フィレンツェで食べるべき、ピザでもパスタでもない食べ物

Language Specific Image

イタリアに到着した途端、この世のものとは思えないような料理を食べることになるだろうという期待がすでにある。素朴なトラットリアに腰を下ろし、ワインをボトルで注文し、イタリアがもっと好きになるような、贅沢な家庭的料理に舌鼓を打ちたいと切望しているはずだ。私たちはそこに行ったことがある。

そこで今回は、フィレンツェの郷土料理が他の国にはないユニークなものであることから、フィレンツェをご紹介します。トスカーナ料理はクチーナ・ポーヴェラ(貧しい台所)として知られている。文字通り、動物のあらゆる部位を食材として使っていたのだ。そのため、トスカーナ料理やフィレンツェの素敵な料理には、とてもシンプルでありながら、心のこもった特徴がある。基本的にお腹が空くことはない。

そこで、フィレンツェの郷土料理と伝統料理を紹介するガイドを作りました。このリストにはパニーニやピザはありません。オープンマインドで(そして空腹で!)。

トリュフのニョッキ

📷:ネミシータ

トリュフが味気ない食事に風味を加えることは否定できない。貴重な食材とされ、人生で一度は食べてみたいものだ。フィレンツェには、トリュフに特化したメニューを提供する小さなレストランがある。そう、毎日がトリュフ 料理なのだ!トリュフのニョッキを注文すれば、クラウド・ナイン(雲の上)にいるような気分になれること請け合いだ。ゴルゴンゾーラ・チーズとトリュフ風味のクリーミーなソースでいただく。うまい。

通常価格: 20ユーロ

入手先: Trattoria Za’Za’(1977年以来、独自のスタイルとレシピでフィレンツェ料理を提供している。)

ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ

こちらはお肉好きにはたまらない一品。フィレンツェ風ステーキとして知られるこの料理は、大都市フィレンツェならではのもの。伝統によれば、このステーキは地元産のキアニーナ牛のもので、片面3~4分ずつ焼き、厚さ2インチのTボーンステーキとして提供される。

この料理はシェアして食べるものだ。フィレンツェで最も悪名高いステーキの注文は、何人かの仲間を誘って割り勘にしよう。

一般的な価格: 40ユーロ

入手先: 地元のトラットリア。Buca LapiやTrattoria Marioneがおすすめ。

ズッパ・ディ・ファジョーリ

肉を食べたい気分ではない?Zupa di Fagioliをお試しあれ。カネリーニ豆、オリーブオイル、トマト、ハーブを使った、とても楽しくて心安らぐ豆のスープです。退屈でシンプルに聞こえるかもしれないが、騙されてはいけない!トスカーナ料理で、あなたの舌を驚かせること間違いなしだ(そして、家庭で簡単に作れるレシピとしても役立つかもしれない)。

一般的な価格: 10ユーロ

入手方法: フィレンツェのほとんどのレストランで前菜として注文する。

スキアッチャータ

📷:@laura_cangianiello

フィレンツェに来たら、パンを全部食べよう…特にSchiacciata(スキアッチャータと発音!)。フォカッチャみたいで、もっとおいしい。トスカーナの料理は「貧しい台所」として知られているが、フィレンツェのパンはその証拠だ。その昔、フィレンツェ市民は塩税を払いたくなかったのだ。オーブンから出てきた薄皮のパンにオリーブオイルをかけ、塩を振りかける!

一般的な価格: 3ユーロ

入手先: フィレンツェのパン屋さん。

カンノーリ

📷:@eat_different_

カンノーリはイタリア中どこでも手に入り、満足できる。しかし、中央市場広場にある屋台のカンノーリはぜひ試してほしい。この屋台のカンノーリは、今まで味わったことのないような、よだれが出るほどおいしい。サクサクで、クリーミーで、甘く、トッピングは自分で選べる。この屋台に立ち寄らずしてフィレンツェを去るなかれ!

一般価格: 7~9ユーロ

販売店: Arà al Mercato Centrale.

ポロ・アル・ブーロ

バターは人生をより美味しくする。事実。ポロ・アル・ブロ、別名チキンのバター焼きは、あなたのグルメ・バケットリストの一番上に載せたくなるだろう。バターとハーブの入った蒸し鍋に、分厚く柔らかい鶏肉の塊が浸かっているのを思い浮かべてほしい。これもまた、友人とシェアしたくなる料理のひとつだ。ボトルワインとポロ・アル・ブロをテーブルに。がっかりすることはないだろう!

一般的な価格:19ユーロ

入手先: ポルチェッラーナ通りのトラットリア・ソスタンツァ。

パンザネラ

📷:シャオヘイ

これはフィレンツェの郷土料理で、パンを使ったサラダだ。残り物のパンを水に浸して水気を絞り、角切りにしたトマト、玉ねぎ、バジル、オリーブオイル、ビネガーで和えたものだ。シンプルだが美味しく、夏の暑い時期に街に出かけたら、すっかりリフレッシュできるスナックだ。

一般的な価格: 5~8ユーロ

入手先:地元のほとんどのトラットリア。ランチタイムにはサント・スピリト広場のトラットリア・ボルゴ・アンティコに立ち寄ろう。

クロスティーニ・ディ・フェガート

冒険心がおありですか?イタリアのアペリティーボで、クロスティーニ・ディ・フェガートを注文してみよう。大きなクルトンにレバー(子牛、鶏、ガチョウ、鴨のいずれでも可)と刻んだアンチョビ、玉ねぎ、ケッパーを混ぜたものをのせて食べる。面白そうだろう?メニューの中で最初に試すものではないかもしれないが、フィレンツェではアペリティーボの伝統的なメニューだ。だから、本当に食文化を受け入れたいなら、試してみてほしい。ワインで乾杯して、感想をお聞かせください!

一般的な価格: 5~7ユーロ

入手先: アペリティーボを提供しているほとんどのバー(ハッピーアワーになると表に黒板のサインが出る)。

リボッリータ

📷:レモンロード

このトスカーナの伝統的なレシピの名前は、文字通り「茹で直す」を意味する…混乱するかもしれない。パンザネラの冬バージョンだと思ってほしい。ミネストローネに似ているが濃厚なスープだ。古くなったパン(彼らはパンを無駄にするのが嫌いなのだ)、ケール、キャベツ、豆、ニンジン、トマト、その他の野菜で作られる。驚くほど風味豊かで、フィレンツェでは絶対に外せない主要なコンフォートフードだ。

一般的な価格: 5~8ユーロ

入手先:ほとんどの伝統的なトスカーナのトラットリア。メルカート・チェントラーレにあるダ・ネルボーネ(da Nerbone)は、居心地の良いリボッリータ体験ができる。

スキアッチャータ・アッラ・フィオレンティーナ

フィレンツェのデザートについて話そう。スキアッチャータ・フィオレンティーナは、ふわふわのスポンジケーキの中に、ホイップクリームやバニラプディングが薄く敷き詰められている。セミスイートでレモンとバニラの風味があり、その香りを嗅いだだけでよだれが出てしまう。フィレンツェの百合の花や「ギリオ」(フィレンツェの紋章)が粉砂糖でまぶされているのを見たら、見つけたとわかるだろう。さあ、天国を一口食べて、後で私に感謝しなさい…ケーキで!

一般的な値段: 一切れ3ユーロ

入手先: カーニバルの時期(2月)に見かけるのが一般的だが、ほとんどのパン屋でスライスを手に入れることができる。

ジェラート

📷:ビアンカグロネン

まさかジェラート抜きでこのリストを書くとは思わなかったでしょう?イタリアを訪れたらジェラートは欠かせないし、フィレンツエでは地元の美味しいジェラート・スポットを見つけることができる。イタリアを訪れるなら、ジェラートは欠かせません!フィレンツエには、地元で人気の美味しいジェラート店がいくつかあります!プロからのアドバイス:ジェラートショップの前を通ったら、バッチに鮮やかな緑色やピンク色がないことを確認してください。それはあなたがジェラテリアの宝石を見つけたことを意味します。

一般的な価格: 2~6ユーロ、大きさによる

入手先:よだれを垂らす人だかりを見かける店、特にアルノ川沿いのジェラテリア・サンタ・トリニタ。

ランプレドット

📷:@nipote

食の冒険をしたいなら、ランプレドットを試してみよう。詳しく説明する前に覚えておいてほしい。ランプレドットとは、トリッパのサンドイッチ(トリッパとは牛の胃の裏側のこと。これを食べずしてフィレンツェに来たとは言えない!

一般価格: 5ユーロ

入手先: ランプレドットは街中の屋台で見かける定番のストリートフード。

パッパルデッレ・チンギーレ

フィレンツェのパスタの真髄を味わいたいなら、パッパルデッレ・チンギアーレを注文しよう。幅広の麺(パッパルデッレ)をイノシシのソース(チンギアーレ)で茹でたとても濃厚なパスタ料理だ。「これ全部は食べきれないわ」と思っているうちに、いつの間にか皿の底を削っているような食事のひとつだ。

一般的な価格: 10~15ユーロ

入手先:がっつり食べたいなら、Osteria del Cinghiale Biancoで注文しよう。そうでなければ、フィレンツェの伝統的なパスタ料理であるパッパルデッレ・チンギアーレ(またはイノシシを使ったもの)として、地元のほとんどのトラットリアで見つけることができる。

クレスペッレ・アッラ・フィオレンティーナ

📷:@filippoboldrini

これはフィレンツェ版の美味しいクレープ。薄いパンケーキのクレープにリコッタチーズを詰め、ほうれん草を加え、バター風味のホワイトソースをかけてオーブンで焼く。よだれが出てくるから口を閉じて!イタリアのトマトソースとすりおろしたパルメザンチーズをたっぷりかけたクレスペッレ・アッラ・フィオレンティーナもある。フランス料理よりおいしい?微妙なところだ。

一般的な価格:10ユーロ

入手先:超伝統的なトスカーナのトラットリア。トスカーナの伝統的なトラットリアだ。最高の店だ。

ズッコット

ズッコットとはイタリア語で「小さなカボチャ」という意味。リキュール漬けのスポンジケーキにホイップクリーム、砂糖漬けのフルーツ、アーモンド、トフィーを詰め、チョコレートガナッシュをかけたもの。半冷凍または冷やして食べる。一切れどうぞ!

通常価格: 一切れ5ユーロ

入手先:ペストリーショップやアイスクリームショップ。運が良ければデザートメニューにある。

フィレンツェのホステル

お腹は空いた?フィレンツェであなたのお気に入りの食べ物を教えてください。

Get the App. QRGet the App.
Get the App. QR  Get the App.
Scroll to Top