Hostelworld Meet The World レポートのご紹介…

Language Specific Image

world

フランス人とドイツ人、どちらがより多くの国に行ったことがある?ドイツ人です世界の旅行者が行きたい国は?オーストラリアです。私たちはこれを単なる作り話ではなく、「HostelworldMeet The World Report」と名づけたちょっとした調査を行ってきました。

世界の旅行トレンドを知るのに、人に聞く以上の方法があるだろうか?そこで私たちは、7カ国それぞれ1,000人の人々に、行ったことのある場所、行きたい場所、会いたい人、その他さまざまな質問をしてみました。

では、私たちはどこに行ったことがあるのだろう?

まあ、予想通り、私たちの母国に近い国々がその点では勝っている。英国の成人の68%がフランスに行ったことがあり、最も訪れたことのある旅行先であることがわかった。一方、ドイツ人の54%がオーストリアを訪れたことがあり、最も訪れたことのある国となっている。また、アメリカ人(26%)にとってはカナダが、ブラジル人(21%)にとってはアルゼンチンが、韓国人(41%)にとっては日本が最も人気のある国であった。

オーストラリア人が最も訪れた国?いや、ニュージーランドではない。実はオーストラリア人の25%がイギリスに行ったことがあるのだ。オーストラリア人は、長距離旅行がそれほど難しくないことを証明している。アメリカ(24%)はニュージーランドと同率2位で、フランス(23%)、ドイツ(18%)、イタリア(18%)といったヨーロッパ諸国も行ったことがある国の上位にランクインしている。

しかし、私たちはどこに行きたいのだろうか?

隣国よりも遠くへ行きたいという願望が強いことがわかった。イギリスでは、オーストラリアが38%で行きたい国ランキングのトップになった。これは共通の傾向で、ドイツとアメリカもオーストラリアを行きたい国のトップに挙げている。

このカテゴリーでオーストラリアが世界的な勝者となったとはいえ、アメリカは僅差で続き、オーストラリア、ブラジル、韓国の「行きたい場所」ランキングでトップとなった。全体として、アメリカは22%の人が行きたい場所として挙げ、23%の人が行きたい場所として挙げたオーストラリアにわずかに及ばなかった。

beach

誰に会いたいか?

本当に訪れたい国を尋ねたところ、アメリカはオーストラリアに先を越されたかもしれないが、旅行者が海外で最も会いたいのはアメリカ人であることがわかった。オーストラリア人は17%、イギリス人は14%だった。

アメリカ人はブラジル人、韓国人、フランス人に選ばれ、オーストラリア人はドイツ人、アメリカ人、イギリス人、そして興味深いことに他のオーストラリア人に選ばれた。なるほど。

しかし、問題は、あなたはどこに行ったことがあり、どこに行きたいのか、ということだ。

Get the App. QRGet the App.
Get the App. QR  Get the App.
Scroll to Top