バックパッキングでおいしいヴィーガン料理を見つけるための心配無用ガイド

Language Specific Image

植物性食品愛好家歓喜!世界はあなたのもの!ベルリンのハンバーガーからタイのスモーキーな豆腐まで、ヴィーガンとして長期旅行するのはかつてないほど簡単だ。

気まずいパントマイムや手付かずのツナサラダの時代は、ありがたいことに過去のものとなった。ビーガンは楽しむためにあるのだ!さあ、シートベルトを締めて、ヴィーガンのバックパッカー向けの食事ガイドを参考に、世界で最もおいしいご馳走でハイキング・ブーツを満たす準備をしよう。

vegan backpacking food - dinner

📷@minimiioksanen

飛行機の中でのビーガン料理

なんてエキサイティングなんでしょう!せっかく素晴らしい冒険の旅に出るのですから、機内食から始めたいものです!ほとんどの大手航空会社は、航空券を予約する際に要望を伝えれば、追加料金なしでヴィーガン食を用意してくれる。特に長距離フライトの場合は、アーモンドやクルミ、エナジーバーなどの軽食も忘れずに。国境で没収される可能性があるため(「申し訳ありませんが、これは危険なバナナです!」)、できるだけ新鮮な果物や野菜を持って旅行するのは避けよう。

それなりの期間バックパッカーをしていると、AからBまで長距離バスに乗ることになる可能性がある。ボリビアではデモ行進に巻き込まれたし、ニカラグアでは頑固なブタに捕まったこともある(ああ、皮肉なものだ!)。

だからいつも、必要だと思うより少し多めに荷造りし、スナックと水はケチらないこと。バス会社によってはビーガンにも対応していると書いてある場合もあるが、それはあなたが母国で慣れ親しんでいるビーガンの定義とは別のものかもしれない(卵サンドは?)

ビーガンのバックパッカーに最適なアプリ

HappyCowアプリを必ずダウンロードしよう。この完璧な小さなポケットパートナーは、最寄りのビーガンオプションの場所を教えてくれ、目的地を事前にダウンロードでき、レビューもチェックできる。このアプリのおかげで、いつもなら素通りしてしまうような意外な発見をたくさんすることができた!

vegan backpacking food- burger and chips

📷@hopewarren

もうひとつのマストアイテムは『ヴィーガン・パスポート』。これは災難を過去のものにする夢のようなものだ。アルバニア語からズールー語まで、世界の96%の言語を網羅しており、ヴィーガンを注文する際の頭痛の種を解消してくれる。携帯電話を使いたくない場合は、軽量版の本を注文することもできる。

最後に、グーグル翻訳はあなたの味方だ。外出先での翻訳に便利なツールで、少なくとも2、3のフレーズ(I’m vegan / Thank you / OMG that was delicious!)ちょっとした努力は必ず人に感謝されるし、親切にするのはいいことだ。

聞くことを恐れないで。どうしても行き詰まりを感じたら、シェフにメニューの中から野菜たっぷりのヴィーガンバージョンを作ってくれるよう頼むこともできる。そうすることで、最高の結果が得られることもある。

バックパッカー・ヴィーガンの朝食

ほとんどのホステルにはキッチン設備があります(無料のところもあります)。地元のスーパーマーケットでオートミールや新鮮なフルーツを買い込んでおくとよい。さらに、その土地のおいしいもの(ドラゴンフルーツのグラノーラ、こんにちは!)を試す絶好の機会でもあります。また、ホステルや地元のFacebookグループで、近くでおいしいビーガン朝食を食べられるおすすめのスポットを聞いてみるのもいいでしょう。

vegan backpacking food - dragon fruit granola

📷@hopewarren

外出時に最適なビーガンランチ

どんなに小さな町でも、野菜やパスタは手に入る。出かける前に具だくさんのラップを作れば、植物性のパラダイスに足を踏み入れることができる!ベルリンのフードマーケットにはヴィーガンオプションが所狭しと並んでいて、数ユーロでお腹いっぱいになれる!プラハにはビーガンのスーパーマーケットがあり、テルアビブはバックパッカー・ビーガンのワンダーランドだ!

vegan backpacking food - curry

📷@hopewarren

旅先で完璧なビーガンディナーを見つける

ホステルで素敵な旅の友だちができたなら、地元の伝説的なレストランでのディナーを逃したくない。アジア料理や中東料理なら、ビーガンの選択肢もあるはずだし、ステーキハウスではサラダも用意されている!サラダはちょっと……という方は、サイドディッシュを選ぶといいだろう。ほとんどのレストランでは、メニューにある食材で何か作ってくれる。外国にいるときは、遠慮せずにどんどん質問しよう。

郷に入っては郷に従え

旅先で見つけて、”これがなかったらどうやって生きてきたんだろう?”と思う料理がある。 – 私にとってのそのひとつがマンゴースティッキーライスだ。甘くてクリーミーで、ランタ島でほとんど何もしなかった幸せな思い出が詰まっている。ホーチミンのナイトマーケットでの朝顔や、コパカバーナビーチでの冷たいアサイードリンクは、私にとってバックパッカーとしての最も幸せな思い出のひとつだ。

vegan backpacking food - mango sticky rice

📷@hopewarren

ヴィーガンフードに最適な都市

少し計画を立てれば、どこに行っても絶対に大丈夫だが、選択肢に事欠かない都市もある!アメリカへお出かけですか?ニューヨーク、ポートランド、ロサンゼルスなら、選択肢に事欠くことはないだろう。ヨーロッパの都市やその他の都市には、ビーガン専用のレストランが何十軒もあるベルリン、本場のファラフェルとフムスを味わえるテルアビブ、ロンドン、リスボン、メルボルン、バンクーバー、ウブドなどがある。どんな小さな宝石が待っているかわからないので、(ヴィーガンの)パスポートを用意して探検に出かけよう!良い旅を!

著者について

ジェマ・トンプソンは、女性の一人旅を専門とするライター兼放送作家。girlsthattravel.comでプランニングのヒント、都市ガイド、インスピレーションを見つけることができる。

👇🏼 を読み続ける

⭐️ 二日酔いの特効薬14選

⭐️ 格安ロマンチック旅行

⭐️ 旅行疲れへの対処法

Get the App. QRGet the App.
Get the App. QR  Get the App.
Scroll to Top