あなたを愛していますが、旅は私のソウルメイトです – 公開書簡

親愛なる人へ:残された人への公開書簡…

私が旅立つと言ったとき、どこに向かうのかわからなかった。ただ、行かなければならないと思った。

あなたは面白そうに微笑みながら、悲しげな目で私を見ていた。居心地のいい場所から抜け出し、自分の人生を生きる必要があるという私の興奮した戯言は、あなたを混乱させた。ここでの生活はすでに良かったのでは?

私は胃の中にあるこの結びつきを正当化しようと、100万の理由を述べた。私の心は新しさ、見たことのない土地、会ったことのない人々に憧れていた。説明するのは簡単ではなかった。自分勝手だと思った。たぶん私は利己的なのだろう。

これからダイビングを習いに行くタイの島々や、登りに行く山々について、私はできる限り詳しく話した。でも、私には何もわからなかった。あなたはそれを察して、心配してくれた。あなたは私に、これが本当に私が望んでいることなのかと尋ねた。わからなかったけど、とにかくイエスと答えた。

私たちは話をしたが、私の心はすでに決まっていた。どうするつもりかと聞かれ、バスや電車、予算についてあれこれ話した。正直なところ、どうやって生きていけばいいのか見当もつかなかった。他の人と話すこともなく、病気で孤独になり、ただただやっていけるのかという不安がたくさんあった。おそらく私は、Googleで見つけた感動的な画像を共有しながら、1つのホステルにこもって1年を過ごすだろう。

そんな不安の中で、あなたは私を支えてくれた。あなたの励ましと愛の言葉は、私に冒険を追いかける青信号を与えてくれた。あなたがいなければ、私の旅は決して実現しなかったでしょう。

私たちは泣き、抱き合い、手紙や連絡を取り合う約束を交わした。あの頃でさえ、心の底では、物事が二度と同じようにはならないことを知っていた。

でも、とにかく私は旅立った。

私はそれができることを学んだ。旅は特権であり、永遠に感謝している。不安は消え去り、毎日感じる驚きと自由こそ、私が駆けつけていたものなのだ。

私は変わってしまった。私は私であることに変わりはないけれど、違う自分でもある。私は旅行生活が大好きで、満足し、平穏であることを学んだ。あなたの本質的な平穏がうらやましいけど、私は自分の平穏を見つけるために旅立たなければならなかったことを理解してほしい。

あなたを愛していますが、旅も愛しています。

Xxx

ゲスト執筆者であるジョアンナ・ウィテカーの旅と冒険については、visionsofjohanna.orgと彼女のInstagramをご覧ください!

📷:@ic.theworld

Get the App. QRGet the App.
Get the App. QR  Get the App.
Scroll to Top