予算に合わせて選べる、パリの素晴らしい安食16軒

私は数年前からパリに住んでいる。予算が限られているフリーランサー兼ブロガーである私は、パリの最高級レストランの秘密を知らないかもしれないが、安くパリを食べ歩く方法は知っている。実際、私はエキスパートに近づいていると思う。1ユーロのクロワッサンから、本格的なインド料理やアジア料理まで(さらに、パリの灰色の日にお腹を満たすのに欠かせないホットチョコレートも)。

1.ベーカリー

Cheap Eats in Paris - Bakeries and one euro croissants

📷@ola_volina

フランスで最も安くお腹を満たす方法は、いつもブーランジェリー

Sshh!... This is a secret

Discover the "next hot backpacker destination" this 2024.

Just so you know, we will be able to see if you open our emails to help us monitor the success of our marketing campaigns. You will find further details in our data protection notice.

だ。パリ屈指のベーカリーで、1ユーロのクロワッサンやパン・オ・ショコラ、バゲットを買ってみよう。サンドイッチを5ユーロほどで買ったり、陳列棚に並ぶ美しいスイーツの中から、いつも目を引くものを指差しながら選ぶのもいい。私の(そしてパリの)お気に入りのパン屋さんには、10区のDu Pain et Des IdéesとLiberté、20区のA la Flûte Gana、12区のBlé Sacréなどがある。

2.クレープ

Cheap Eats in Paris - Crepes

📷@stephkskilton

ベジタリアンの私にとって、フランスのクレープはパリの安食事のひとつだ。10ユーロ以下で、パリで最も食欲をそそるクレープを食べることができる。Breizh Caféでは、甘いバニラバターのものをむさぼり食べた。ルル・ラ・ナンタワーズでは、ほうれん草、卵、シェーブルの風味豊かなクレープを一口ごとに味わった。クレープリー・ブロセリアンドでは、よりクラシックなチーズとオニオンのコンフィのクレープを選んだ。もっとお手頃な値段でクレープを食べたいなら、テイクアウトできる店や エンポーターの窓口を探して、ご馳走を食べながらパリの街を歩こう。マレ地区のLa Droguerieやモンパルナス駅周辺のクレープ屋は、本場のブルトン・クレープを味わえる。

3.ファラフェル

Cheap Eats in Paris - Mi-Va-Mi

📷@assiettesparisiennes

パリにはファラフェルの名店がたくさんある。しかし、ほとんどのパリジェンヌは、パリで最も美味しいファラフェルはロジエ通り沿いにあると言う。L’As du Fallafel、Chez Hanna、King Falafel Palace、MI-VA-MIがマレ地区のグルメストリートの数メートル以内に軒を連ねているのだ。ちなみに、私はL’As du Fallafelのサポーターだが、どの店も素晴らしい。これらのファラフェル屋から一歩上を目指すなら、近くにあるMiznonで本場イスラエルの素晴らしい屋台料理を見つけよう。

4.ホットチョコレート

Cheap Eats in Paris - Cafe Angelina

📷@rachelcharis

決して安くはないが、フランスはホットチョコレートが自慢の国である。砂糖がほどよく効いた濃厚でクリーミーなこのホットチョコレートを初めて食べたとき、私はすぐに人生で最も大きな笑顔が広がったのを感じた。それほどおいしいのだ。アンジェリーナは2店舗あり、ルーブル美術館近くの賑やかでフォーマルなカフェでは、このチョコレートのおいしさを手に入れるためにしばしば行列ができる。

5.マーケットフードでピクニック

Cheap Eats in Paris

📷@thetravellinglight

パリジェンヌは(そしてフランス人は一般的に)食べ物にこだわる。野菜、チーズ、肉、果物を1つ1つ探し、産地、製造工程、味、熟成年数について仕入れ先と細かく相談する。私はそのすべてを市場で見てきた。言うまでもなく、パリ近郊の市場で売られている食材は驚くほど豊富で、スーパーマーケットで買うよりもずっと安いことが多い。ピクニックをしたい公園の近くや、近くのマーケットを少しリサーチしてみよう。市場の曜日と時間をチェックして、フランスのピクニックに必要なものをすべて安く手に入れましょう。私のお気に入りの市場は、品質と価格の比率が最も高いマルシェ・ダリーグル(Marché D’Aligre)と、日曜日のピレネー通りのベルヴィル(Belleville)の市場です。

6.フォンデュ

Cheap Eats in Paris - Fondue

📷@leilavictoriam

フォンデュについて教えてあげよう…それは基本的に、白ワインを混ぜたとろけるチーズの煮えたぎる鍋で、テーブルの上に置かれた小さなバーナーの上で絶え間なく調理され、フランス製のバゲットを浸して食べるのを待っている。これは信じられないほど美味しく、しかも安い!私は、フォンデュならLe Chalet Savoyardを、フォンデュと同じくらい美味しい従兄弟のラクレットや伝統的なフォンデュならLes Fondus de la Racletteをお勧めする。

7.ハンバーガー

Cheap Eats in Paris - Frenchie To Go

📷@moniqueargus

パリはハンバーガー中毒で、私はそれを全面的に支持している。フランスのビストロのメニューにあるようなクラシックなものから、現代風にアレンジされたものを出すヒップスターな店まで、パリには夢のようなハンバーガーがある。ヒップスター御用達は、Paris New York(マッシュルームとチーズの揚げパティがベジタリアン垂涎の的)、Blend、Le Camion Qui Fume、Frenchie To Goなど。一方、ビッグ・フェルナン(Big Fernand)は、フランスの郷土料理がたっぷり入ったハンバーガーで高評価を得ており、ル・ルイソー(Le Ruisseau)は、アメリカン・クラシックをよりファンシーにフランス風にアレンジした店だ。パリで安くハンバーガーを食べるなら、最寄りのビストロで決まりだ。

8.インド料理

Cheap Eats in Paris - Saravanaa Bhavan

📷@lord.copper

先日、友人とパリのリトル・インディアに行った。その友人はパリに住んで8年になるが、ノール駅周辺にあるインド料理店をひとつひとつ試してみたという。パリにはインドがあり、とても本格的で安いインド料理がたくさんある。このエリアは、フランス料理で一息つきたいときや、ベジタリアンやビーガンで手軽で安い食事が必要なときに最適だ。Saravanaa BhavanとSangeethaはベジタリアンに最適で、Muniyandi Vilasにはインド料理のドーサ・パンケーキだけでなく、信じられないようなスリランカ料理がある。

9.アジア料理

Cheap Eats in Paris - Bowl of udon noodles with tofu

📷@thetravellinglight

パリの中心部、サン・タンヌ通り沿いにも小さな日本があり、マドレーヌ寺院やオペラ・ガルニエなど、パリで最も古く壮大な建物の中にひっそりと佇んでいる。麺類、寿司、鉄板焼きに加え、韓国料理店も数軒混じっているので、予算が限られている人でもお腹いっぱいになって満足できるだろう。私の友人と私はいつも「ひぐま」で中華麺を食べ、「国虎屋」でうどんを食べ、「アキ」でカレーを食べる。北駅のリトルインディアと同じように、このエリアでも人気のレストランを目星をつけておけば間違いはないだろう。注:早めに(つまり午後8時前に)来ないと、このストレッチ沿いのベストレストランではテーブルを確保するのに並ぶ覚悟が必要だ。

10.ストリート・フード・マーケット

Cheap Eats in Paris - Street Food Markets

📷@thetravellinglight

パリで(あるいは世界のどこでも)安い食べ物を食べるにせよ、予算が限られている旅行者や学生がストリートフードを探さないわけがない。学生も旅行者も多いパリには、素晴らしいストリートフードがいくつかある。マレ地区のマルシェ・デ・ザンファン・ルージュ(Marché des Enfants Rouges)には、モロッコ風タジン、ハンバーガー、サンドイッチ、日本の麺類など、安くて美味しい食べ物が揃っている。パリのストリートフードで最高なのは(あるいは最悪なのは)、パリのヒップスターが必ずやってくること。

11.モロッコ料理

Cheap Eats in Paris - CHEZ OMAR

📷@hangry.nat

フランスは北アフリカのモロッコに近いため、街のどこにいてもモロッコ料理レストランから遠く離れることはない。モロッコ風タジン料理は、パリでヘルシーで美味しく、手頃な値段で食べられる。シェ・オマール(Chez Omar)や、近くのゼルダ・カフェ(Zerda Café)は、モロッコ風のタイル張りのドアがかわいらしく、どちらもおすすめだ。マルシェ・デ・アンファン・ルージュ(Marché des Enfants Rouges)地下の屋台街にあるLe Traiteur Marocainも、もっとカジュアルな雰囲気で素晴らしいモロッコ料理を提供している。

12.アイスクリーム

Cheap Eats in Paris - Ice Cream from Grom

📷@mathilde_perret

パリの街をぶらぶら歩いていて糖分が欲しくなったら、パリの左岸と右岸の間にある小さな島、サン・ルイ島に直行するのが一番だ。街一番のアイスクリーム、ベルティヨンを売る様々なお店で持ち帰り用のコーンを買うか、このかわいい島にあるベルティヨンのお店に直接行ってみましょう。イタリアンジェラートがお望みなら、マレ地区のPozzettoか、パリのあちこちにお店があるGromがお薦めです。

13.アフリカン・カクテル

Cheap Eats in Paris - Le Comptoir Général

📷@thetravellinglight

パリ東部のクールなサン・マルタン運河エリアにあるLe Comptoir Généralは、世界で最も魅力的なバーのひとつだ。アフリカの思い出の品やフランスのアンティークに囲まれ、木製の海賊船をバーにした古い温室のようなこの店では、日曜日のブランチや、手頃な値段の西アフリカ料理やカリブ料理が楽しめる。海賊船のバーでカクテルを注文すれば、楽しい1日が待っている。

14.ヘルシー・アメリカン

Cheap Eats in Paris - Hank Vegan Pizza

📷@quarrygirl

パリには多くのアメリカ人駐在員が住んでいるので、この街でアメリカンスタイルの食べ物がたくさん見つかるのも不思議ではない。私のお気に入りは、アメリカの伝統料理をヘルシーにアレンジしたもの。ボブズ・キッチンには週に一度は行く。有名で手頃なベジ・シチューで野菜をたっぷり摂れるし、スープ、ベーグル、フルーツボウル、そば粉のパンケーキも最高だ。また、Hank BurgerとHank Pizzaもある。これらはパリで安く食事ができるだけでなく、美味しいビーガンバーガーとピザが食べられるので、私の外食ローテーションに毎週入っている。

15.カンボジア料理

Cheap Eats in Paris - Le Petit Cambodge

📷@globingaround

Le Petit Cambodgeはパリで人気のカンボジア料理店で、パリのサン・マルタン運河に2店舗ある。ヌードルスープ、新鮮なサラダ、美味しいカレー、カンボジアビールやベトナムビールがあり、どれもお手頃価格。パリの安食事が不健康だなんて誰が言った?

16.フレンチ

Cheap Eats in Paris - Bistrot Victoires

📷@alesrusso

フランスに来たからにはフランス料理を食べたい、でも予算が…。パリの東にあるLe Baratinは、モダンなグルメ・フレンチを手頃な値段で提供している。Café de L’Industrieは、クラシックな木造のフレンチ・ビストロ・インテリアで、クラシックなビストロ料理を少しモダンにアレンジしている。

パリのホステル| パリへの格安航空券

🇫🇷 パリで安く食べるなら何がいい?ストリートフード?コメントで教えてください!

著者について

ケイティ・マクノルティは遊牧民のフリーランス・ブランディング戦略家兼旅行ブロガー。旅行者、遊牧民、求道者のためのブログ「The Travelling Light」では、デジタル・ノマドとしての生活から得たユニークな場所、人々、日記を紹介している。InstagramFacebookPinterestでフォローできる。彼女はその土地に魂を見つけるために旅をし、秘密の場所や素晴らしいものを生み出す人々を見つけるために生きている。

Get the App. QRGet the App.
Get the App. QR  Get the App.
Scroll to Top