光、寿司、アクション!10日間で日本を訪れる方法

光り輝く東京のカオスから、禅に満ちた山々やエキゾチックな京都の森まで、日本はとんでもない文化の乗り物だ!しかし、見どころが多すぎるこの特別な国を、FOMO(と預金残高)に苛まれることなく、たった10日間で網羅するにはどうしたらいいのだろう?心配ご無用。ベテラン旅行者で写真家のクリスチャン・エスコバルが、時間も予算も限られている人たちのために、とっておきの情報を教えてくれる。準備はいいかい?いくぞ!

普段は気ままな旅行者だが、日本となると計画性が必要だ!ヒントその1は?ジャパンレールパスは、あちこちを飛び回るには欠かせない。当初は、東南アジアの交通機関に比べて値段が高いと感じるかもしれない。しかし、各都市への鉄道の切符を買うよりもずっと安くなることは間違いない。現地に着いてから購入することはできないので、旅行前にこのパスを入手することを強くお勧めする。さて、チケットは手に入れた。

東京

私たちの冒険は東京から始まった。7日間のJRパスを有効化するまでの3日間を東京で過ごした。東京は、近未来的なコンクリートジャングルのような、極めて先進的な大都市だ。超モッズなアーケード、カラオケ・バー、そして「ロボット・レストラン」(10フィートのロボットと銀河の女王たちによるバレエ・パフォーマンスの前でディナーを食べる?すぐにでも申し込もう)。その反面、石畳の道や木造の掘っ立て小屋など、歴史や古い文化のヒントもある。私のハイライトは…

渋谷、銀座、新宿、原宿のショッピング街

ハンバーガーの自動販売機から忍者の講習会まで、東京には何でもある!銀座や新宿はハイエンドな雰囲気が漂い、渋谷や原宿はカワイイボーイズやハリポタガールズがキャットウォーク(ストリート)を闊歩している。ポケモンセンターは古典的なアニメシリーズを崇拝する人たちだけのためのもので、ポケモン好きにはたまらない場所だ。ポケモングッズも大歓迎 🙂

小便横丁

思い出横丁としても知られる小便横丁は、第二次世界大戦後、小便をするための薄暗い場所だった。当時はおしゃれなトイレなどなかったから、人々はビール片手にどこでもトイレに行ったものだ!今では、新宿の脇道にあるこの隠れ家的な街は、昔ながらの古びたバーや安食堂で溢れている。計画を立てず、ただ人ごみにまぎれて自分にぴったりの焼き鳥を見つけるのが一番だ。

明治神宮

原宿駅から徒歩1分の明治神宮は、東京で最も有名な神社である。明治神宮は19世紀の日本の天皇に捧げるために建てられ、神宮の中心に向かって歩いていくと、酒樽でいっぱいの壁に出会う。これらの酒樽は毎年、明治神宮の祭神に奉納され、儀式や祭りで使われる。明治は浅草寺ほど混雑していないが、日曜の朝、中庭から伝統的な結婚式を垣間見ることができるかもしれない。

築地魚河岸

クリーン・バンディットの「ラザー・ビー」のビデオでおなじみかもしれない。 基本的に、この店はこの業界で最も新鮮な食材を扱っている。魚は地元の小さなレストランが朝のセリで買い付け、それを持ち帰り、今まで味わったことのないような最高品質の寿司を調理する。日本料理に欠かせない包丁を専門に扱う小さな屋台もある。

代々木公園

都会人がピクニックやラインストーンをつけたチワワの散歩に訪れる、セントラルパーク/ハイドパークに相当する東京の公園。噴水やミニ寺院があり、散歩しながら人生の意味を考えることができる。

どこに泊まる? エンブレムホステルは市内から少し離れていますが(成田空港に近い)、私が泊まったホステルの中で最高のもののひとつです。ホテルのようでありながら、ホステル的である。オン・ザ・マークスは

Sshh!... This is a secret

Discover the "next hot backpacker destination" this 2024.

Just so you know, we will be able to see if you open our emails to help us monitor the success of our marketing campaigns. You will find further details in our data protection notice.

もう一つのお気に入りです。ものすごく清潔で、チルできる広いエリアがあり、信じられないような料理を出すレストランもあります。羽田空港にも近いしね。

箱根

箱根で最高の静けさを体験しよう。山の景色はハイキングに最適で、象徴的な富士山はあなたのものだ。トップアドバイス-箱根に着く前に天気をチェックすること!私たちはそうしなかったので、霧が濃すぎて富士山を見るチャンスを完全に逃してしまった。しかし、芦ノ湖は映画のような山々と海賊船(合法的な)でそれを補ってくれる。


温泉が好きなら、箱根がおすすめだ。この地域は温泉(日本の伝統的な温泉)に囲まれており、硫黄の香りを吸い込みながらボーッとすることができる。
どこに泊まる?HostelworldのおすすめはK’s House Hakoneです。

京都

私の目から見て、京都は日本の首都であるべきだ。近代的な都市でありながら、人々、建築物、食べ物は日本の伝統文化を彷彿とさせる。京都には100人の見習い芸者や、伝統的な着物で毎週の買い物をする地元の人々がいて、狭い路地には親しみやすいレストランがある。公共交通機関は東京と同じように機能しているので、日本の地下システムのコツをつかめば、移動はとても簡単だ。私たちは4日間をここで過ごしたが、これらは私たちの必需品だった。

二条城

まず、この場所の大きさについて触れておこう!世界遺産に登録されているこの城の格式高い門をくぐると、見渡す限り広がる城に驚かされる。城の周囲には美しい庭園、穏やかな小川、香り高い桜や梅の木立がある。また、かつて日本最強の将軍の一人、徳川家康の居城であったことから、歴史的な勉強にもなる。

伏見稲荷大社

おそらく日本で2番目に象徴的な場所であり、旅行写真やインスタグラムの愛好家は、ここで本領を発揮するだろう!私の意見では、これらの神社は日本で最も美しいものであり、無料で見ることができる。京都南東部の山には1万基の鳥居があり、魅力的なハイキングが楽しめる。

嵐山竹林

時間がないのなら、竹林と奈良の両方を1日で回ることをお勧めする。竹林は禅のような雰囲気と生い茂る緑で期待を裏切らない。幻想的な光に包まれたこの場所は、世界で最も写真に撮られる場所のひとつだが、どんなインスタ写真も、この地上の驚異の雰囲気を捉えることはできない。

滞在先は? K’s Houseは、東南アジアにある伝統的なホステルに近い感じがした。バックパッカーがたくさんいて、みんながおしゃべりしたりゲームをしたりできる広い共同スペースがあったよ。)

奈良

奈良は鹿が店内を駆け回り、野生動物に触れるには最高の場所だ!奈良の東大寺は奈良公園から歩いてすぐのところにあり、絶対に外せない。華厳宗の寺院で、私たちはその巨大さに圧倒された!中にはたくさんの仏像や日本最大の仏像がある。伝説によると、260万人がこの30メートル、250トンのブロンズ像の建設に携わったという!

大阪

京都で自然を満喫した後は、電車に乗って南下し、東京のような狂気を味わう!大阪はナイトライフとグルメで有名で(大阪のモットーは “食い倒れ “だ!)、3Dネオンの街並みはそれだけで驚きだ。ピンボールパーラーや大相撲トーナメント、そして寿司もたくさんある!


どこに泊まる?Hostelworldのおすすめはカオサンワールドなんばです。

名古屋

最終日、東京に戻る途中、名古屋に立ち寄ることにした。トヨタとパチンコ発祥の地である名古屋は、日本の工業の中心地と考えられている。安くて人が少なく、観光地化されていないため、東京よりも好きだという人もいる。交通の便は最高で、夢のような名古屋城、 オアシス21、名古屋名物のうなぎなど、文化的な見どころもたくさんある。


宿泊は? ゲストハウスわさび名古屋は 超新時代。自分専用のポッドがあり、中にはパソコンとテレビがある!

クリスチャンはロンドン出身の映画監督で、旅行、ファッション、そしてクリエイティブなものすべてに大いなる情熱を注いでいる。 デザインのバックグラウンドを持つ彼は、グラフィックデザインを学び卒業し、現在は世界中を旅する合間にビデオ撮影とモーショングラフィックの分野でフリーランスとして活躍している!彼のウェブサイトをチェックし、Instagramで彼をフォローすることができます


Get the App. QRGet the App.
Get the App. QR  Get the App.
Scroll to Top