フィレンツェで絶対にやるべき12のこと

イタリアのトスカーナ州の州都、フィレンツェでのエラスムス体験から5年以上が経った今でも、誰かがフィレンツェのことを話題にしたり、写真に出会ったりすると、懐かしい気持ちになる。フィレンツェ(イタリア語でフィレンツェの意)は、その通りを散策し、独特の雰囲気に酔いしれたことのある私たちの心に、忘れがたい足跡を残している。どこを見ても、芸術、歴史的建造物、ユニークな教会…。スタンダールとして知られるフランスの作家が、めまい、疲労感、頻脈で有名なスタンダール症候群を経験したのも無駄ではなかった。短時間にあまりに多くの美に触れたことによる一種の感情的飽和が、身体的症状として現れるのである。

フィレンツェには、一生かかっても見尽くせないほど見どころや楽しみどころがたくさんあるが、幸運にも人生の数ヶ月をそこで過ごすことができたので、芸術の都を訪れたら絶対に外せないものをいくつか紹介しよう。そして心配しないでほしいのは、芸術の見過ぎで倒れてしまわないように、”必ず “訪れなければならない場所と、もっと別のプランを組み合わせるということだ!

1. ドゥオーモ広場

フィレンツェで最も有名な観光スポットから始めてみませんか?そう、ドゥオモ広場のことです!

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂、通称イル・ドゥオーモは、フィレンツェのシンボルであり、フィレンツェの必見スポットの一つです。

ドゥオーモの大理石の堂々たるファサードを背に記念撮影をする観光客や、馬車を連ねて観光客の乗車を待つフィアッチェライなど、広場は活気に満ちています。

大聖堂の反対側にはバッティステーロがあり、こちらも一見の価値がある。ここはかつて、街のすべてのキリスト教徒が洗礼を受けた場所だった(これがその名の由来)。その3つの入り口のうちのひとつ、「楽園の門」として知られる扉のある入り口をよく見てみよう!これはレプリカだが、オリジナルの門に劣化の兆しが見え始めたため、適切に保存できる場所に移された。

Sshh!... This is a secret

Discover the "next hot backpacker destination" this 2024.

Just so you know, we will be able to see if you open our emails to help us monitor the success of our marketing campaigns. You will find further details in our data protection notice.

ドゥオモの隣には、印象的なカンパニーレ・ディ・ジョットがある。鐘楼のようなもので、イタリアでは慣習的に、振動による損傷を防ぐために教会とは別の建物に建てられた。

2.シニョーリア広場

📷ディム7

ドゥオーモ広場から活気あるショッピングストリートのカルツァイオーリ通りを歩き、街で最も重要な広場とされるシニョーリア広場にたどり着く。

この広場にはヴェッキオ宮殿があり、「アルノルフォの塔」として知られる高さ94メートルの塔を持つ美しい歴史的建造物である。ヴェッキオ宮殿は、非常によく修復され保存されている建物自体とは別に、博物館があるので、見学することができる(そして見学すべき)。現在は市役所の所在地でもある。

シニョーリア広場には、ミケランジェロの素晴らしいダヴィデ像のレプリカや、ローマ神話に登場する海と水の神ネプチューンの像が印象的な、この街で最初の公共の噴水であるフォンターナ・ディ・ネットゥーノなど、他にも多くの観光名所がある。バルトロメオ・アンマナッティの作品である。

そして、私のお気に入りの街の一角、ランツィのロッジア。ゴシック様式の美しいポルティコで、集会や儀式を行うために建てられたが、彫刻が展示されているために野外博物館となった。最も重要なのは間違いなくチェッリーニのペルセウス像で、ギリシャ神話に登場するメデューサの首を切り落とす場面を描いている。この像には、作者自身の自画像が隠されていると言われている(ペルセウスのうなじに注目)。

フィレンツェに住んでいた頃、よくやっていたことのひとつは、ロッジアに座って周囲を見渡し、彫像を眺めながら雰囲気に浸ることだった。神話はひどいものだが、ジャンボローニャの『サビーニの女たちの凌辱』は私のお気に入りのひとつだ。

3. 美食

📷:@biancagroenen

さて、多くの人が大好きな「食」の章に入ります!フィレンツェも例外ではない!

ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ(bistecca alla fiorentina)は、ガリシアのチュレトン(chuletón)に似た牛のサーロインステーキで、とても特別な調理法で作られる。ただし、1kgのお肉なので、旅行者同士でシェアすることをお忘れなく!

時間がなく、安くておいしいものを食べたいなら、ピッツァ・アル・タリオを買うか、ネーリ通りにあるAll’antico Vinaioという小さな店に行くのがいい。通りの片隅に座って食べると罰金を取られることがあるので注意!歩きながら食べるか、適当な場所を見つけて立ち止まるのがベストだ。

アペリティヴィもフィレンツェでは一般的です。アペリティヴィはフィレンツェではよくあることで、夕食の前に友人とバールに集まり、6ユーロから8ユーロで飲み物を注文し(アペロール・スプリッツがおすすめ)、ビュッフェスタイルの料理を自由に食べることができます。 いろいろな料理を試す良い機会です!

もちろん、ピザやイタリアンパスタも見逃せない。ナツィオナーレ通り(駅の近く)にある小さなビレリア、モストドルチェ(Mostodolce)では、クラフトビールとともに美味しい伝統的な家庭料理を楽しむことができる。

美味しいジェラートを食べずしてフィレンツェを去ることはできない。最も有名なアイスクリームパーラーのひとつは、歴史的中心部に数店舗を構えるLa Carraia。 どのフレーバーを選ぶか迷うことでしょう!

4.ヴェッキオ橋

📷トルド・ソリー

ヴェッキオ橋はヨーロッパ最古の橋である。ヨーロッパ最古の橋であり、橋の裏側に張り出した家々や店(主に金や宝飾品の店)がアルノ川に架かっている様子は、とても興味深い。この橋は、第二次世界大戦中、ドイツ軍の爆撃を免れた唯一の橋である。

残念なことに、この橋には吊るすカップルの愛を象徴する南京錠をつける習慣もあるが、くれぐれもやめてほしい!南京錠は常に取り外さなければならないため、橋を傷つけ、市の財政を圧迫する行為なのだ。

その代わりに、橋に沿って並ぶ商店の上を見てください。これはヴァザーリの回廊で、ヴェッキオ宮殿と対岸のピッティ宮殿を結ぶ通路である。歴史上、メディチ家の人望が失われていた時代に、街の人々と交わることなく、一方から他方へ行き来できるように設計された。

フィレンツェの最もクラシックな写真を撮るには、隣のサンタ・トリニタ橋からヴェッキオ橋を眺めるのがいい。

5.オルトラルノ

メディチ家の居城でもあったピッティ宮殿についてはすでに触れたので、次は対岸、オルトラルノと呼ばれるエリアに移動しよう。この堂々たるパラッツォを訪れ、その前にある広場でファサードを眺めながら日向ぼっこをしたり、フィレンツェで最もボヘミアンな地区(ボルゴ・サン・フレディアーノとサント・スピリト)を散策したり。

ボーボリ庭園もこのエリアにあり、散策やリラックス、メディチ家の歴史を学ぶのに理想的な街の緑のオアシスです。この美しい庭園は45,000平方メートル以上あり、丁寧に手入れされた植え込みの小道、大理石の彫像、噴水、パーゴラ、いくつもの洞窟、小さな湖まである!入場料はかかるが、それだけの価値はある。

6.カフェと共和国広場

疲れたでしょ?コーヒーを飲みに行こう。そこでお勧めなのが、共和国広場にあるこの街で最も古い店のひとつ、カフェ・コンチェルト・パツコフスキだ。外のテーブル席で、広場や有名なメリーゴーランドを眺めながら飲むのもいいだろう。時間帯によっては、店主催のミニ・ライブ・コンサートに遭遇できるかもしれない。

店内に入り、バーでコーヒー(またはおいしいペストリー)を注文し、外のテーブルまで自分で持っていくのがお得な方法だ。店内に入ったら、フィレンツェの知識人たちや黄金時代にフィレンツェを通過した人たちの待ち合わせ場所であったこのレストランの内装を眺めてみよう。 ああ、もし壁が話せたら……!

7.市場

トスカーナの首都でお土産を買いたい?トスカーナの首都でお土産を買うなら、サン・ロレンツォ市場をお勧めする。サン・ロレンツォ市場は最も有名な市場の一つで、月曜日を除く毎日、周辺の通りに出店している屋台でお土産や革製品などの典型的な製品を買うことができます。

もうひとつ見逃せないのは、有名なイノシシのブロンズ像があることで知られるメルカート・ヌォーヴォ、別名メルカート・デル・ポルチェリーノだ。このイノシシの彫刻は、実は噴水で(イノシシの口からは水が出ている)、コインと引き換えに願い事を叶えてくれるという伝説があることから、フィレンツェの「トレビの泉」と呼ばれている。コインを動物の鼻にこすりつけながら願い事をし、コインを放す。ちなみに、コインがスリットをすり抜けたら、フィレンツェに戻れるということだ!

8.高台からの眺め

歴史的な市街地 (ちなみに世界遺産です)の大部分はすでに歩きましたが、少し遠望してみるのはどうでしょう?フィレンツェには、上空からフィレンツェを眺めることができるポイントがいくつかあります。

そのひとつがブルネレスキが設計したドゥオモのドーム。上まで登って景色を眺めることもできるが、436段の階段を登る覚悟が必要だ!ジョットのカンパニーレ(414段)の上にも登れるが、私のお気に入りは対岸のミケランジェロ広場からの眺めだ。

この展望台は、街の朝日や夕日を眺めるのに理想的な場所だ。朝一番に行けば、とても静かで、ほとんど一人きりだが、昼過ぎに行って、階段に座って景色を楽しむ価値は十分にある。この体験は、その場にいるすべての人と交わり、同時に自分自身とつながる不思議な瞬間をもたらす!

9.美術館

📷ジョシュア・アール

さて、私がこの街で見られる最も重要な芸術作品を忘れるとでも思っただろうか?ウフィッツィ美術館は、世界最大かつ最も重要な美術コレクションのひとつである。ダ・ヴィンチ、ボッティチェッリ、ミケランジェロ、ラファエロ、ティツィアーノ?印象的であるのと同様に、必要不可欠なものだ。ガイドツアーに参加することをお勧めする!

そしてもちろん、フィレンツェの最も美しい住人、ミケランジェロのダビデ像を直接鑑賞せずにフィレンツェを去ることはできない。本物はアカデミア美術館にあり、他にも多くの重要な作品が展示されていますが、この彫刻だけでも一見の価値があります。ダヴィデ像の周りにあるベンチに座って、のんびりと時間をかけて眺めてみよう!

10.ストリートアートと街の一角

📷アーツマット

しかし、美術館やギャラリーだけがフィレンツェのアートではない。街にはストリートアートが溢れており、街を歩きながら、路上に立って作品を展示するアーティストの版画やキャンバスを買ったり、カラーチョークで地面を塗って名画を再現する画家を鑑賞したり、この街で最も有名なストリートアーティストの一人、クレット・アブラハムの作品を見つける楽しみもあります。クレットは、フィレンツェの道路標識にユーモアの要素を加え、より独創的なものに生まれ変わらせました!

この街には独特の魅力があり、通りを歩くだけでも楽しいものだが、(観光ルートから外れた)重要な一角を訪れれば、フィレンツェに魅了されることだろう。そのひとつがサンティッシマ・アヌンツィアータ広場で、セルヴィ通り方面を見れば、フィレンツェの典型的な美意識の家々の上にドゥオーモのドームがそびえ立つ、最高のインスタグラム投稿にふさわしい写真が撮れるだろう。広場を支配する馬の彫刻を入れるかどうかはお好みで。

ドゥオーモのドームといえば、元修道院で図書館やカフェがあり、美味しいカプチーノを飲みながらドゥオーモを眺めることができる複合施設「ル・オブラート」(Via dell’Oriuolo内)に入るのも面白い。

11.サンタ・クローチェ

サンタ・クローチェ教会は、スタンダールが有名なシンドロームを体験した場所であり、特筆に値する。この重要なフランシスコ会教会には、ミケランジェロ、ガリレオ、ダンテ・アリギエーリ、マキャベリなど多くの著名人の墓があり、ブルネレスキによるもう一つの素晴らしい作品であるパッツィ礼拝堂もある。

教会と同じ名前の、大きく長方形の活気ある広場は、キエサ前の階段や、広場の中央部分にあるベンチに座ってファサードを眺めながら、街の雰囲気に浸るのに良い場所です。

12.トスカーナ散策

📷:@guidocarol

そしてもちろん、街を離れてトスカーナの田舎を発見せずには、この素晴らしい場所を去ることはできない。どんな小さな町にも立ち寄れば、日焼けした緑色の世界、おいしい食べ物、石畳の道、壮大な景色に連れて行ってくれるが、特にサン・ジミニャーノ、ルッカ、シエナ(毎年夏に、昔ながらの伝統を守る地区対抗の乗馬大会「パリオ」が開催される)を訪れることをお勧めする。また、ピサとその有名な斜塔も訪れることができるが、それ以外の見どころはほとんどない。

📚 著者について 📚

マリオーナ・サンス(1989年バルセロナ生まれ)ラップランド在住の地中海ジャーナリスト、ライター。ゆっくりと旅をしながら、持続可能性、責任ある観光、自己成長について執筆している。動物、自然の中を散歩すること、焚き火のそばで読書することが大好き。IG@sanzmerions/marionasanz.com.

Get the App. QRGet the App.
Get the App. QR  Get the App.
Scroll to Top