レスポンシブル・ツーリズム:アジア旅行でやるべきこと(そしてやってはいけないこと

私たちは実体験から、旅行があなたを人間的に変え、実際に行ってみないと表現できない何かに目を開かせてくれることを知っている。初めての旅行では、観光客の罠にはまったり、誤って現地の文化を破壊したり、否定的な活動を助長したりする可能性があります。私たちはそれを知っている!多くのバックパッカーと同じ過ちを犯さないために、アジアを旅する際にすべきこと(そしてすべきでないこと)をいくつかご紹介します。

写真を撮る前に尋ねる

ask-before-taking-photos-1-smaller
多くの旅行者は、自分をセミプロの写真家だと思いたがっている。旅行ブログが人気を博し、インスタグラムで有名になった今、やってみたいと思わない人はいないだろう。私たちはそうだ!完璧なスナップを撮ることは必須であり、これには地元の人々を撮影することも含まれる。ここで黄金律がある。民族衣装でも、地元の人々の美しい顔でも、遊んでいる子供たちでも、撮りたいものが何であれ、決して無断で撮らないこと。十中八九の場合、彼らはイエスと言って喜んでポーズをとってくれるだろうが、時には写真を撮られたくない場合もある。

Sshh!... This is a secret

Discover the "next hot backpacker destination" this 2024.

Just so you know, we will be able to see if you open our emails to help us monitor the success of our marketing campaigns. You will find further details in our data protection notice.

私たちはインドで混血カップルとして旅行した経験があるので、人に頼まれもしないのに常に写真を撮られるのがどういうことかよくわかる。うんざりするし、感情的になることさえある。アジアでは慣れない貧しい地域に出くわすことは言うまでもないし、貧困を目の当たりにすると心が痛むものだが、家に送る写真を撮るときは少し敏感になってほしい。結局のところ、どんなに信じがたいことであっても、彼らはただ日常生活を送ろうとしている人たちなのだ。

ストリートチルドレンにお金を渡してはいけない

ask-before-taking-photos-or-dont-give-money-to-street-kids-thailand-chiang-mai-smaller
発展途上国のホームレスのストリートチルドレンにお金を渡してはいけない。カンボジア、タイ、インド、フィリピンなど、アジアの人気観光地ではストリートチルドレンに出くわす。しかし、このような子どもたちの多くはギャングのために「働いている」ことが多いのだ。あなたが寄付したお金は彼らのためには使われず、あなたは助けたように感じるかもしれないが、むしろ彼らをこのような状況にとどめる手助けをしただけなのだ。お金の代わりに、食べ物や飲み物、衣服など、彼らにとって役に立つが、彼らに不利にならないものを提供したほうがいい。
dont-give-money-to-street-kids-philippines-manila-2-smaller
それよりももっといいのは、時間を提供することだ。彼らは子どもなのだから、話しかけてあげなさい!彼らの状況を知り、あなたがどのように手助けできるかを見つけてください。発展途上国の外国人であるあなたは、特に政府関係者に対しては、他の人よりも大きな声を上げる可能性が高い。帰国後、このような思い出が心に残るだろう。きちんと調べて、正当な慈善団体を支援したり、関係当局に連絡を取ったりして、変化を起こせるよう努力しよう!

寺院のルールを尊重する

respect-temple-rules-cambodia-angkor-wat-1-smaller
旅行中は誰しも調子に乗ってしまうもの!バックパッカー中に自分を表現できないのであれば、家に帰ったほうがいい。しかし、他の人に迷惑をかけずに自分の経験を最大限に生かすためには、その土地の文化やルールを尊重することが最も重要です。アンコール・ワット(カンボジア)、タージ・マハルや黄金寺院(インド)、大仏(香港)、ワット・ポー(タイ)などが主な観光スポットだ。しかし、より小さな寺院では、より厳しい規則に出くわすことが多い。
どこであろうと、入退場の際に手を合わせる、ナマステといった簡単なフレーズや敬意を表すサインをいくつか覚えておくとよい!写真撮影は、たとえインスタ映えすると思っても禁止です。短パンがダメなら、適当なズボンかサロンを着用し、沈黙の寺院なら何も話さないこと。男女が別の入り口を通る必要がある場合は、そうすること。一生の思い出になるような場所を訪れるのであればなおさらだ。

象に乗らない

do-not-ride-elephants-3-smaller
バリ、タイ、インドなどを訪れ、何をしようか調べ始めると、残念なことに、虐待されている象に鎖でつながれて乗ることが、いまだに観光名所の上位に挙げられている。簡単に言えば、絶対にやらないことだ。象の世話がどんなに行き届いていると言われても、そうではない。人間を抱くように調教する過程で、彼らの精神は壊れ、自然環境から連れ去られ、強制的に働かされる。ゾウは絶滅の危機に瀕した動物であり、永遠にここにいるわけではない。この恐ろしい活動に参加しないことで、この優しい巨人たちの命を長らえることができるのです。
私たちもそうでした。私たちもそうでした。私たちは、観光客相手の商売から救い出された象たちに何かお返しをするために、ボランティア活動をすることをお勧めします。アジア各地に象の保護区を訪れる機会はたくさんありますが、ただ一番安いところや、一番良いセールスマンがいるところを選ぶのではなく、自分で調べて、絶滅の危機に瀕しているアジアゾウを実際に支援しているところを選んでください。多くの保護施設はゾウのための安全な避難所と説明しているが、実際はゾウは鎖につながれ、殴られ、服従するように虐待されている。
エレファント・ネイチャー・パークは、鎖も檻も残酷さもなく、象が好きなように歩き回ることができる。象がどのような生活をしてきたのか、なぜ保護されたのか、象に餌をあげたり、象の雄大な姿を観察したりしながら学ぶことができる。人生にはお金を払うだけの価値があり、もう少しお金をかければ、絶滅の危機に瀕した素晴らしい動物たちの不幸を増やすことなく、一生に一度の体験を得ることができるのだ。

「食べ物に拒否反応を示し、習慣を無視し、宗教を恐れ、人々を避けるのであれば、家にいたほうがいい。 – ジェームズ・A・ミッチェナー

この記事を書いてくれたKH Travelsに感謝する!ツイッターと インスタグラムでフォローしよう!
extra-kh-vietnam-sapa-smaller
この記事が気に入ったら、こちらもチェック

Get the App. QRGet the App.
Get the App. QR  Get the App.
Scroll to Top