アート愛好家:パリの最高の美術館を安く(または無料で)発見しよう!

パリが愛の街であることは言うまでもない。ある人は石畳のネオ・ゴシック様式の街並みで、またある人は食欲をそそる、時には冒険的な(カタツムリのことだ)パリ料理に愛を見出す。私のように、愛は別のところにある。フランスの首都は、何千年にもわたる歴史、文化、芸術に驚嘆し、刺激を受ける場所だ。パリのワールドクラスのギャラリーや美術館を訪れれば、エジプト人やローマ人と一緒にタイムスリップしたり、印象派の絵画に魅了されたり、ピカソの豊かな色使いに催眠術をかけられたり、あるいは単に建築物に目を奪われたりすることだろう。

パリは美しく、印象的で幻想的であると同時に、圧倒される場所でもある。どんなにスケジュールが詰まっていても、1回目、2回目、3回目の旅行では、すべての宝物を見たり、すべての美術館を回ったりすることはできないだろう。予算が限られている人や、ロンドンやベルリンの美術館の入場料無料に慣れている人にとっては、ここの入場料は少々高いかもしれない。そこで、パリで絶対に外せない美術館のリストをご紹介しよう。

1.ルーブル美術館

これは間違いない。ルーブル美術館は、パリで最高の美術館であるだけでなく、約35,000点もの工芸品や美術品が展示されている世界最大の美術館でもある。1793年に美術館として一般公開されるまで、元々は要塞として、そして王宮として使用されていたこの美術館は、文化、芸術、歴史、建築ファンにとって宝の山だ。レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」、ボッティチェリの傑作、ミロのヴィーナス像、古代の遺物など、誰もが楽しめるものがある。

注意しなければならないのは、一度の訪問ですべてを見ることはできないということだ。美術館は3つの巨大な棟に分かれており、ギャラリー、階段、廊下が迷路のように入り組んでいる。事前にリサーチして、何が必見かを決めておこう。そうすることで、訪問がより楽しくなり、数時間後に疲れ果てて、膨大なコレクションに負けてしまうこともなくなるだろう。

入場料:40ユーロ

18歳未満または18歳から25歳までのEU加盟国出身者は無料。常設コレクションは10月から3月までの日曜日は誰でも無料。

www.louvre.fr

Best Museums in Paris - The Louvre

魔法の美術館📷:@sara_okolbeseder

Best Museums in Paris - The Louvre

巨匠たちを熟読する📷:メリッサイシング@melissaissing_

Sshh!... This is a secret

Discover the "next hot backpacker destination" this 2024.

Just so you know, we will be able to see if you open our emails to help us monitor the success of our marketing campaigns. You will find further details in our data protection notice.

2.オルセー美術館

ルーヴル美術館に次いで、このギャラリーは見逃せない。ルーヴル美術館のコレクションが終わる1848年頃から始まり、象徴主義から写実主義、彫刻から写真、世界最大の印象派コレクションまで、60年あまりの美術史が展示されている。モネ、ゴッホ、ドラクロワ、セザンヌ、コルベット、コローなどの芸術的才能に驚嘆してください。

魅力は作品だけではない。この美術館はもともと、1900年にヴィクトル・ラルーが設計した宮殿のような駅舎だった。2011年に改修工事が行われ、レストランと外の展望台が追加された。モンマルトルの頂上にあるサクレ・クール寺院の壮大な眺めを堪能しに、ぜひ足を運んでみよう。

入場料:16ユーロ。

18歳未満または18歳から25歳までのEU加盟国出身者は無料。毎月第1日曜日は無料、木曜日の夕方6時からは9ユーロ。

www.musee-orsay.fr

Best Museums in Paris - Musée d’Orsay

この元駅のなんと美しいことか!📷@ashjwick

Best Museums in Paris - Musée d’Orsay

世界最大の印象派作品コレクション📷:ルーデナナ

3.国立ロダン美術館

彫刻と現代性がお好みなら、ここはパリで最高の美術館のひとつ。フランスを代表する彫刻家オーギュスト・ロダンが晩年を過ごした邸宅には、彼の膨大な作品コレクションが展示されている。邸宅は18世紀に遡り、「バルザック」、「カレーの騎士」、「地獄の門」などの作品が展示され、19世紀後半の彫刻に革命をもたらした彼の足跡をたどることができる。

ロダン美術館の至宝は、美しく穏やかな庭園にある:考える人」。ロダンの最も重要な作品のひとつである。ロダンのプライベート・コレクションであったカミーユ・クローデルやフィンセント・ファン・ゴッホの作品も展示されている。

入場料:14ユーロ

25歳以下は無料。

www.musee-rodin.fr

Best Museums in Paris - Musée National Rodin

写真のように可愛い📷:ケリーライン

Best Museums in Paris - Musée National Rodin

ポーズを決める📷:アッシュモーデル

4.ピカソ美術館

ここは個人的に大好きな美術館のひとつで、ここを抜きにしてパリの美術館リストは語れない。ここにある作品のバラエティと美しさは信じられないほどだ。パブロ・ピカソの絵画、素描、版画、陶芸作品、彫刻など5000点以上が展示されている。この驚異的なコレクションは、ブルーとピンクの時代を経て、キュビスムとモダニズムの基礎を築いたスペイン人芸術家の変遷をたどっている。美術館は、ピカソが生涯の大半を過ごし、制作に没頭した場所からほど近い、市が所有する素晴らしい個人邸宅、オテル・サレ内にある。

入場料:12.50ユーロ。月曜休館。

学生なら11ユーロ。日曜日は無料。

www.museepicassoparis.fr

Best Museums in Paris - Musée Picasso

素敵なオテル・サレ📷:@melody_clox

Best Museums in Paris - Musée Picasso

ここで君を見ている📷:@blumeblumee

5.グラン・パレ

エッフェル塔や凱旋門の上から見たガラスのドームを覚えているだろうか?これこそがグラン・パレであり、外から見るのと同じくらい、内側から見ても素晴らしく印象的であることが確認できる。実際、ヨーロッパ最大のガラス屋根だ!1900年の万国博覧会のために建てられたこの贅沢なモニュメントには、変化する美術展と科学博物館がある。グラン・ナヴェでは10月にFIACアートフェア、11月にParis Photoが開催され、それ以外の季節は様々なアートや写真のイベントが開催される。展覧会をチェックする気がなくても、この宮殿のような建物の内部を見ずしてパリを去ることはできない。

入場料:展覧会によって異なる。

💸 象徴的なホワイエへの入場は無料。

www.grandpalais.fr

Best Museums in Paris - Grand Palais

モヌメンタ2016📷:@yannaudino

アーヴィング・ペン📷:@honeybunnyhoneyhoneyho

6.マルモッタン=クロード・モネ美術館

この美術館はパリの隠れた名所のひとつで、パリの美術館の中でも少し人里離れた場所を探している人にはぴったりの場所だ。印象派のパイオニア、クロード・モネの最大の作品コレクションを展示しており、そのほとんどがモネの家族から寄贈されたものだ。なかでも、印象派の名前の由来となった「印象派、ソレイユ・ルヴァン」は必見だ。ジヴェルニーの水庭の生き生きとした作品や、ルノワール、マネ、ピサロといったモネと同時代の画家たちの作品もぜひご覧ください。

入場料:14ユーロ

25歳以下は無料。

www.marmottan.fr

Best Museums in Paris - Musée Marmottan - Claude Monet

モネの前に佇む小さな女の子(愛してくださいとお願いしている) 📷:フォークレイン

Best Museums in Paris - Musée Marmottan - Claude Monet

L’Amour et Psyché 📷:リフネス

7.ポンピドゥー・センター

大胆な原色、むき出しの配管、金属製の階段の吹き抜けなど、印象的なファサードから想像がつかないかもしれないが、ポンピドゥー・センターはあらゆるモダンアートに特化している。1977年の開館当時は画期的なものであったが、現在もなお、様々な分野にまたがる空間利用や、ヨーロッパ最大の現代美術コレクションを所蔵していることから、その名声は衰えていない。5,000人のアーティストによる50,000点の作品が収蔵されているが、常時展示されているのは600点ほどである。センターには美術館、図書館、展示スペース、パフォーマンス・スペースがある。料金はお目当てのものによって異なる。

美術館入館料:€15。

学生なら11ユーロ。フォーラム内部への入場は無料だが、象徴的なエスカレーターを上るには料金がかかる。

www.centrepompidou.fr

Best Museums in Paris - Centre Pompidou

アート – 何か宣言することはありますか?📷 @minkaguides

Best Museums in Paris - Centre Pompidou

ギフトショップを通って出る📷:カラーイントリップ

8.装飾芸術美術館

ファッション、デザイン、調度品に目がない人のメッカ。装飾芸術美術館はルーブル美術館の脇の棟にあります。アート、ファッション、広告の3つのデザイン分野を網羅している。ファッションとテキスタイルのセクションには、なんと86,000点ものファッションアイテムやスケッチが展示されている。有名どころでは、シャネル、ピエール・バルマン、クリスチャン・ディオン、イヴ・サンローランなどの作品が展示されている。広告のセクションは、ポスターアート、映画、新聞広告、宣伝用資料など、新旧を問わず数千点が展示されている。新しいメディアや、私たちが日常的に目にしているアートに興味のある人にとっては、パリで最高の美術館のひとつだろう。

入場料:展覧会によって異なる。

www.lesartsdecoratifs.fr

Best Museums in Paris - Musée des Arts Décoratifs

素晴らしい展示会📷:@nicolecoullier

Best Museums in Paris - Musée des Arts Décoratifs

ディオールにやられた… 📷:@angie_m.t

9.国立モヤン・エイジ・テルム美術館

ここでは、街の主要なアトラクションとは一線を画す特別なものを見つけることができます。単にクリュニーと呼ばれるこの親しみやすい美術館は、展示されている素晴らしい中世の宝物を通して、フランスの歴史について違った見識を与えてくれます。建物自体は15世紀のゴシック建築の一例で、人里離れた場所にあり、パリで最も素晴らしいローマ浴場跡のすぐ上にある。これだけでも一見の価値がある。しかし、本当の主役は、美しい中世の彫刻やエナメル細工の中にある「貴婦人と一角獣」のタペストリーである。

入場料:12ユーロ。火曜休館。

学生は10ユーロ。第一日曜日は無料。

www.musee-moyenage.fr

Best Museums in Paris - Musée National du Moyen-Age-Thermes

風化した美しい中世の彫刻📷:@monica__st

Best Museums in Paris - Musée National du Moyen-Age-Thermes

古い学校の教科書📷:マディソン・クロエ34

10.ジャックマール・アンドリュー美術館

この素晴らしい19世紀の邸宅は、19世紀の美術愛好家、エドゥアール・アンドレとその妻ネリー・ジャックマールの作品である。二人は人生の大半を、芸術の宝物を求めてヨーロッパを探し回ることに費やした。重厚なサロンや音楽室を歩くと、様々なレンブラント、ボッティチェリの聖母子、ティエポロ、ブーシェ、フラゴナール、ナティエなどのフレスコ画を目にすることができる。エレガントなティールームでのランチやケーキで、見学を締めくくりましょう。

入場料:16ユーロ、13ユーロ。

www.musee-jacquemart-andre.com

Best Museums in Paris - Musée Jacquemart-Andrew

ぬいぐるみAF📷:@carlos_f_lieja

Best Museums in Paris - Musée Jacquemart-Andrew

本物そっくり📷:レソリガミスダメリー

11.ニシム・ド・カモンド美術館

この邸宅に展示されている家具、絵画、タペストリー、銀食器などのコレクションで、18世紀にタイムスリップしてみませんか。ユニークで貴重な品々は、この時代にパリがヨーロッパの美術品取引の中心であったことを浮き彫りにしています。建物自体は、ヴェルサイユ宮殿の小トリアノンにインスピレーションを得たものです。

入場料:12ユーロ、割引料金9ユーロ。

www.lesartsdecoratifs.fr

Best Museums in Paris - Musee Nissim de Camondo

非凡なデ・カモンド家の美しい家📷:@verytroubledchild

Best Museums in Paris - Musee Nissim de Camondo

自分の家にこれがあることを想像してみて📷:@denniskrieger

12.オランジュリー美術館

パリは印象派や美術愛好家にとって、まさに天国である。クロード・モネの8枚の睡蓮のキャンバスを展示する、これほど目を楽しませてくれる美術館は、パリでも他にあまりない。モネが望んだように、軽やかで水のようなパネルが2つの楕円形の部屋に展示され、ジヴェルニーの庭の風景がギャラリーを取り囲んでいる。下の階には、マティス、ルノワール、ルソーなどの作品が展示されている。

入場料:12.50ユーロ

学生は10ユーロ。

www.musee-orangerie.fr

Best Museums in Paris - Musée de l'Orangerie

モネのユリ📷:iulapereira

Best Museums in Paris - Musée de l'Orangerie

ルノワール📷:@journalofsedef

13.パヴィヨン・ド・ラルセナル

都市計画家と建築家:心ゆくまで召し上がれ。ここは、パリの都市と建築の進化を学ぶ場所です。常設コレクション、フォトライブラリー、大型模型、臨時展示が、パリがどのように建設され、今後どのように進化していくのか、そして歴史がどのようにデザインに影響を与えてきたのかを紹介しています。

入場料:無料。

www.pavillon-arsenal.com

Best Museums in Paris - Pavillon de l'arsenal

壁を登る📷:ハイライン・パリ

Best Museums in Paris - Pavillon de l'arsenal

モンパルナスタワー📷:@parisfriendsparty

🇫🇷パリの美術館はいくつ回りましたか?あなたのお気に入りを教えてください👇。

パリのホステル| パリへの格安航空券

著者について

アシュリー・ウィックは冒険好きなシドニー生まれのライター。ブログ「Jumped The Nest」とインスタグラムで彼女の旅を追う。

Get the App. QRGet the App.
Get the App. QR  Get the App.
Scroll to Top