旅行なら、水曜日のセッションをお見逃しなく。男性諸君、ごめんなさい

シャンゼリゼ通り102番地

Le Duplex(ル・デュプレックス):様々な部屋があるナイトクラブで、この街のエラスムス学生にとってはパラダイス。ドリンク付きで通常15ユーロ。

場所は?

カメレオン旅行者のために

gastronomia paris📷@caroline_elias

現地の人のように振る舞いたい、ジャングルのカメレオンのように環境に問題なく適応できる能力がある、という人は、本物のパリジェンヌのようにパリのナイトライフを体験したいと思うかもしれない。その場合、ワインを飲みながら食事(特にチーズやシャルキュトリー)をするのに理想的な“オ・ヴァン “バーをお見逃しなく。

ワイン1本が9ユーロ、チーズとシャルキュトリーの盛り合わせが14ユーロ。

シャルル・フランソワ・デュプイ通り6番地

反抗的な旅行者のために

pizzeria paris📷@lescurares.fanfare

反抗的な旅行者にお勧めの場所は、ピッツェリア「ダ・ヴィート」だ。そのように見れば、私たちがあまり笑えない冗談を言っていると思うだろう。しかし、そのピッツェリアを通り抜けて、コールドルームのドアの後ろに開く廊下をすり抜けて秘密のバーに行けと言えば、事態は変わり始めるのではないだろうか?ジャズ・セッションを聴きながら、禁酒法時代にタイムスリップして時間をつぶすことができる酒場、ムーンシャイナーだ。

場所はメトロ・バスティーユ。

非典型的な旅行者のために

Lucha Libre📷@gianna_schiralli

パリといえば、マルガリータを飲みながら、ラテン地区のリングでプロレスの試合を観戦する夜が思い浮かぶだろう。もしそのようなアイディアに魅力を感じるなら、金曜日の夜に “マッチョ “な試合が開催される不思議なメキシコ料理レストラン、ルチャ・リブレでそれを現実のものにすることができる。ビール3ユーロ、カクテル6ユーロのハッピーアワー(17:00~20:00)もお見逃しなく。

場所: 10 Rue de la Montagne Sainte Geneviève.

歌う旅人のために

karaoke paris📷@positive_vibes_maker

あなたが天使のように歌おうが、ノコギリよりも調子が悪かろうが、そんなことは問題ではない。カフェ・リーブ・ドロワットでは、あなたの中のリアーナ(あるいはノコギリでも構わない)を解き放つことができる。ひとつ確かなことは、その夜は伝説になるということだ。

場所は

ボヘミアン・トラベラー

cafeteria paris📷@ella_qui_vit_a_paris

正直なところ、1900年代初頭のボヘミアン・パリはほとんど残っていない。とはいえ、「ほとんど残っていない」というニュアンスには注意しよう!私たちは運がいい!あなたのボヘミアンなパリの夜はアブサンの一 杯から 始まるかもしれないし、ひょっとしたらインスピレーションに支配されて、19世紀の新しいボヘミアン詩人になってしまうかもしれない!本格的なパリの夜を楽しむなら、以下の場所をチェックしてみよう:

– ヴェール・ダブサン:オルメソン通り11番地
Marlusse et Lapin: ジェルマン・ピロン通り14番地。
著者について
「旅行、美食、芸術はロベールとレティの大いなる情熱である。彼らはビルマで朝日を拝み、フィリピンでヤギを屋根に乗せたバスに乗り、ニュージーランドで天の川を浴び、…彼らのブログwww.mochileandoporelmundo.com。彼のモットー:多くの人があなたの夢と同じ夢を見るなら、もっと夢を見よう!
この記事が気に入ったら、次の記事もお読みください:

Get the App. QRGet the App.
Get the App. QR  Get the App.
Scroll to Top