旅は解き放たれる

Language Specific Image

今回も「Travel Unravelled」にようこそ!今回は、物議を醸す場所(そもそも物議を醸す場所とは何なのか?)また、旅先で「現地の人のように生活する」ことの倫理と、それが行き過ぎる場合についても掘り下げます。

物議を醸す場所への旅行についてどう思いますか?それは倫理的なことですか?どこで一線を引きますか?

興味深い(そして厄介な)話題ですね!紛争が続いていたり、極端な政治体制が敷かれていたり、人権侵害があったり、法律が厳しかったり……。また、家族や友人との会話で最も大きな議論になりそうなのが安全性だからだ。

フライトを予約する前に、以下のような多くの疑問点を解決しておく必要がある:

  • 安全か? 安全か?安全な地域もあれば、危険な地域もあります。また、あなた自身の「安全」の定義もあるでしょう。窃盗で有名な場所を訪れても平気な人もいれば、そうでない人もいます。
  • 倫理的か? ここでも、自分なりの基準を設定する必要がある。あなたの核となる価値観や信念は何ですか?その国の法律、環境への影響、政治的景観、現在の紛争における役割など、何がその国を訪問することを躊躇させるのでしょうか?
  • その国は安定しているか? 本当に安定している国などないとはいえ、状況が急変する可能性があるかどうかを考慮するのはよいことだ。今後の選挙、抗議活動、経済、さらにはハリケーンの季節のようなものまで考慮すること。私はその国を「ウォッチリスト」に入れておき、後で適切かどうかを判断する傾向がある。

これらはすべて、旅行する場所を除外する方法だが、自分が何を求めて いるかを考え、そこから出発する方が理にかなっている。個人的には、手頃な値段で、温暖で、美しい自然の景色がある場所を優先する。移動が簡単で、英語を話す人が多く、観光客向けの場所を選ぶことにはあまりこだわらない。以前行ったことのある場所とはまったく違う場所を体験するためなら、携帯電話を盗まれたり、信頼性の低いバス網をナビゲートしてみたりするリスクは厭わない。女性の一人旅として歓迎されないような場所や、犯罪率が高すぎてストレスなく旅行できないと感じる場所は除外する傾向がある。基本的に私の尺度は、日中に一人で歩いても安全だと感じられるかどうかだ。

倫理的な観点からは、法律が私の価値観と強く対立する国や、人権侵害が続いている場所には安心して旅行できない。結局のところ、私はバックパッカーであって、人道主義者でも戦争レポーターでもない。私の旅は私自身の利益のためのものであり、安い休暇のために、あるいはどこか新しい場所をリストに加えるために、倫理的に反対していることに資金を提供したり支援したりすべきではない。とはいえ、私の世界に対する認識は、欧米諸国で育ったことによる根深い固定観念や偏見、思い込みから築かれたものであることは承知している。地球上のどの国にも、それぞれの暗い歴史、疑わしい政治、倫理的な欠点があり、権力者の行動や見解で地域全体を判断するのは不公平だ。

私が旅行で最も大切にしていることのひとつは、自分を取り巻く世界についてより深く知る機会である。その土地や人々を本当に理解するには、自分自身がそこに行ってみなければわからない。私はオープンマインドでいることを心がけているので、リストから完全に外すような場所はほとんどない。何もかもが決まっているわけではない。数十年の間に、紛争地域から観光の中心地へと変貌を遂げる国もある。自然災害が起これば、どんな地域でもすぐに危険な状態になる。選挙や反乱は毎年起こる。それが世界の常だ。

私たちは旅先で「現地の人のように生きる」努力をすべきなのだろうか?

これも興味深い質問だ!表面的なレベルでは、旅先が提供するものを最大限に活用するために、真っ先に旅に飛び込むのは素晴らしいことだと思う。郷土料理を食べ、市場を訪れ、時間をかけて歴史を学び、地元のお祭りに参加する!旅の目的は、新しいことを体験し、人々と出会い、世界のいろいろな場所を見ることです。

現地の習慣や文化を理解しようと努力することも、その土地や人々への敬意を示す意味で重要です。つまり、現地の言葉や言い回しを覚え、適切な服装をし、現地の人にとって不快なことや失礼なこと(公共の場で大声で酔っぱらう、聖地で写真を撮るなど)を理解することだ。

現地の人のように暮らすというのは、できるだけ安く旅行するということです。予算内で旅行することは悪いことではありません。それがバックパッカーの生活です。贅沢な旅行者は一般的にお金を使うが、そのお金が現地の労働者の手に渡っている可能性は低い。むしろ、国際的なホテルチェーンに泊まり、市場の穴場ではなく、高級レストランやフランチャイズ店で食事をしている可能性の方が高い。低予算で旅行することは、地元のビジネスを支援し、「観光客価格」まで費用が高騰するのを食い止めることにつながる。

旅行者が地元の人々を利用し始めると、一線を越えてしまうと思う。私は、ベトナムで旅を続けるためにお金や食べ物を要求する「物乞い」の話を聞いたことがある。特に低所得の国では、現地の人が自分から何かを求めることはありません。もし旅行中にお金が足りなくなったら、立ち止まってよく考えてみてください。家に帰るべき時なのか?ホステルでボランティアをして、当分の間じっとしていることはできますか?現地の人にお金を恵んでもらうことが答えではありません。

旅は特権であると同時に選択でもある。長く旅するため、あるいは旅からより多くのものを得るために、あなたは安く暮らすことを決めるかもしれないが、地元の人々の多くは必要に迫られてそのように暮らしている。彼らは自分の国や地域を離れる機会さえないかもしれない。

旅行するときの自分の意図と、その経験から何を得ようとしているのか、少し考えてみてください。その土地や人々についてより深く知るために、現地の人のように暮らそうとしているのか、それともただ一番安い選択肢を見つけようとしているのか。地元の人と話したり、中小企業を支援したりする時間を取っていますか?お金以外でその土地にお返しができますか?

より倫理的な旅行者になる方法はたくさんある。この記事が、あなた自身の旅の選択について深く考え、聞いたことのある固定観念を再考する助けになれば幸いです。もしTravel Unravelledについて質問があれば、Instagramの@hostelworldまでDMをください。お待ちしています!

Hostelworldアプリをダウンロードして予約した瞬間から出会いを始めよう


こちらもおすすめ

旅は解き放たれるあなたの質問にお答えします

LGBTQトラベラーが教える、一人旅で生涯の友を作るコツ

Get the App. QRGet the App.
Get the App. QR  Get the App.
Scroll to Top