クラフトビール愛好家に最適なヨーロッパの都市

Language Specific Image

1980年代にクラフトビールのムーブメントを巻き起こしたのはアメリカだと言われているが、ヨーロッパ各地には素晴らしい醸造所やクラフトビールバーがたくさんある。2000年代初頭に自家製ビールがより簡単に普及し、貯蓄とビールへの愛があれば誰でも醸造所を開くことができるようになった。スペインやポルトガルのように、ビールで知られていなかったヨーロッパの国々が独自のビールを開発し始め、スウェーデンの醸造所は2007年から2017年の間に30から300に増加した。おいしいクラフトビールはどこでも見つけることができるが、ヨーロッパで最高のビールを味わうには、これらの都市のバーやクラフトビール醸造所をチェックしよう。

best beer in europe - woman holding two beer tankards

📷@kanttiadvanture

  1. ポーランド、ヴロツワフ

ドイツとチェコの国境からほど近いヴロツワフは、輸入ピルスナーやドイツビールを楽しむにはポーランドで最も適した都市のひとつだ。もし2012年にブロワール・ストゥ・モストゥフ(100橋醸造所)がオープンしていなければ、ポーランドビールにとっては目立たない街であり続けたかもしれない。Stu Mostówは急速にポーランドで最大かつ最も人気のある醸造所になりつつあるが、その心臓部と本社は、かなりの数の橋がある魅力的な街、ヴロツワフにしっかりと構えている。Warsztat Piwowarskiもまた、Stu Mostówの足跡をたどるヴロツワフの偉大な醸造所である。

ここ10年の間に、ヴロツワフのいたるところに、純粋に地元のクラフトビールを提供するバーが出現した。Kontynuacja(常時約25種類のポーランドビールをドラフトで提供)、Ale Browar4Hopsなどがその代表格だ。

best beer in europe - a street of Poland at night

📷ズーザ・ガウチンスカ

ヴロツワフにあるホステルをチェック

  1. スペイン、バルセロナ

スペインといえばタパスとリオハワインが有名かもしれないが、バルセロナにはヨーロッパでも有数のクラフトビールがある。リバプール出身の醸造家スティーブ・ハクスリーは、20年ほど前に醸造に情熱を燃やす若者たちを集め、バルセロナのポブレ・セック地区でいくつかのアマチュア醸造プロジェクトを立ち上げた。残念ながらハクスリーは2015年に他界したが、ここ2、3年でオープンしたクラフトビール(またはセルベッサ・アルテサーナ)バーの数の多さには、彼でさえ驚くかもしれない。

ビール愛好家ならバルセロナでビールを選ぶのに迷うだろうが、手始めにふさわしい店が1、2軒ある。エッジ・ブルーイングは、2人のアメリカ人クラフトビール愛好家によって2013年にオープンし、1年後にはRateBeerによって世界最高の新しい醸造所と評価された。数キロ離れたモンセニー自然公園の水を使ってビールを造っている。必ず訪れたいバーには、Garage Beer Co.BierCaB、Kælderkoldがある。

Best beer in Europe - view of la Sagrada Familia

📷@nattaliarr

ホステル検索 バルセロナ

  1. ブリストル(英国

伝統的にサイダーで有名なブリストルですが、クラフトビールに関しては、ブリストルの右に出る都市はありません。過去20年間で、ブリストルは産業遺産の灰の中から、独立系企業、芸術家、職人気質のカフェ、そして(ご想像のとおり)クラフトビール醸造所でいっぱいの進取の気性に富んだ都市に生まれ変わった。さらに、ブリストル・クラフト・ビア・フェスティバルは、この種のフェスティバルとしては国内最大級のものだ。

ブリストルの醸造所「Lost and Grounded」や「Arbor Ales」からは、最も評判の高い(そして最もフレンドリーな)醸造家が参加している。ブリストルで地元のクラフトビールを扱っている人気のバーには、The Three TunsSmall BarThe Beer Emporiumなどがある。

Best beer in Europe - Bristol poster

📷ハリー・ケッセル

ブリストルにあるホステルをチェック

  1. マルメ(スウェーデン

1995年にスウェーデンがEUに加盟すると、アルコール度数5.6%以上のビールの販売を禁止していた法律が無効になった。スウェーデンのビール愛好家たちは、以前は違法だった世界中のビールをようやく楽しむことができるようになったのだから、クラフトビールのムーブメントは、ビールを飲むスウェーデン人にとってこれ以上ないタイミングだった。特にマルメは、クラフトビールのもうひとつのホットスポットであるデンマークの首都コペンハーゲンから車でわずか40分ということもあってか、クラフトビールの醸造所やバーが急増している。

マルメ・ブリューイング社サウス・プレインズ・ブリューイング社など、マルメの人気ブリュワリーは、アメリカンな雰囲気にスカンジナビア風のすっきりとしたひねりを加えている(読み方はヒップスター)。これらのビールは、マルメ・ブルーイング社(Malmö Brewing Co.タップルームや ビア・ディッチ・バーで飲むことができる。

ホステルをチェックイン マルメ

  1. ユトレヒト(オランダ

マーストリヒトは「オランダのビールの都」を名乗っていますが、それはおそらく、100年以上の歴史を持つ老舗ビール醸造所が数多くあり、年代物の暗いパブで飲むことができるからでしょう。ユトレヒトは、マーストリヒトの老朽化した伝説に対して、ヒップで若い卒業生だ。

1997年にオープンしたDe Leckereは、おそらくユトレヒトで最初の公式醸造所だろう。彼らのビールは100%オーガニックで、ビールにはユトレヒトの名所にちなんだ名前が付けられている。その人気と成功は、マキシマス醸造所や オプローア醸造所のような多くの醸造所が、このような小さな都市にオープンした(そしてオープンし続けた)ことと関係があるかもしれない。De Drie Dorstige Hertenや Beers and Barrelsで地ビールを味わってみよう。

best beer in europe - beer garden in Utrecht

📷@lsyshaoyi

ユトレヒトにあるホステルをチェックしよう

  1. デンマーク・コペンハーゲン

このリストの最初の首都はコペンハーゲンです。正直なところ、デンマークでコペンハーゲンほどクラフトビールを正当に評価している都市は他にありません。コペンハーゲンは活気に満ちた若い街として広く知られており、若い人口を抱える多くの都市と同様、クラフトビールの醸造所も数多く存在する。

さらに、クラフトビール大手のMikkellerはデンマークにとってスコットランドにとってのBrewDogのような存在であるため、コペンハーゲンの独立系クラフトビール会社の多くが彼らの足跡をたどろうとしている。最も有名なのはBrusと Nørrebro Bryghusで、彼らのビールはクラフトビールバーSøernes Ølbar、Kølsters Tolv Haner、WarPigsで飲むことができる。

best beer in europe - posrt of Copenhagen

📷@ebony_howitt

ホステルをチェックイン in コペンハーゲン

  1. ミュンヘン(ドイツ

ドイツを抜きにして、ヨーロッパで最高のビールを語ることはできない。しかし、ドイツの非常に厳格な純度法のおかげで、ビールメーカーはビール1本につき4つの原料(これは基本的にビールの4大原料である水、酵母、麦芽、ホップ)しか使用することができない。

バイエルンの都市ミュンヘンは、多くの多国籍ビール会社がスポンサーになっているオクトーバーフェストで知られているかもしれないが、クルー・リパブリック・ブルワリーのようなクラフトビール醸造所もあり、地元の人々にモダンなクラフトビールを提供するために多くの努力をしている。

best beer in Europe - Munich

📷 アナスタシア・ドゥルジェ

ミュンヘンにあるホステルをチェック

  1. チューリッヒ(スイス

スイスの国民一人当たりのビール醸造所の数は、世界のどの国よりも多い。スイスは何年も前からクラフトビールを密かに造っている。

チューリッヒはクラフトビールの醸造所とバーの数で他のどのスイスの都市よりも多いので、ヨーロッパで最高のビールを探しているなら、まずここから始めるのがいいだろう。Storm & Anchorと Dr. Brauwolfは素晴らしいクラフトビール醸造所であり、The InternationalThe AlehouseBIERlabはこの街で最高のクラフトビールバーである。

best beer in Europe - mural painting in Zurich

📷ティモン・クラウザー

チューリッヒにあるホステルをチェックする

  1. ベルギー、アントワープ

オランダと同様、ベルギーにもトラピスト修道士やビール樽を川に流して運ぶなど、非常に古い醸造の伝統があります。そのため、ブリュッセルやブルージュがいまだに伝統的な醸造方法を代表する一方で、アントワープは静かにベルギーのクラフトビールの中心地となりつつある。

アントワープのクラフトビールに対する冷ややかな視点は、多くのブルーパブにある。Brouwerij & Eetkaffeeは文字通り、巨大で近代的な醸造所にたまたまバーが併設されているような店だ。その他、「t Pakhuis」や「Het Zand」も訪れる価値がある。

best beer in europe - Eten & Drinken in Antwerp

クリスタプス・グルントシュタイン

ホステル検索 – アントワープ

  1. ベオグラード(セルビア

セルビアの首都ベオグラードもそのひとつだ。クラフトビールブーム以前のセルビアのビールは、主に刺激のないライトラガーだった。

ベオグラードを代表するブルワリーには、Dogma Brewery & Tap Roomや Kabinet(2014年にオープンしたベオグラード初のクラフトビール醸造所として知られる)があり、Samo Pivoバー(直訳すると「ビールだけ」)やGunners Pubで飲むことができる。ブラック・タートルは、ビール好きな地元の人々が夜な夜な集う場所です。

best beer in europe - street of Belgrade with umbrellas

📷@k.atarina

ホステルをチェックイン ベオグラード

ヨーロッパのクラフトビール巡りにお付き合いいただきありがとうございました!クラフトビールが飲めるお気に入りの街はどこですか?コメントで教えてください!

著者プロフィール

レベッカ・シャープは英国を拠点とするフリーランスのコンテンツ・クリエーター兼ブロガー。彼女のブログ「Almost Ginger」は、映画と旅行という2つの情熱を組み合わせ、撮影地、映画祭、放浪癖を刺激する映画を特集している。

続きを読む⬇️

ロンドンのクラフトの午後:首都で最高の醸造所を発見する

🌟世界の10都市でのビールの値段は以下の通り。

🌟世界最高のアイリッシュ・パブ

Get the App. QRGet the App.
Get the App. QR  Get the App.
Scroll to Top