東南アジアで20ポンド以下でできる10の素晴らしい体験

Language Specific Image

お金に困っていますか?予算が限られている冒険好き?旅に出たいけれど、’gam’で見たような体験に参加する余裕がないと悩んでいませんか?ご心配なく。バックパックと航空券と20ポンドさえあれば、東南アジアで最高の体験ができる。

1.料理教室

家に帰って、友人や家族のためにおいしい麺料理を作らなければ、本当にアジアに行ったとは言えない。料理教室に参加して、お気に入りの料理の作り方を学んでみませんか。多くのホステルでは実際に料理教室を開催していますし、そうでないホステルでも正しい方向を教えてくれるはずです。

まずは先生と一緒に市場に行って新鮮な食材を手に入れ、それから厨房で地元の名物料理を実際に作ってみましょう。ベトナムでは生春巻き、マレーシアではお祝いのレンダン・カレー、そしてもちろんタイでは完璧なパッタイを作りましょう。大切な人を感動させること間違いなしの料理の専門知識を身につけて帰国しましょう。

best experiences in southeast asia - cooking class

📷@vikttr

おすすめの料理教室

2.キャニオニング

スリル好きにはたまらない。大きな岩から15メートルの高さから飛び降りるのだ。ヘルメットとライフジャケットがもらえるし、フィリピンで私が一番好きなことのひとつだ!キャニオニングは、滝の上までトレッキングし、岩や崖の端からアブセイリングやジャンプで下るというものだ。キャニオニングは、アドレナリン中毒者にとって楽しい一日で、お金もかかりません!

お勧めのキャニオニング

  • フィリピン、カワサン滝料金:1300PHP(19ポンド)

3.サーフ・レッスン

バリのビーチにある世界的に有名なブレイクからフィリピンのクラウド9にある伝説的なバレルまで、東南アジアの暖かい海はサーファーにとって夢のような場所だ。フィリピンは最も安く学べる場所のひとつで、シアルガオ島は人気のスポットだ。ここのインストラクターはサーフィンを生業とし、島を知り尽くしているので、レベルに合ったベストスポットに連れて行ってくれる。

ジャワ島の漁村、バトゥ・カラスはインドネシアの隠れたサーフィンの宝庫で、波は素晴らしく、生活のペースはゆったりとしている。

タイのプーケットにも初心者向けのサーフィンがある。

best experiences in southeast asia - surf lessons

📷@alissaimwunderland

おすすめのサーフィンレッスン

  • シアルガオ、フィリピン – 平均料金:ボードレンタル1時間200PHP(3ポンド)、レッスン2時間1,100PHP(16ポンド
  • バトゥ・カラス(ジャワ島):平均料金:ボードレンタル75,000 IDR(4ポンド)、2時間レッスン300,000 IDR(16ポンド
  • タイ、プーケット – 平均価格:ボードレンタル1時間200THB(5ポンド

4.ハイキング

片足を動かすのにお金はかからないのが普通だが、自然の美しさを保護し維持するために、最高のハイキング・ルートは小銭を要求するのが普通だ。チェンマイ郊外にあるドイ・ステープ国立公園には、標高1685mのタイ最高峰があります。何マイルも続くトレイル、滝の数々、美しい景色は、ハイキング愛好家にとって夢のような場所です。

バリ島のバトゥール山は、体力に関係なく簡単に登ることができ、晴れた日には日の出を見るのに島で最高の場所のひとつだ。

ベトナムのサパ渓谷は、複数日のオプションがある壮大なトレッキングコースだ。小銭を節約しながらもトレッキングを満喫するには、トレッキングには参加するけれど宿泊は自分で手配するという方法もある。そろそろウォーキング・シューズを出そう!

best experiences in southeast asia - take a hike

📷@reneegoesroaming

おすすめのハイキング

  • ドイ・ステープ、チェンマイ、タイ – 料金:入園料300THB(7ポンド
  • バトゥール山、バリ島、インドネシア – 料金:27万5000IDR(15ポンド)
  • ベトナム、サパ渓谷 – 料金:2泊で1,000,000 VND (£54) – 予算オーバーですが、自分でホステルを手配して料金を節約しましょう!

5.食、栄光の食

もしあなたが私のような人なら、食べ物は旅行/出費/生活リストの一番上に来る。新しい街で何から始めたらいいのかわからない場合、ウォーキング・フードツアーは地元の料理を知るための素晴らしい方法だ。お得な値段で目的地のおいしいスイーツを試食でき、さらに普段は見られないような街の一面を見ることができる。バックパッカーにとっては、おいしい掘り出し物だ!

best experiences in southeast asia - food

📷Quốc Trung

おすすめグルメツアー

6.フィットネス

旅先で健康を維持するのは難しいことです。幸いなことに、心拍数を上げながら地元の文化や伝統に参加できる方法がある!

タイでは、ムエタイクラスでリングに上がり、アッパーカットで(春巻きの)巻き寿司を食べましょう。2時間のセッションでわずか7~10ポンド。汗を流しタイ文化に欠かせない尊敬される部分を学ぶには最高の方法だ。

ヨガは多くの東南アジア諸国で行われており、忙しい旅行スケジュールの合間に一息つくのに最適な方法だ。ヨガリトリートに何週間も滞在する旅行者もいますが、そんな時間(または予算)がない場合は、多くのホステルが無料のクラスを提供しています。心と体に癒しを!

泳ぐのが好きなら、プールから上がって海に向かってみましょう。世界で最も美しいビーチのいくつかがある東南アジアは、ウォーターベイビーの憧れの地です。マレーシアのペルヘンティアン諸島にパラダイスの一片を求めに行き、16kmの大水泳に参加しよう。あるいは、近くのビーチに行くのもいい!

best experiences in southeast asia - keep fit

📷@ktdzilla

おすすめのフィットネスオプション

7.パンパータイム

全身マッサージやマニペディを受けながら、夕食のお釣りが出るなんて、世界のどこを探せばいいのだろう?東南アジアでは、小銭で甘えることができる。

タイでは、タイ式マッサージは60分で約7ポンド。タイマッサージを受けたことがない人は、徹底的なスポーツマッサージとスパを掛け合わせたものを想像してほしい。ちょっと痛いけど、すっかり若返った気分で帰れる!マッサージ店は街のいたるところにあり、どこもとても安いので、気に入ったところを選んでください。

バリのスパは死ぬほど素晴らしいですし、それはあなたがもう少し贅沢をしたい場合に行く場所です。エッセンシャルオイル、顔面騎乗、完全なリラクゼーションを味わえる。

マレーシアには中国文化が根付いているため、クアラルンプールの鍼治療センターは世界でもトップクラスだ。

best experiences southeast asia - pamper time

📷@anes_thetize

おすすめの甘やかし方

  • タイマッサージ – タイ、バンコク。料金:300THB(7ポンド)
  • スプリング・スパ– インドネシア、バリ島。料金:生フェイシャル 350,000 IDR (£18)
  • Tabib Yong Kwek Sing Acupuncture– マレーシア、クアラルンプール。料金:1セッション30MYR(6ポンド

8.スクーターを借りて散策

東南アジアには無料で楽しめる見どころがたくさんある。30度の暑さの中、何台目かの公共バスに押し込まれた後、自分の車輪が欲しいと感じるかもしれない。幸運なことにスクーターはどこにでもある。運転も簡単で、レンタル料も安く、好きな時に好きなものを自由に見ることができる。

ベトナム北部のハジャン・ループ(Ha Giang Loop)は、バイカーに人気の4~7日間のコースで、美しいハイヴァン峠(Hai Van Pass)は初心者向けのルートだ。

タイ北部のパーイ周辺でのんびりと時間を過ごすなら、メーホンソン・ループがすぐ隣にあり、山々や周囲の景色の素晴らしい景色を楽しめる。

タヘック・ループ(Thakhek Loop)では、ジャングルの谷間や峠、洞窟や滝を走りながら、ラオス中央部を3~7日間かけて走る風光明媚な旅が楽しめる。ヘルメットの着用と運転免許証の携帯をお忘れなく。安全第一だ!それと、ハノイのような慌ただしい街でレンタルするのは、プロでない限りやめてくださいね。

best experiences southeast asia - Rent Scooters and Explore

おすすめのスクータールート

  • ハジャン・ループ(ベトナム
  • メーホンソーン・ループ、タイ
  • タケク・ループ、ラオス

9.格安酒

バックパッカーが一杯や二杯の酒を好むことは誰もが知っている。長い一日の探検の終わりにビールを飲むのが好きなら、東南アジアではロンドンの平均的なパイントの値段で6杯ほど買えることを知って喜ぶだろう。バリのビンタン、フィリピンのタンドゥアイ、タイのチャンズ、満月のバケツなど、ほんの小銭で買えるのだ。10円で夜の外出ができることを想像してみてほしい!

best experiences southeast asia - Budget Boozing

おすすめのお酒

  • フルムーン・パーティー – パンガン島。料金:悪名高い酒バケツで100バーツ(2.50ポンド)前後。
  • レディース・ナイト – クアラルンプール – 毎晩異なるバー(ググってみて!)女性は無料で飲める。
  • パブストリート – シェムリアップ – 地ビールが50Pから!

10.ローカル・エンターテイメント

毎晩お酒を飲むのは嫌かもしれないが、夜を最大限に楽しむことはできる。タイのドラッグ・キャバレー、ベトナムの水上人形劇、フィリピンの朝6時までのカラオケなど、日没後の楽しみには事欠かない。無料のものもあれば、チケット制のもの、ビールを買うだけで入場できるものなど、予算重視のバックパッカーでも楽しめるものがたくさんある。

おすすめのローカルエンターテイメント

スリルが好きな人も、グルメマニアの人も、膝を突き合わせて楽しむのが好きな人も、東南アジアなら20ポンド以下で楽しめる。チケットを予約して、計画を立て始めよう!

👇🏼 を読み続ける

⭐️ 東南アジアのバックパッキング

⭐️ 東南アジアのベスト・パーティー・スポット

著者について

フリーライター、ピーナッツバター愛好家、旅行好き。現在は、フルフェイスのシュノーケルと4足の不要な靴を携えて、南半球を行き当たりばったりで回っている。The Ten Pound Traveller』の著者で、10ポンドで世界中を旅できる格安旅行ブログ。インスタグラム@abbiconnorで彼女を見つけることができる。

Get the App. QRGet the App.
Get the App. QR  Get the App.
Scroll to Top