キエフで最高のナイトライフを!

Language Specific Image

ヨーロッパの最新オルタナティヴ・ホットスポットになりつつあるウクライナの首都キエフには、無味乾燥で退屈な固定観念をはるかに超える魅力がある。キエフを次の旅行先に選ぶ理由はたくさんあるが、中でも活気あふれるナイトライフは見逃せない。クラフトビールから洗練されたカクテルまで、お酒に酔いしれるボートクルーズからアンダーグラウンドなレイブまで、毎週末、あなたを飽きさせないイベントが盛りだくさんです。ここでは、キエフのナイトライフを簡単にご紹介します!kiev nightlife, two women walking up the steps of saint andrews church

📷@pablo4travelers

キエフのビアバー

ウクライナのビールシーンは、Varvarのようなビールメーカーの独創的なフレーバーや、Pravdaの毒舌政治的な面白さに後押しされ、クラフト革命を経験している。しかし、美味しいビールを飲むために流行のクラフトパブに行く必要はない。Syndicate Beer & Grillのような店はスポーツバーのような雰囲気があり、地元のPorter Pubsチェーンは気取らずに手頃な値段で冷たいビールを提供している。

  • ヴァルヴァル:(日曜午後2時~11時45分、月~木曜午後1時~11時45分、金曜午後1時~12時45分、土曜午後2時~12時45分)
  • プラウダ・ビア・シアター:(日曜11時~12時、月~木曜14時~12時、土曜11時~14時)
  • シンジケート・ビール&グリル:(日曜~木曜10時~12時、金曜~土曜12時~深夜2時)
  • ポーター・パブ:(ほとんどの店舗で毎日午前10時から午前2時まで営業)

kiev nightlife, a group of people saying cheers with beers

📷@giisilveira

キエフのカクテルバー

カクテルにこだわるなら、キエフは独創的なカクテルが味わえる東欧屈指の場所だ。実際、キエフでは毎年、ヨーロッパで最も魅力的なカクテル・ショー「バロメーター」が開催され、国内外からバーテンダーが訪れる。

キエフのカクテルバーの多くは、ユニークな切り口や皮肉なテーマを持っている。ポディル・イースト・インディア・カンパニーで遠く離れた国の味を楽しんだり、ピンク・フロイトでお酒の好みを精神分析してみるのもいい。

街には酒場もたくさんある。閉鎖された映画館の中にひっそりと佇むParavozから、無名のドアの奥にある高級バーLoggerheadまで、この街は基本的に素晴らしいドリンクを探す借り物競争だ。中でもおすすめは、壁一面に巨大なお酒のディスプレイがあり、曜日ごとにライブミュージックやDJが楽しめる「Barman Dictat」と、ハンバーガーレストランの地下にある上品な店「Hendrick’s」だ。

kiev nightlife, a girl in a hat drinking a pink cocktail

📷@jacalynbeales

キエフのルーフトップバー

キエフは寒い冬で有名だが、その分、地元の人々は夏を満喫している。キエフのルーフトップバーは目立たない場所にあることが多いが、探してみる価値はある。ブルサ・ホテルの最上階には1818という小さなテラスがあり、ポディル地区の素晴らしい夕景を眺めることができる。屋上のレストラン&バー「Mur-Mur」からは、にぎやかなプーシキンスカ通りを見下ろすことができる。最も素晴らしい眺望は、ハイアット・リージェンシーの最上階にあるバー・オン・エイトで、ユネスコの世界遺産に登録されている聖ソフィア大聖堂の向かい側で一杯楽しむことができる。

kiev nightlife, a view of the city at night from the rooftops

📷@lifeinkyiv

キエフのクラブ

ダンスに関しては、あらゆるタイプのグルーヴに対応する選択肢がある。アルケミスト(The Alchemist)のようにカクテルやヒップホップが好きな人たちで賑わう場所もあれば、廃墟と化した商業施設の中にひっそりと佇む人気クラブ、クローサー(Closer)は、テクノやハウスを中心とした控えめなクラブです。ビーチパーティなら、歩道橋を渡ってトルハニフ島のUBKビーチへ。オリガルヒ気分を味わいたいなら、週末には華やかなウクライナの若者で賑わう「ハングオーバー」がおすすめだ。

夏の間、キエフでは数多くのコンサートやフェスティバルが開催される。なかでも人気急上昇中なのがBrave!ファクトリー・フェスティバルで、2019年は6つのステージが2日間にわたって開催され、列車の車両基地というユニークな会場で行われた。

  • UBK:(日曜11時~深夜2時、月~木曜11時~深夜1時、金~土曜11時~深夜6時)
  • アルケミスト:(日曜~木曜18時~翌3時、金曜~土曜18時~翌5時)
  • クローサー:(金曜11時59分~11時、土曜11時59分~12時、日曜12時~15時)
  • ハングオーバー:(日~木曜12時~翌1時、金~土曜12時~翌4時)

kiev nightlife, crowd of people in a club with multi coloured lights watching the stage

📷@adityachinchure

キエフのナイトライフ

キエフのナイトライフには、誰もが一度は体験してみたい真髄がいくつかある!最も過激なドリンクのひとつは、不気味な病院をテーマにしたバー「Palata No.6」の「ヘルメット」ドリンクだ。参加者はヘルメットをかぶり、火を恐れてはいけない!

新しくオープンしたリバーポートは、すでに地元の人たちのお気に入りの場所だ。屋外の飲食店や定期的なイベントがあり、ここはいつも賑やかだ。ユニークな体験がしたいなら、ドニエプル川クルーズに乗船してみよう。熱狂的な地元の人たちとパーティーをしながら、キエフの多様なスカイラインを見るチャンスがある。

ウクライナで最も人気のある輸出品のひとつ、チェリー酒を試すなら、ドランク・チェリー(Drunk Cherry)へ。自宅で楽しむためにボトルを手に入れるのもいいかもしれない!

キエフのナイトライフ料金

キエフの物価は、他のヨーロッパの首都と比べると一般的にとてもお手頃です。0.3Lのクラフトビールが2ユーロ以下で手に入る。カクテルは5ユーロから10ユーロとやや高めだが、それでもニューヨークやロンドンで同じ高級ドリンクを買うのに比べればお得だ。クラブカバーは、行く時間帯やDJによって15ユーロから20ユーロになることもある。もちろん、中心部で最も人気のある会場に行けば、この値段はさらに高くなる可能性がある。

キエフでのナイトライフの注意点

  • 持ち物から目を離さないこと。高額の請求書やクラブでの詐欺は、現在では都市伝説に過ぎないが、バッグに注意を怠ると、それがなくなってもショックを受けることはない。
  • ドラッグはやめましょう。ウクライナの麻薬に関する法律は現在非常に厳しい。法律に違反するだけでなく、規制のない薬物市場に関連するあらゆるリスクを背負うことになります。
  • 身だしなみについて考えてください。極端な “顔面統制 “の時代は終わったが、身だしなみに関するある種の期待は、一部の会場ではまだつきまとっている。特に、街の中心部にあるトレンディーなホットスポットを訪れる予定がある場合はそうだ。
  • 予約は忘れずに。キエフのナイトライフ・シーンは予約制が主流で、自然体で過ごしたい人には不満が残るかもしれません。これは主にカクテルバーやルーフトップ・バーに当てはまる。予約なしの危険な生活が好きなら、バックアッププランを用意しておくこと。
  • あきらめないで。用心棒に予約なしを理由に入店を断られたとしても、バーに立つだけならまだ言い逃れできるかもしれないし、一定の時間内に出ることを約束できるかもしれない。
  • ウクライナ語ができなくても心配はいらない。一般的に、キエフのナイトライフ革命の先陣を切るウクライナ人スタッフは英語が堪能だ。
  • 営業時間を再確認すること。キエフのようなダイナミックな都市では、店は常にオープンしたりクローズしたり、あるいは改装中だったりする。Googleはすべてのビジネスについて最新ではないかもしれないので、場所が開いているかどうかをダブルチェックするには、ソーシャルメディア上でそれらを探します。
  • 特別なイベントをチェックすること。クラフトビール・フェスティバルやファクトリー・レイブなど、ほぼ毎週末、ユニークなイベントが開催されている。今後のイベント情報を見つけるには、ソーシャルメディアが最適です。多くの情報はウクライナ語ですが、Google翻訳で武装すれば、何が起こっているのか解読できるはずです。
  • 自分で調べてください!これは、キエフのナイトライフのオプションに関する基本的な入門書に過ぎません!2年近く住んでいても、私は常に新しい場所を見つけ、私のお気に入りのリストは長くなり続けている。そのためには、現地にいるときが一番だ。現地の人に話を聞いて、彼らがどこで遊んでいるのか見てみよう。私はバーテンダー自身から最高の推薦をもらったことがある(彼らは楽しみを満喫するのに忙しく、グーグルのレビューを残す暇がないのだ)。

kiev nightlife, a view of saint andrews church on the hill

さて、キエフのナイトライフに関する地元の人のガイドを読んで、ウクライナスタイルで夜通しパーティーをする準備はできましたか?それとも、すでにキエフに行ったことがあり、自分のおすすめスポットを知っていますか?いずれにせよ、コメントで教えてください。乾杯🍺

キエフのホステルをチェックして、パーティーの後に泊まってください。

著者について

エイミー・バトラーはニューヨーク出身のライターで、現在は住所不定。主な活動は、バーテンダーと親しくなることと、パンを通して異文化を体験すること。ブログ「The Wayfarer’s Book 」を読むか、インスタグラムをフォローする。

続きを読む⬇️

🌟ロシア・バックパッカー究極ガイド

🌟世界最高のナイトクラブ

🌟キエフでの最高の楽しみ

🌟ヨーロッパで最高のパーティースポット

Get the App. QRGet the App.
Get the App. QR  Get the App.
Scroll to Top