究極のイタリア・パッキング・リスト

ローマの街を歩き、ベネチアでゴンドラに揺られ、ミラノで思い切りショッピングを楽しみ、トスカーナのブドウ畑を巡る!と、あなたは思う。

荷物は多ければいいというものでもない。重量制限を取り締まる航空会社が増えている今、何通りもの着こなしができる服、特に靴を戦略的に選ぶことで、スペース(とストレス)を節約しよう。さらに、ホステルに向かう途中、石畳の道を引きずったり、地下鉄の階段を上ったりするのに、スーツケースが一つもないのはうれしいことです。

シャツ、ズボン、靴下など、基本的なものは自分で揃えることになる。家で必要なものは旅でも必要だし、私たちはあなたが自分で服を着ると信じている。しかし、スニーカー4足、サンダル3足、ヒール2足、水着6着は本当に必要ない。

ということで、ここではイタリアに必要なものをご紹介します。ハイシーズンも、ローシーズンも、ビーチも、美術館も、山頂も。

what to pack for italy - Florence

フィレンツェ

イタリアのアクセサリー

サングラス –これさえあれば、イタリアをじっくりと眺めることができる。

スカーフ –夏は教会で羽織るのに最適で、冬はもう一枚羽織るのに実用的。

帽子 –スーツケースには、季節に合ったヘッドウェアを入れるスペースが常にある。夏には帽子があれば、家に帰って写真を撮るたびに 目を細めていることに気づかずに済む。冬はファッションのアクセントにもなるし、機能的なイヤーウォーマーにもなる。万が一スーツケースに入るスペースがなくても、飛行機の中でかぶっておけば、お昼寝の時間になったら座席の下にしまっておける。

盗難防止用財布/盗難防止用バッグ/マネーベルト –

Sshh!... This is a secret

Discover the "next hot backpacker destination" this 2024.

Just so you know, we will be able to see if you open our emails to help us monitor the success of our marketing campaigns. You will find further details in our data protection notice.

最もファッション性の高いアクセサリーではないかもしれないが、駅やバスの中で現金をなくさないようにするのであれば、持ち歩く価値は間違いなくある。

夏の服装

冬であれば、教会や大聖堂、バチカンにふさわしい服装についてあまり心配する必要はないかもしれないが、夏は肩や膝が隠れるような控えめな服装をいくつか用意しておくとよい。タンクトップ、ストラップレスのシャツ、ミニスカート、ショートパンツはNG。代わりに、ゆったりとしたTシャツ、カプリ、膝丈のスカートなどを選ぶとよい。

ダウンジャケット –特にコンパクトに収納できるダウンジャケットを。笑ってはいけない。夏でも、イタリアのどの地域を訪れるかによって、夜の気温はかなり下がることがある。コンパクトに収納できるダウンジャケットは、荷物やデイパックの中で場所を取らず、シワにならないので完璧なソリューションだ。

薄手のセーター –7月にダウンジャケットはちょっと…という方は、せめて薄手のセーターを用意しましょう。本当に、すべての読者を探し出すのは難しいし、私たちにはそんなに自由な時間はない。

ウォーキングシューズ –バンズやコンバースは家に置いておいて、町の歴史的な部分の凸凹道からあなたの足を守るために、よりクッションとサポートのある靴を選ぶ。石畳の上を一日歩いたら、足に感謝することだろう。

ビーチサンダル –ビーチやホステルでのダウンタイムに。

what to pack for italy - Cinque Terre

マナローラ

冬服

タッチスクリーン手袋– 寒くなっても社交の時間は止まらない。快適でスタイリッシュにマップを閲覧、「いいね!」、「お気に入り」、ナビゲート。

防水ブーツ– せっかくのホリデー・パレードに雨が降るのは誰だって嫌なもの。しかし、万が一雨が降らなくても、一日中濡れた靴下で歩き回らないように防水ブーツを用意しておくと安心だ。

防水ジャケット – 乾燥した日のために、夏のリストにあったコンパクトに収納できるダウンジャケットを借りたいかもしれないが、ダウンジャケットはびしょ濡れになることを想定していない。汎用性の高い防水ジャケットや厚手のウールコートを用意しておけば、どんな雨天にも対応できる。

重ね着、重ね着、重ね着 – これは聞いたことがない話ではないかもしれないが、重ね着は本当に便利だ。確かに、数分後にまた着るためにすべてを脱がなければならないのは煩わしいが、電車を待っている間に地下鉄で汗だくになったとき、何枚か羽織れるレイヤーがあると嬉しいものだ。

what to pack for italy - Rome

ローマ

エレクトロニクス

アダプター– 携帯電話の充電器を持参することは、基本中の基本である。特に、フラットアイロンやドライヤーのようなものは、電圧が低く設計されていることが多いので、アメリカやカナダから来る場合は電圧に注意してください。

ポータブル充電器– 安価なポータブル充電器でも、iPhoneを最大9回フル充電できるものもある。1日に何度もコーヒーショップで携帯電話を充電する必要がなくなれば、ストレスが軽減されることを想像してみてほしい。

スマホカメラレンズ– オンラインでは約15USドル(13ユーロ)から購入できるこのレンズは、既存のカメラレンズの上にスマホをクリップで留めるもので、アマチュア写真家をインスタのスターに変身させる力がある(結果は異なる場合がある)。

携帯電話スタンド– 充電が必要な夜には、携帯電話スタンドが本当に便利だ。上の段の人がもう1つだけ必要なものを取りに行くたびに携帯が倒れることなく、ベッドで映画を楽しめます。

ヘッドフォン– ホステルで映画を楽しむときに使う。そんな男にならないように。

what to pack for italy - Venice sunset

ベニス

その他

マイクロファイバータオル– コンパクトで便利なマイクロファイバータオルは、乾きが早いので、ホステルでの最後の晩のシャワーに最適。ビーチタオルやピクニックのブランケットにもなります。

フィルター付きの水筒– イタリアでは水分補給がとても大切です。特に夏の暑い時期は、観光やジェラートを食べていると脱水症状になりがちです。ローマには、1870年代に遡るシステムで運営されている「ナソニ」(文字通り「大きな鼻」を意味する)と呼ばれる公共の飲料水飲み場があることで知られている。この水は地元の家庭で使われている水と同じなので安心して飲めるし、フィルター付きの水筒があれば使い捨てのペットボトル代を節約して無料で水を補給することができる。

救急箱– 母親のように口うるさく言うつもりはない。必要なのは、20キロを走る日に水ぶくれができることだけ

– 雨でも晴れでも、傘があれば大丈夫。

もし何か持っていこうか迷っているなら、持っていかなくていい。どう考えても必要ないだろうし、もし必要なら旅行中に買ってお土産として持ち帰ればいい。でも、ついでにパッキング・キューブにも事前に投資しておいて ください。

what to pack for italy - Trevi Fountain

ローマ

続きを読む⬇️

🌟 ベネチアで滞在するのに最適なエリア

🌟 究極のバックパッカー向けイタリアガイド

🌟 この夏、イタリアで訪れるべき22のベストスポット

Get the App. QRGet the App.
Get the App. QR  Get the App.
Scroll to Top