ビーニャ・デル・マールとバルパライソ、太平洋岸の2つの宝石

この数年間 ブログを書いてきて 一度も故郷のレビューをしたことがなかったが、先日のフィエスタス・パトリアスに便乗して、これ以上の言い訳は ない。 さて、早速ヴィーニャ・デル・マルとバルパライソ、この2つの海の宝石を訪ねるのに最高の場所を紹介しよう。

valparaiso

私が生まれたビーニャ・デル・マルは首都サンティアゴから車で90分ほどのチリ中部にある近代的な観光都市だが、その近さにもかかわらず、その名前を聞いてもピンとこないかもしれないし、ピンとくる人にとっては、ビーニャ・デル・マル歌謡祭が開催されるところということしか知らないかもしれない。

私が離れていたこの数年間で、ビーニャは標高の延長以上に成長した。家屋の状態が良くなかった地域や、耕作されていない空き地に 20階建て以上のビルが建てられるように なったのは印象的だ。 レニャカからサン・ アントニオにかけての 海岸のように、環境的に価値の高い地域も取り壊されて しまった

これと同じ理由で、この地域は観光業に適応し、クルーズ船でくつろぎと豪華さを求める富裕層から、少ない予算で国を横断しようとするバックパッカーまで、あらゆるタイプの旅行者に選択肢を与えなければならなくなった。そのため、ビーニャ・デル・マールやバルパライソではホステルの設立が頻繁に行われるようになり、それはよりヨーロッパ的な考え方でもある(私の記憶では、ペンションやモーテルはあるが、8つのベッドがある部屋というコンセプトはスペインを旅行したときに初めて目にした)。

Hostels en Viña del Mar

写真左からJaguar Hostel Living、Street Garden HostelReñaca Beach Hostel

しかし、ポジティブな面を挙げれば、「ガーデン・シティ」には魅力的なコーナーがたくさんあり、特に12月から2月にかけて、近隣諸国の市民が何百万人も訪れる理由となっている。

ビーニャの中心部には、キンタ・ベルガラがあり、前述のフェスティバルの舞台となるほか、街の緑の肺の ひとつとなっている。市立劇場と ホテル・オヒギンズは いずれも南米の近代都市の遺物 である。当時は レジャー/カルチャーの基準点 であり、現在もそうあり続けている 建物 である。

バルパライソ通りは この 街の商業の大動脈である。現在では新しいショッピングセンターや大型スーパーマーケットができたため、これらの小さな商店は姿を消したが、彼らはいまだに田舎のオーラを保っており、売り手をファーストネームで呼び、値引きを求め、さらには「フィアード(信用)」を求めることもある。

リベルタ大通り(Avenida Libertad)を横切ると、カジノ、ホテル・デル・マール(Hotel del Mar)、ペルー大通り(Avenida Perú)からノルテ15番地(Avenida Norte)までのビーチがある、より「高級」なエリアに 到着する。

海岸沿いに進むと、夏は賑わい、冬は静かなビーチに着く。ラス・サリナス、 レニャカ、プラヤ・ネグラ、プラヤ・アマリージャなど、数え切れないほどのビーチがあり、それぞれ砂の種類、環境、波が異なる

playa-acapulco-muelle-copy-copy

他よりもボヘミアンな街バルパライソは、ビーニャ・デル・マルからわずか8キロ、実際、海沿いの道と2つの街を結ぶ地下鉄は快適な散歩道だ。

ビーニャから最初の見どころはバロン山で、ここからは湾の素晴らしい景色を眺めることができ、特に夜には、街全体に接する丘に簡単に行くことができる。

アルヘンティーナ通りと ペドロ・モント通りは、この 街で最も重要で商業的な通りであり、時間帯によっては交通が混乱することもあるが、音楽を流しながら走るバスや、 水曜日に中央の路地で 開かれる縁日 、古い電気バスに過ぎないトロリーバス(数台しか残っていない)など、 まだ見どころが ある。

trole-copy-copy

ビクトリア広場は、交通の便がよく、歓楽街からもすぐなので、この街で最も人気のある待ち合わせ場所のひとつだ。

plaza-victoria

バルパライソを離れるには 100年以上の歴史を持つバロン、 ベラビスタポランコなどの リフトに乗らなければならない

bajando-en-ascencosr-copy-copy

バルパライソの端まで進む と、ムエル・プラットに 到着 する。このエリアは、多くの船や最近では地元の観光に役立っているクルーズ船の停泊地として、また、これらの海の巨人からわずか数メートルのところを通過するモーターボートに乗って湾内の散策を楽しむことができるエリアとして、また、チリの主要港として、かつては、そして現在もその地位を維持している軍艦が停泊し続けているエリアとして、興味深い場所である。

SONY DSC文化的な体験をしたいなら、サンティアゴとバルパライソの間にノーベル賞受賞者パブロ・ネルーダの3つの家があることを知ると興味がわくかもしれない。その中でも、イスラ・ネグラにある家は、その環境と装飾の両方において、おそらく最も特別なものだろう。他の家は、ラ・セバスティアーナ(バルパライソ)と ラ・チャスコーナ(サンティアゴ)と呼ばれている。

sector_costero_de_isla_negra-_casa_de_pablo_neruda-copy-copy

ナイトライフを楽しむなら、この地域の大学の近くにあるバーが最高で、ポップから ヘビー 、ラテンからゴシックまで さまざまな雰囲気が 楽しめる (しかもここのドリンクメニューはお値打ち!) バルパライソは エンターテイメントという点では 間違いなく ビーニャよりも “人気 “だが、どんな嗜好や懐具合にも合う場所があるのは確かだ。

フィエスタス・パトリアスの期間中、特に9月18日は、街とチリ全体が特別な色に染まる:国旗を誇らしげに振り回す通りだけでなく、美食(パステル・デ・チョクロ、 フミタスセビーチェカラント 、エンパナーダを試してみて ください )、多くの外国音楽、トナーダ、特にクエカにも一時停止が あります、 国民的ダンスであるクエカは、ラジオからだけでなく、街角でも聞くことができ、匿名の人々やストリートアーティストがクエカを披露している。

最後に、もしあなたが夏に大晦日を過ごしたことがないのであれば、バルパライソかビーニャに来ることをお勧めする。世界で最も長い海(キロメートル単位)で新年を祝うことができ、砂浜で20度以上の暑さの中でブドウを食べる経験もできるからだ。

SONY DSC
SONY DSC

海岸沿いというロケーションは、この地域の最大の魅力であり、サンティアゴに近いため、週末の休暇に最適で、他の地方都市やワイン生産都市へのアクセスも非常に良い。

また、旅行者にとっては、チリの中央部が最も魅力に欠けるかもしれない。このような長旅をするには、出発地では得られない接触や経験が必要になるからだ:北部に移動してエルキ渓谷、アタカマ砂漠、サン・ペドロ・デ・アタカマなどを訪れるか、あるいは南部に移動して、湖、川、滝、火山、森林がパタゴニアやトーレス・デル・パイネへのルートを飾るコンセプシオン地方を訪れるか、といった選択肢がある

ブログ Donde Te Metes」の著者、ディエゴ・キエッサ・リパモンティが執筆

Get the App. QRGet the App.
Get the App. QR  Get the App.
Scroll to Top