ヘルシーなトラベル・スナック

世界中を旅しながら健康を維持しようとするのは難しいことだ。外出先で食べ物を手に取りたくなることもあるが、包装されたスナックは不健康で満足感がなく、人によっては食事の引き金となり体調を崩すこともある。

飛行機やバス、電車を利用する場合はなおさらだ。飛行機の機内食は食欲をそそらないし、格安航空会社では高くつく。バスや電車での移動では、ヘルシーなものはおろか、何か食べ物を買うという選択肢もめったにない。だからこそ、事前の準備と計画が重要なのだ。幸運なことに、旅行に持っていけるヘルシーなスナックはたくさんある。

飛行機で旅行する際のヘルシーなスナック

飛行機に食べ物は持ち込めないと思っている人が多いが、航空会社公認のスナックもたくさんある。

もちろん、スープやスムージー、蜂蜜のような液体ベースの食べ物は保安検査で止められるだろう。しかし、国によっては持ち込み可能な生鮮食品に厳しい規制があるため、果物や野菜を持ち込む場合は注意が必要だ。ここでは、機内でおすすめのヘルシーなスナックをご紹介します:

  1. 手作りサンドイッチ:カトラリーいらずの手軽な食べ物は、いつでも勝者だ。便利な保冷バッグがあれば、チキンとマヨネーズなど、具の選択肢が広がる。そうでなければ、数時間冷蔵しなくても大丈夫な硬めのもの(ハードチーズ、サラミ、ピーナッツバターなど)がベストだ。
  2. グラノーラ・バー:グラノーラバーを買いだめしておけば、機内食のような不味い朝食は避けられる。
  3. お餅:ナッツバターやフムスを小袋に小分けすれば、地味な餅に活気が出る。トッピングは液体に分類されるかもしれないが、個包装のポットなら100mlの制限内に収まる。#ライフハック
  4. ドライフルーツ:1日5個を簡単に摂取できる。
  5. ポップコーン:機内映画でなくても楽しめる!ポップコーンは驚くほど食物繊維も豊富。
  6. バナナ:カリウムたっぷり。つぶれないように気をつけて!

Sshh!... This is a secret

Discover the "next hot backpacker destination" this 2024.

Just so you know, we will be able to see if you open our emails to help us monitor the success of our marketing campaigns. You will find further details in our data protection notice.

healthy travel snacks - fruit sandwhich water

バスや電車での長旅にぴったりのヘルシー・トラベル・スナック

空港の制限を受けないので、バスや列車での移動中の健康維持が少し楽になるのは朗報だ。お勧めのスナックをご紹介しよう:

  1. スムージー: 飛行機を利用する場合は選択肢に入らないが、バスや列車を利用する場合は、フルーツや野菜を摂取するのに最適な方法だ。できるだけ出発間際に作るか、事前に作って冷凍しておけば、解凍するまでの時間を節約できる。
  2. おかゆポット: 簡単な朝食に最適で、オーツ麦が何時間も満腹感を保ってくれる。お湯を入れてかき混ぜるだけ!給湯設備は、高級列車に搭載されていることもあるが、列車やバスの駅、サービス・ステーションの停車駅にはあるはずだ。そうでない場合は、キルナージャーに保存した自家製オーバーナイトオーツが良い代用品で、冷めても食べられる!
  3. ビーフジャーキー: タンパク質たっぷりだが、冷蔵保存は不要。賞味期限が長いので、一晩の旅に最適。
  4. プレッツェルとトルティーヤチップス: これらのスナックを常備しておくと、空腹をしのぐことができる。トルティーヤチップスはグルテンフリー。超ヘルシーな気分?トルティーヤチップスの代わりにケールチップスを。
  5. 乳製品不使用の紙パック:乳製品不使用の牛乳は、便利な1回分ずつのパックで手に入る。ヘルシーなだけでなく、牛乳より長持ちする。バッグに入れておけば、そのまま飲んだり、お粥や温かい飲み物に入れたりできる。
  6. 水分補給用の小袋: 暑い地域への旅行では脱水症状を起こすリスクが高く、長時間の移動で普段より水分を摂っていない場合はなおさらだ。水分補給用の小袋(通常は電解質ミックス)は脱水症状を防ぐのに役立ち、現地のお腹の虫と闘うときにも欠かせない。また、現地でおなかの虫と闘うときにも欠かせない。もしココナッツウォーターが見つからなければ、ココナッツウォーターで代用できる。

healthy travel snacks - cous cous salad

旅行中に避けたいヘルシーフード

どんなにヘルシーな食べ物でも、旅行中に持っていくと大変なことになることがある。ここでは、旅行中に避けるべき食品を紹介しよう。

  1. ゆで卵:スナックやサンドイッチの具には最適だが、1週間後にバックパックの底に眠っているのを発見したら、私たちはあなたにはなりたくない。
  2. スープ:面倒だし、温めにくい。
  3. マグロやシーフード:においが気になるだけでなく、冷蔵保存しないと危険。
  4. ソフトチーズ:ハードチーズはたいてい長持ちするが、ソフトチーズ(カマンベールやブリーなど)はすぐに温まるため、急速に腐敗し、かなり下品な臭いを放つようになる!

ヘルシーな旅行スナック:保存の必需品

スナックを買いだめしておくのはいいことだが、保存するための適切な容器を用意しよう。こぼれないように、密閉容器やキルナージャーを使いましょう。ステンレス製の漏れ防止水筒は、24時間保冷、12時間保温できる優れものだ。最後に、外出先での食事は散らかりやすいので、ナプキンやゴミ袋をたくさん用意して、ヘルシーなおやつを捨てましょう!

healthy travel snacks - storage lunchboxes

以上、移動中の健康維持に最適なスナックをご紹介した。さらに詳しいヒントは、ボディコーチのホステルの食事を 手早くヘルシーに 作るためのアドバイスをご覧ください!

著者について

ジェナ・ファーマーはウォリックシャー出身のフリーランス・ジャーナリスト。中国で数年間働き、南アジアを旅した後、現在は英国に戻っている。また、食物不耐症の生活、食事、旅行に関するブログ「A Balanced Belly」を運営している。

👇🏼 を読み続ける

⭐️ 旅行中に健康を維持する方法

⭐️ 旅行中に健康でいる方法

Get the App. QRGet the App.
Get the App. QR  Get the App.
Scroll to Top